放置しすぎました。

石鎚リンドウ
リンドウ科リンドウ属イシヅチリンドウ
Gentiana scabra var. buergeri

早春に記事を書いたっきりそのまま放置してしまいました。
今更誰が見るのかなとも思いますが最近撮った写真を少しだけアップしておきます。

まずはリンドウ。
大好きな花で園芸用に栽培されている日本各地の変種を育てています。
これは名前の通り四国の石鎚山で見つかったものとされています。
普通のリンドウより細い茎でやや倒れながら咲きます。
葉が小さいのも特徴です。
こちらは園芸品種に桃花の瑞光というものもありこれもぽつぽつ咲き始めています。
真夏の暑さにも強く育てやすいです。

ホトトギス 妖精
ユリ科ホトトギス属ホトトギス
Tricyrtis hirta (Thunb.) Hook

こちらは普通のホトトギスの斑点が変化して白い花弁に赤い色が散りばめられたように咲く妖精と言うタイプ。
宮崎県で見つかったものの増殖品だそうです。
花以外は普通のホトトギスなので育てやすく放任でもよく咲いてくれます。

気が付けば秋の花もだんだんと終盤に入っていてもうすぐ冬なんだなぁと。
自分にできることは限られているけれど少しでも何かをしていきたい。
何を?と自問したりもするけど何かを見つけるのも大事。
やろうと思ってできなかったことを悔やむより出来たことを喜べるようになりたい。
そんなことを考えながら日々過ごしています。
トラックバックURL : http://nenrandir.exblog.jp/tb/20689200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nen_randir | 2013-10-26 12:58 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)