ヘレボルス(クリスマスローズ)のシーズン

Helleborus niger
Helleborus niger
キンポウゲ科ヘレボルス属ニゲル

クリスマスローズの原種の一つニゲルが見ごろを迎えています(^^♪
キンポウゲ科のヘレボルス属は冬から春にかけて花が咲くものが多い。
その中で年末から咲き始めることの多いニゲルをヨーロッパではクリスマスローズと呼びます。
日本ではこれらを含む園芸品種の総称として使われています。
そのため春に咲くものもクリスマスローズとされてしまっています。
ファンの間では呼称を属名のヘレボルスで呼ぶ方が増えてきましたが園芸店ではクリスマスローズとひとくくりにされています。
園芸種をそう呼ぶという感じで定着してしまっているので後から変えるのも難しいんでしょうね。

Helleborus niger

キンポウゲ科の花は花弁がないか退化したものが多くこの白い花弁に見える部分はガクです。
この場合、シベの根元にある湾曲した黄緑色のものが花弁。
ガクは花が終わってもしばらく残り次第に暗色に変化していきます。
植え替えて間もないものとかは早目に花を摘んじゃったほうがいいけどしっかりした株なら花後もしばらく楽しんでもいいと思います(^^♪

Helleborus × hybridus
Helleborus × hybridus
ウィンターシンフォニーシリーズ

園芸種も咲き始めました(^^♪
まだこれ一輪だけですが去年は作落ちしてほとんど咲かなかった株が綺麗に復活してたくさん蕾をつけてくれました。
桜色の八重品種。
ほんのりとしたピンクで優しい感じがとてもいいです。

冬に咲くため蕾が見えてからの成長がとっても遅く焦らされますがその分長く楽しめるようにも思います。

そろそろ福寿草も蕾が動き出しそうですし早くも春の気配がしてきています。
強烈な寒波で寒い日が続いていますが植物は凍りながらもしっかり春を感じているようです。
バラの冬剪定も一応済ませたし春を迎える準備は出来ましたよ(^^♪
トラックバックURL : http://nenrandir.exblog.jp/tb/18449619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nen_randir | 2013-01-27 21:13 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)