高感度ノイズはどんな感じだろう?

パーマン
サイズが大きいため表示に時間がかかると思いますがしばらくお待ちください。

先日姪っ子たちと出かけた藤子・F・不二雄ミュージアム
予約が取れたのが夕方のみだったので薄暗い場所でどこまで見れる写真が撮れるのかちょっと試してみた。

カメラはペンタックスのK-7。
レンズは広角ズームで広角側でF2.8が使える。
室内ではシャッター速度を稼ぐのにISO400で主に撮影しましたが、まぁこのくらいなら大き目のプリントでも問題ないなと感じた。
最新機種のK-3ならもっと感度を上げても見れるものになるだろうけど。

あいにく天候は曇り時々雨で外は薄暗い。
ってことでどこまで感度を上げられるか試してみた。
この写真はISO1600。
f4 1/125 +0.3 中央重点測光で撮影。
RAWからの現像時に周辺減光をかけたのみでノイズ低減等せずにリサイズなしで書き出した。
ファイルサイズが14Mほどになるので読み込みは重たいけどクリックするとフルサイズで表示されます。

拡大すると良くわかるけど高感度ノイズはそれなりに。
でもフィルムのノイズに似たような雰囲気に仕上がっていて違和感はないかなと。
フィルムの1600だと星の撮影など一部の用途に特化していたけど(味付けとしてスナップやポートレートに使うこともあったけど)デジカメなら必要に応じてその場で選択できるのはありがたいことですね。
ノイズ自体も以前と比べればデジカメっぽさがなくなってきたし。

ちなみにホワイトバランスはペンタックス独自のCTEという設定にしているので色乗りが強めになっています。

結果としてはまぁ満足かな。
フィルム時代にはほとんど使うことがなかった感度を気軽に使えるのは楽だし。
普通のプリントサイズならきっと気づかない程度のノイズだと思う。

姪っ子たちを撮ったのはほとんどISO400だったけどフィルム時代に良く使っていた感度。
あの頃と比べるとこのくらいの感度ならもうフィルムを超えているなと感じた。

トラックバックURL : http://nenrandir.exblog.jp/tb/22737209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beatnews at 2014-09-06 00:15
ご無沙汰しておりますm(__)m
良い感じだと思います!
by nen_randir | 2014-08-14 16:41 | TAMRON SP17-35mm A05 | Trackback | Comments(1)