八重山ショウジョウバカマ

八重山ショウジョウバカマ
Heloniopsis kawanoi
ユリ科ショウジョウバカマ属八重山ショウジョウバカマ(コショウジョウバカマ)

早春の林床で咲くショウジョウバカマの小型種。
九州の一部から沖縄にかけて多いそうで手の平サイズの小さな鉢でも大きく感じるくらい小さな野草です(^^♪

大抵のショウジョウバカマは早春に咲きますがこれは晩秋に咲きます。
ショウジョウバカマは葉の先に芽をつけて増えることがあるので葉先が鉢内に収まるようにやや大きめの鉢に植えてあげます。
葉を付け根から取って土に軽く埋めておくだけでも発芽するそうです。

八重山ショウジョウバカマ

花をアップで見るとどことなくユリ科らしい花なのかなと。
分類形態によってはキジカクシ科に分類されますが花はユリの仲間と言った方がなんとなくわかりやすそうに思います。

春に咲くショウジョウバカマも花になりそうなふくらみを持って待機しています。
林床を好むので夏は日陰で、涼しくなったら花芽を育てるために日に当ててあげます。

f0126204_18561661.jpg


先日植えたチューリップの一つが芽を出しました(笑)
早咲きのタイプだそうなので勘違いしたのかそういうもんなのかよくわかりませんがどうなるのか様子を見ていきたいと思います。

休眠中の植物など植え替えをしたりしてますがふと気になって元気かどうか土をよけて確かめてみたくなります(^^;;
中には通気性が悪かったのか腐ってしまうこともあるから時々確認したくなっちゃうんです。
今日も気になったシラネアオイを観察したら芽が腐っていたので掘り出してみたら奥の方に元気そうな芽があって一応大丈夫そうでした。
傷んでる部分を丁寧に取り除いて植えつけ直しましたが無事に芽吹くといいな。
トラックバックURL : http://nenrandir.exblog.jp/tb/18188997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 日本マウントWEB事業部 小塩 at 2012-11-22 12:15 x
おじゃまします^^

な!なんですかこのお花
ショウジョウバカマ?
ちょぼっとしたお花が
いくつも付いてますね

こういう植物もあるんですね・・・
はじめてみました・・・

茎から出てる葉みたいなのが
「はかま」ぶぶんなのでしょうかね^^
Commented by nen_randir at 2012-11-23 16:04
日本マウントWEB事業部 小塩さんこんにちは。

普通に見られるのはもっと大きくて赤紫の花を咲かせるものが多いんです(^^♪
園芸種も多くて白花や青味のある花などいくつかあるんですよ。

そうなんです。
葉が「はかま」のように見えるんですね。
ショウジョウは中国の伝説上の動物の名前で赤味のある顔に例えて付けられたそうです(^^♪
by nen_randir | 2012-11-21 19:06 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)