f0126204_03834.jpg

岩遊びをするために県境の山に行ってきました(^^♪
中腹の唐松はもう紅葉が終わって葉を落としていました。
f0126204_054394.jpg

所々残っている紅葉を楽しみながら登ります。
って言うのはいいんだけど、勾配が急で休み休みゆっくり登りました。。。
地図には急坂って書いてあるんだけど、、、坂じゃないよって斜面を登って行きます(笑)
f0126204_083625.jpg

あえぎながら何とか岩に到着。
最後の一登り、Rioちゃんが迎えにきてくれました(^^♪
先に到着していたMさんはもう食事を終えて岩遊びの準備をしています。
f0126204_011672.jpg

僕も食事を済ませちょっと真似事をしてみようとしますが。。。。
f0126204_012384.jpg

苔むした岩は取り付くことが出来ずに素人には無理と判断。
あっさり敗退してしまいました(笑)
裏っ側から岩の上に登れるんですが平らなところでもつるつるすべるくらいに滑りやすい岩。
f0126204_0151391.jpg

帰りは冷えた体を温泉で温めて明るい時間にちゃんと帰りました(笑)
寝坊した僕を笑って迎えてくれたMさんに感謝ですm(_ _)m
by nen_randir | 2008-11-17 00:17 | Trekking | Trackback | Comments(18)

f0126204_109493.jpg

前回のメンバーで今度は地元神奈川の最高峰蛭が岳に登ってきました。
所々リンドウの蕾が見られ秋の深まりを感じる山歩き。
計画では神ノ川ー袖平山ー姫次ー蛭が岳ー檜洞丸ー犬越路ー神ノ川の予定。
予定時間は10時間の予定だったけどとんでもないと言うことに早くから気がついた(笑)
8時頃、歩き初めて袖平山に着いたのはお昼近く。。。
f0126204_10241770.jpg

先に唐松の紅葉が綺麗な姫次が見える。
お昼過ぎた頃に姫次に到着。
僕は相変わらず遅れ気味(笑)
f0126204_10254446.jpg

ここでお昼ご飯にしました。
いつもと何か違うと思い始めたのは後にしてみればこの辺からだった。
ご飯を食べてもお腹がいっぱいにならない。
おやつに買っといたお菓子も食べて何とか落ち着いた感じがした。
f0126204_10282795.jpg

空は曇っているけど富士山は良く見えた。
姫次の手前でチョットだけ雨が降ったけど遠くの空では青空が広がり始めて天候は回復に向かってるようだ。
f0126204_103004.jpg

しばらくなだらかな道が続きその先に目的地の蛭が岳が見える。
午後1時を回ってから蛭が岳にむかって足を進めた。
f0126204_10341673.jpg

しばらくはなだらかな道。
甲斐犬のRioを先頭に足を進めていきます。
平地では着いて行けるのだけど登りはすぐに遅れる。
自分の体力がこんなに落ちてるとは思わなかった。
うつ病の再発でしばらく運動していなかったのが如実に現れている。
f0126204_10372543.jpg

一人遅れて歩いているとやっとこんな看板が。
この400mが意外ときついんだよね(笑)
勾配の急な斜面をゆっくり休みながら登っていく。
f0126204_10385383.jpg

目的地の山頂に着いたのは3時近くだった。
f0126204_10393672.jpg


f0126204_1112242.jpg

左が僕。右はマニハナさん。Mさんに撮ってもらいました(^^♪
f0126204_10401047.jpg

山頂からは正面に不動ノ峰、そして左奥の丹沢山。右奥には塔の岳が見える。
ここから進路は西に向かう。
蛭が岳に着いたのは午後3時前だったからかなりの遅れです。
f0126204_10461727.jpg

予定は檜洞丸の手前から下るルートに変更していた。
f0126204_10475814.jpg

本来なら下りに入ってなければいけない時間。
ここからはもう写真も撮らずにひたすら歩きます。
のぼりで使い切った体力が足の動きを遅くする。
遅くてもとりあえず事故にだけ気をつけながらゆっくりと降りていきます。
下りの分岐点に着いたころにはもう日が暮れていた。
異変はそのときにやってきました。
お腹がとてもすいて、力が出ない。
どうやらシャリバテと呼ばれる状態のようです。
単純にエネルギー不足。
マニハナさんにバナナを貰い持っていたチョコレートをほおばる。
しばらくすると動く気力が戻ってきた。
ヘッドライトの明かりを頼りに真っ暗な山道を降りていく。
人通りの少ない道なので踏み跡がはっきりしない。
先を行く二人のヘッドランプがあっという間に遠くなっていく。
歩きなれている二人との力の差が大きく出るんですね。
でも慌てても仕方ない。自分のペースで道を確かめながらゆっくり下る。
途中何度か道を外れるけど何とか平坦な林道に出れたのは9時をまわった頃だった。
ここから車まで小1時間。
やっと車にたどり着いた時には10時になっていた。

初めは単独行の予定だったけど仲間が居て心強かった。
と同時にこの無謀な山歩きに着き合わせてしまったことに申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
先に着いていた二人はそんなこと気にするなって感じで笑って迎えてくれた。
感謝感謝です。

今回は自分の体力に見合った計画を考えてなかったのが大失敗。
猛省しております。。。

今度はもうちょっと楽なルートで体力づくりですね。

付き合っていただいたマニハナさん、Mさんお世話になりました~
by nen_randir | 2008-11-05 11:22 | Trekking | Trackback | Comments(18)

次の山歩き

f0126204_741494.jpg

クリックで拡大!

早くも次の山歩きを検討中~
今回は神奈川の屋根、丹沢山塊の裏丹沢と呼ばれる地域。
赤い線の部分を歩いてくる予定です。
右の富士山に向かってる谷が道志川。
今回は道志川の支流、神之川をぐるっと回ってくるルート。
単独行になるかはまだ未定。
歩行予定時間は10時間になるので(バテなければ笑)朝の6時くらいには登り始めないと厳しいかなぁ

まぁエスケープルートもあるので臨機応変に(^^♪
by nen_randir | 2008-10-31 20:30 | Trekking | Trackback | Comments(4)

f0126204_11533318.jpg

山頂からこんな眺めを見に山へ行ってきた。
今回は釣り仲間と3人で、山頂ですいとん食べようツアーです(笑)

f0126204_11555269.jpg

マニハナさん撮影

思ってるより前かがみで歩いてるんですね僕って。。。

今回デジカメのレンズカバーが外れてちゃんと開かなくなっちゃいました。。。
写真は僕が撮ったものは携帯の写真になります。
f0126204_1158674.jpg

途中イワカガミの群落地を通った。
春に来たらとても綺麗だろうなぁ
f0126204_1159417.jpg

標高をあげると紅葉が色鮮やかに迎えてくれる。

僕、足の裏にたこ(魚の目?)があるんだけど、何を間違えたのか薄い靴下履いて来てしまって”たこ”がとても痛かった。。。
おかげで遅れがちになり何度か待ってもらうことに^_^;
f0126204_1215874.jpg

山頂は思ったより狭い。
その上雲の中で視界は開けておらず残念ながら展望は楽しめませんでした。

お昼をぱくつきながらマニハナさんたちがすいとんの準備をしてくれました(^^♪
汗が冷えてきたので暖かい汁物が美味しい!
ご馳走様でした~~~
食後はMさんにコーヒーを戴き下山は別ルート。

f0126204_2505110.jpg

Mさん撮影

下りは体重が足にかかるから”たこ”が痛くて痛くてペースが上げられない(>_<)
かなり遅れながらなんとか車までたどり着いた。

今回はつまらないミスをしてしまい楽しんで登れたけど痛さに耐えながらってのが強く印象に残ってしまいました(笑)
足回りは万全の準備をしないといけませんね。
いい教訓です(笑)

さて筋肉痛が癒えたらまたどっか行こうかな~~~(^^♪

ご一緒した人たち
マニハナさん
Mさん
by nen_randir | 2008-10-27 12:12 | Trekking | Trackback | Comments(24)

f0126204_8492534.jpg

クリックで拡大!

山頂からの予想図です!
足元には河口湖と西湖。
正面に富士山が見えます。
晴れればね(笑)
天気予報がずれて明日は晴れる予報になったのでちょっと期待です。
冠雪した富士山と紅葉を楽しめるのかな?
久しぶりの山歩きなので出来るだけ荷物を減らして軽装で行きたいと思います。
冬山シーズンに向けてトレーニングですね。

ちょっと欝の調子が良くなってきたので出かける気になりました。
誘ってくれた友人に感謝!
ブログを見てくれている方々に感謝!
本当にありがとうございます!!
by nen_randir | 2008-10-24 08:54 | Trekking | Trackback(1) | Comments(4)

久しぶりに山行!

f0126204_0322741.jpg


週末は久しぶりの山行です!
やっと記事を書くネタができた(笑)
場所は富士五湖、西湖の北岸、十二ヶ岳。
地形図を見ると岩山のようです。
きっと紅葉のシーズンでしょう(^^♪

画像中央が多分十二ヶ岳。
どのルートを取るのかな(^^♪
by nen_randir | 2008-10-24 00:35 | Trekking | Trackback | Comments(4)

坪山 後編

f0126204_19181572.jpg

※写真はすべてTAMRON A05で撮影

たいして広くはない山頂で軽いお昼を食べて下山ルートへ向かいました。
山頂でであった夫妻に「そのルートは一部咲いていたよ」とありがたい言葉を戴いた(^^♪

ただ、この下り、、、道っていうより斜面に無理やりつけたような登山道で、ひたすら長~い下り道。
登ってくるのは大変だなぁとか思いながら足を滑らさないように慎重に下っていきます。

f0126204_19221595.jpg

ふと気がつくと足元にはイワカガミの群生が(^^♪
まだ冬葉のままで赤黒い葉ばかりだけど斜面にびっしりと生えていた。
さすがにイワカガミはまだ早いなぁとさらに進むと、、、

f0126204_19241594.jpg

今度はイワウチワに出会った!
Shortia uniflora
イワウメ科イワウチワ属イワウチワ(岩団扇)

イワカガミは花を下に向けてうつむいたように咲くけど、イワウチワは横向きに咲きます。
淡桃色の花が綺麗(^^♪
名前の通り岩の多い斜面などに群生するようです。
群生地に入ると足の踏み場に困るくらいにはびこっていました。

f0126204_19284519.jpg

広角レンズでちょっと見づらいですが斜面はこんな感じにイワウチワだらけ。
見ごろにはちょっと早いかな~とも思ったけどちょうど良かったみたいです。

f0126204_19301068.jpg

一部の区域ではヒカゲツツジも咲き始めていた(^^♪
こっちのほうが本命だったけどまぁ仕方ない^_^;
ここのところ暖かかったから咲き始めてるかな~とちょっと早まっちゃったから。

下り一辺倒の登山道は標高が下がるとヒノキの植樹林帯に入ります。
道はやや緩やかになって麓の川音が聞こえてくると山歩きも終盤を迎えます。
登り始めより1キロちょっと離れた所に出て登山道は終わり。
辺りはあさぎ色のスミレが群生して降りてくる人を迎えてくれているようです。

道路に出てふと脇を見ると花が咲いてる。

f0126204_19353212.jpg

もしやと思って斜面を少し登るとニリンソウが咲いていた。
地元でも咲き始めたばかりなのでちょっと意外。

ブログに花を載せるようになって、いろんな花の名前を覚えた。
そんな中の一つに偶然でも出会えると嬉しいものです。
バイクを止めた駐車場までの道路沿いにはあちこちでニリンソウが咲いていた。

続きは温泉の紹介(^^♪

More
by nen_randir | 2008-04-08 19:54 | Trekking | Trackback | Comments(14)

山梨の山歩き・・・坪山

坪山

2008年4月6日(日)

山梨と東京奥多摩の境目近くの標高1102mの山を歩いてきました。
地元で発行している地図はこちらです。
コースタイムは登りで2時間。
休憩を入れて合計4時間かな~と思ったら予想通り(^^♪
だいぶ計画通りに歩けるようになってきたかな(笑)

f0126204_6505813.jpg

でも出だしからとんでもないミスを。。。(笑)
あそこら辺ならこの道をはいればいいんだなと、勝手に当たりをつけて現場周辺の地図しか見ていなかった。
おかげで間違いに気づき、到着するまで1時間以上無駄にしてしまいました(笑)

f0126204_6554633.jpg

びりゅう館と言う道の駅見たいな施設からスタートするとしばらくヒノキの植樹林帯を歩きます。
花粉症ではないのですが鼻炎持ちでこんなところ歩くと軽い花粉症のような症状が出ます。
鼻炎の薬を持ってこなかったことを後悔しながらゆっくりと登っていきました。

f0126204_6592148.jpg

前の週の金曜まで喘息がひどく土曜に回復したばかりでの山歩きは思ったよりしんどい(笑)
もともとスロースターターで、体が山歩きになじむまで1時間ほど掛かる事が多いのですが、前回のトレッキングから間も開いてるし病み上がりのためなかなかエンジンが掛からない。。。

f0126204_721318.jpg

小さなピーク(山頂)を越すたびにまだかな~~~ってちょっと辛い山歩き。
だって~このコース、急な登りと下りをひたすら繰り返しながら山頂に向かってるんですもの~
丹沢なら階段になってるな~って斜面をゆっくり登り降りしてやっと坪山の山頂が見えてきた。

f0126204_751273.jpg

前回の記事で書いたヒカゲツツジを調べていて見つけた山なんですが、岩や岩礫の増えてくる山頂付近でやっとヒカゲツツジに出会えました。
残念ながらちょっと早かったようで、(見ごろは4月上旬~下旬と紹介されていた)まだ花は固い蕾の中。。。。
時々黄色く膨らんでいる蕾もありますが山頂までは咲いているところを見かけませんでした。

f0126204_793476.jpg

午前11時にスタートして休憩を挟みながら山頂到着は午後の1時半。
まぁまぁのペースですかね。
坪山山頂はきっと名前の由来なのだろう、狭く、数坪しかない山頂。
景色も周りの山のほうが高い山が多いので遠くまで見渡すことが出来ません。
そんなんでお昼を食べて早々に下山することにしました。
下山コースはヒカゲツツジ、イワカガミ、イワウチワの群生地。
咲いてる花に出会えないかな(^^♪
と、期待しながら下り始めました~

てな所で続きはまた今度(笑)

昨日早く寝ちゃったから朝っぱらから更新してます(笑)
ではでは~~
by nen_randir | 2008-04-07 07:20 | Trekking | Trackback | Comments(6)

塔ノ岳へ!

番外編その2
本編はこちらから

f0126204_1738440.jpg

ist*DS2 HDR処理

歩き始めたのは朝の7時でした。
下りきったのが夕方6時。
休憩は合計1時間ほどだと思うので約10時間歩きっぱなしだったことになります。
初めての雪山なのと写真を撮る時間を入れるとどうしてもこのくらいは掛かってしまうのかな。
丹沢山と蛭ヶ岳に登ったときは距離18キロ弱で11時間掛かってるので僕の体力だとこんなペースがいいのかもしれません。
GPSでもあれば正確な時間などを記録できるんですが、、、
そのうち欲しいアイテムです。
今は撮った写真の時間を参考にタイムを割り出しています。

登山中は重たいものは食べないようにしているので帰ってくると体重が2~3キロ落ちてることもあります。
今回は水を持っていかなかった。暖かいお茶だけを持っていった。これも失敗だったなぁ
前回よりも日差しが強かったため冷たい飲みのものが飲みたくて。。。^_^;

さてさて失敗談などはこのくらいにして。

f0126204_17435627.jpg

山に登ればいろんな方とすれ違います。
前回は短パン姿の荷揚師を見かけました。
今回は、、、写真でわかります?
Tシャツ1枚で登ってくる方がいます!
いくらきつい登りでも寒くないのかなぁ^_^;

すれ違いざまに足元を見るとゴム長靴。。。。
え~^_^;
あの雪ですべりやすい大倉尾根をゴム長靴です。。。
ツワモノデスネ・・・

f0126204_1821857.jpg

風紋って言うんでしたっけ?
波打つように積もった雪が日にあたってキラキラしてます。
新大日についた頃からだいぶ気持ちに余裕が出てきたような気がします。
それまでは説明的な写真を撮っていましたが後半はこんなのも撮ることが出来ました。

f0126204_1875952.jpg

小型のキツツキ、コゲラですね~
チョロチョロ動いてなかなか止まってくれない。おかげで被写体ぶればかりでなんとかまともなものを等倍でトリミングしました。いままで近所の公園でも見ることはあったのですが写真を撮れたのは初めて!(^^♪
一生懸命木をつついていたからかこちらには気がつかずに真下まで寄ることができました。



僕はなぜ山に登るのだろう。
良く考えるテーマです。
いろんなストレスから開放されたい。
リフレッシュするため。
いい景色を眺めたい。

いろいろ浮かんできます。

でも降りた後に思うのは、登りきったんだって気持ち。
やり遂げた達成感が僕をほんの少しだけ強くしてくれるような気がします。
仕事にも人生にもいろんな山がある。
途中で負けてしまうこともあるけれど、一つ一つ乗り越えていきたい。
そんな気持ちになれるから山に登るんだと思います。
体だけでなく精神的な強さも鍛えられるんだと思うのです。
だからまた山に行きます。

きっとね

by nen_randir | 2008-02-17 18:30 | Trekking | Trackback | Comments(10)

Way back

塔ノ岳へ!の番外編その1は帰り道。

今回も前回も、帰り道は同じ大倉尾根。
この尾根のことをまだ書いていませんでしたね。

大倉尾根はバカ尾根とも呼ばれます。
その理由は、、、

山頂から麓の大倉バス停まで約7km。
その大半が斜面となっています。
しかもほとんどが階段または階段状の急な斜面が延々と7kmも続くのです。
麓の標高は300m弱。山頂からはほぼ1200mの標高差を一気に登り降りする尾根なのでそう呼ばれています。

f0126204_21183178.jpg

平らになったところで振り返ると小屋の見える山頂がだいぶ遠くなってきています。山頂から約1kmの辺りです。

f0126204_21221148.jpg

雪山では通常アイゼンと呼ばれる爪のついた滑り止めのスパイクの様なものを靴に装着する。
僕のは6本爪の軽アイゼンと呼ばれるもの。
今回最大のミスはこれ。
写真の通り、土踏まずの部分に爪がついています。両側に4本。写真には写っていませんが足の下、真ん中に2本。計6本です。
使い方は雪に対して平行に足を下ろして爪を食い込ませるように歩くわけですが、急なくだり斜面ではこれが踏ん張れなくって、、、^_^;
登りの表尾根と比べて人通りが多いため街中の雪のように湿ったすべりやすい雪になっているところを下るわけです。

はい、何度も転びました(笑)

すべってすべって仕方ないので一生懸命練習しました!
でも登りで疲れた足は思うようには動いてくれません。しかもどう頑張ってもすべるところはすべるんですね~^_^;
しょうがないのでヤバそうなところではわざとすべってみたりといろいろ試しながら下りました。
結局、、、つま先とかかとに爪のある8~12本のアイゼンが欲しい~~~って思った(笑)

f0126204_2143721.jpg

岩が露出していればその上を歩き、雪だけのところは出来るだけザクザクした荒い雪を歩く。日陰は凍ってるので問題なくアイゼンが効く。日が当たり柔らかくなった雪は注意だ!
こんな斜面を下るわけですからね~
登るのが辛い尾根だから下りにしか使っていないけど雪でこんなに辛いとは思わなかった^_^;

f0126204_21472533.jpg

足元に見える街がほんっと遠かった(笑)

階段も踏み固められてツルツルなので皆さん脇に道を作ってます。雪の深いところはふかふかした雪ですべりにくいんですね。だから出来るだけ人の歩いてないところを探しながら歩くのです。そんな状況でもヒョイヒョイと軽快に下っていく方もいて、うまいなぁとため息。

ま、これも経験です。
どんなことも体験しないことには上達もありませんからねぇ

次回(来シーズンかな?)までには足回りのバージョンアップをしたいな(^^♪

明日も続きま~す!
by nen_randir | 2008-02-16 22:03 | Trekking | Trackback | Comments(10)