タカネノコンギク

タカネノコンギク
Aster microcephalus var. ovatus?
キク科シオン属タカネノコンギク

秋も深まり近所でも紅葉が見ごろになってきました。
昨日の雨の影響で今日は晴れても北風が強く体感温度はかなり低く、冬が近いのだなと感じさせる強い風の吹く1日だった。

ベランダに置いてある小鉢のキクが咲いています。
タカネノコンギクと書きましたがノコンギクの小型なものを選抜した品種のようです。
低地では草丈が高いキク類も高山では低く育ったりします。
吹きさらしの山の上では強い風が常に吹いているので植物も身を低くして風に倒されないよう地面にしがみつくように育ちます。
葉も固く肉厚で高山に適応したようながっしりとした感じがします。

タカネノコンギク

ノコンギクの花色は白っぽいものから紫の濃いものまでさまざまでその中から色のよいものを選別して栽培されているのがコンギクと呼ばれるもの。
よく似た花にシオンがありますがタネに違いがあるようですが見た目は区別しづらいそうです。

清澄コンギク

清澄コンギク
清澄山という山で見つかったものを選別したもの。
背丈は普通のキクらしく膝丈くらいになりますが茎の色が赤紫の味わい深い品種。

晩秋の花が終わるとそろそろクリスマスローズの季節。
早いものは蕾が開き始めています。
体調がいまいちでなかなか動けないでいますがそろそろ冬の園芸支度もしないと。
クリスマスローズも新しい葉が出てきたものは古葉を切って更新してあげないとな。
そろそろ冬ですねぇ。
トラックバックURL : http://nenrandir.exblog.jp/tb/18207832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nen_randir | 2012-11-27 20:40 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)