カテゴリ:iPhone( 64 )

馬坂

f0126204_10292242.jpg

病院帰りにたまに登る坂。
幹線道路から曲がると一見大した坂に見えない。
でもそこにはとても小さいながらも山がありそれを一気に登る坂が幾つもある。
f0126204_10292360.jpg

勾配は26%と看板にあるけれど部分的には最大35%位になる場所もある階段でも良いような坂道だ。
f0126204_10292516.jpg

by nen_randir | 2016-09-07 10:23 | iPhone | Trackback | Comments(0)

久々の投稿。

f0126204_23340758.jpg

なんだかんだと一年近く放置していますね。
そんな中でも訪問してくださる方々に感謝しています。

今年の夏は何だか不思議な夏です。
当然暑い日もありましたが例年よりは涼しい日が多いのかなと。
それとも余分な脂肪を落としたから暑く感じないのか。
よくわかりません。。。

写真はinstagramに投稿した物。
秋の始まりを感じているのは僕の身体だけではないようです。
気の早いシクラメンが咲き出してしまいました。
ちょっとフライングしすぎているのでこの後が心配ではありますがさてさて秋はもう始まっているのでしょうか?
by nen_randir | 2016-08-29 23:17 | iPhone | Trackback | Comments(0)

城山カタクリの里2012

福寿草
福寿草

今年はどうしようか迷っていたんだけど思い切って行ってきました!
カタクリの里のブログを毎日チェックしているとはじめはその気がなかったのに満開宣言で飛びついちゃいましたw
しかーし!到着してすぐにとんでもないミスに気が付きます。
カメラのメモリーカードがない・・・・
電池は確認したのに・・・・
駅まで戻れば買えるけど往復のバス代が倍になるのが辛い。しかも往復1時間・・・・
しばらくバス停でぼーぜんと立ち尽くすもどうにもならない。
諦めてiPhoneのみで撮影することにw
と言うことで画質が落ちるのはご承知でご覧ください。
今週いっぱいはまだまだ楽しめると思いますよ。

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

空色のキクザキイチゲ。
以前来たのは2008年。そのころと比べるとだいぶ花が増えていました。
でも葉がちょっと違うな~と。葉がやや大きいので近縁種なのかもしれません。
似たような種がとても多いグループなので僕には区別がつきませんw

黄色い散りかけている花はキバナセツブン草。
ヨーロッパの節分草で日本のものよりやや遅く咲きます。
1週早ければもっときれいに見れたかもしれませんね。

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ

ポンポンのように花を球状に咲かせる半日陰の植物。
種子でも増えますが葉の先に子株を作って繁殖することもある不思議な生態を持った花です。
これもだいぶ増えたな~
株も大きくなってるし。

雪割草
雪割草

雪割草もたくさん増えていました。
種から育ったようなすごく小さな株もありましたがきっと植栽してるのでしょう。
雪割草はキンポウゲ科の植物ですがカタカナで書くとサクラソウ科の植物のことになる面倒な名前(笑)
種から育っても親と同じ花色になるとは限らず、半八重になったり八重になったりと変化が大きく古来より園芸植物として親しまれています。
カタクリの里でも様々なタイプのものが咲いていてそれを見てるだけでも飽きないかもと思います。
本来はカタクリよりやや早めに咲くのですが今回はまだ咲いてるものが多く一緒に楽しむことが出来ました。

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

青いのだけかと思っていたら白花のキクザキイチゲもありました。
一般的には白花が多く落葉樹林の春に日当たりのよい斜面を好みます。
カタクリやイチゲの仲間は日差しを好みます。
まだ寒い時期に咲くせいか日が陰ってしまうと花弁を閉じてしまいます。
ですから見に行かれる方は晴れた日に行かれるようにしてくださいね。

カタクリ
カタクリ

さて、そろそろ本題のカタクリも載せていきましょう。
ユリ科の植物で春暖かくなるころに葉が出てきます。
この葉がはじめは1枚。成長して2枚出てくると花が咲きます。
花が咲くまで7~8年かかり、その間はずっと1枚だけの葉で過ごします。
そして葉は初夏を迎える頃には枯れて休眠してしまいます。

この写真で一緒に咲いてる青い花はキクザキイチゲ。右下の白い花はアズマイチゲ。葉がちょっと違いますね。
アズマイチゲの方がちょっと開花が遅いようで花が開ききっていませんでした。
これらイチゲも春のみ成長する植物。
夏から冬の間休眠しています。
こう言う春のみ姿を現す植物をスプリング・エフェメラルと呼びます。
エフェメラルとは儚い命のカゲロウの意味。
写真に写っている植物は初夏にはすべて地上部を枯らしてしまうのです。

カタクリ
カタクリ

ちょっとピントが納得いかないのですがアングルが気に入ってるので載せちゃいますw
iPhoneはピント合わせが難しい(^^;;

下向きに咲くカタクリの花弁の内側には"w"形の模様があります。
これは花ごとに違いがあって花粉を運ぶ蜂や種を運ぶアリにアピールするためとも言われています。

球根は年ごとに新しく更新していきますが分球することはなく種子でのみ増えます。
自分の花粉からは結実しないので増やすには数株必要になります。

カタクリ
カタクリ

陽の光を浴びるととても綺麗に輝きます。
長時間浴びると花弁は開ききってくるっと丸まったように反り返ることもあります。
見る時間によって姿が違うのもまた楽しみな所。

カタクリは名前の通り元は片栗粉の原料として使われていました。
でも成長に年数がかかるところに食材としての乱獲で激減。
現在の自生地はほとんどが自治体などによって保護されています。
群生するだけでもとてつもない年月がかかるんです。
いつまでもこのまま楽しませてもらいたいものですね。

カタクリ
カタクリ

見事な群生。
ここまでなるのにどれだけの年月がかかっているのだろう?
一面の紫色がとても見事だがそれも一瞬の間。
花が終わって葉も枯れてしまえば翌春まで茶色い地面だけになってしまいます。
入れ替わるように木々は芽吹きその木陰で涼しい夏を過ごします。

カタクリ
カタクリ

この花は日に当たりすぎたようですね。
花弁がクルリと丸まってしまっています。
日に透ける色はきれいだけどすらっと花弁をそらした姿が一番きれいに見えるように思います。
右の葉はまだ1枚ですね。
あと何年くらいで咲くのでしょう?

カタクリ
カタクリ

かなり少ない確率ですが白花のカタクリもあります。
同じような紫に見えるけど微妙に濃度が違ったりします。
そして低い確率で白花が現れることもあります。
たまたま通路際に咲いていて目の前で撮るチャンスがありました(^^♪

カタクリ
カタクリ

さて、長くなりましたが最後に面白いものを見つけました。
枯れ葉を突き抜けて出てきたのはいいけど突き破りきれずに締め付けられちゃってます(笑)
このカタクリは無事に咲くことが出来るのだろうか?
せっかく頑張って突き破ったんだから最後まで頑張ってほしいものです(^^♪

メモリーカードを忘れるという大失態な1日でしたがまぁ目で楽しむこともできましたし最低限の写真は撮れました。
完全に記録写真ですけどねw
それでも久しぶりのカタクリの里、相変わらず楽しいです(^^♪
平日でも満開時は人出が多いですが終盤に近ずくとまた違う花が咲き始めていたりとまだまだ楽しめます。

毎回行くと悩むのですが今年はとうとうカタクリの苗をお土産に買ってしまいましたw
花芽の付いた成熟した株なので開花が楽しみです♪

帰りに近所の桜も早咲きのものは満開。ソメイヨシノも数輪咲き始めていました。
本格的な春がやってきますね。
でも明日はまた嵐のようです(>_<)
お仕事の方は通勤にお気を付けくださいね!
by nen_randir | 2012-04-02 20:47 | iPhone | Trackback | Comments(4)

1年・・・

f0126204_21494820.jpg


東日本大震災から1年がたちました。

あの日、仕事の休憩から戻る途中で地震に合い、何とかバスを乗り継いで帰ってきました。
写真はその時のバス停の様子。
情報はネットしかなく各地の被害を調べながら渋滞でのろのろ動くバスに乗っていました。
帰宅しても電気は切れている。
携帯ラジオを出してまずは地元のラジオ局の情報を聞いていた。
携帯にワンセグが付いてることを思い出して電池が切れるまでくぎ付けになったのは想像を絶する津波の映像。

改めて亡くなられた方にお悔やみを申すとともに、現在も被災地で苦しんでる方々に早くこれからの道しるべが示されることを願います。

人類が経験する災害でこれほど複雑な災害はなかったのではないでしょうか?

批判は饒舌な方に任せるとしても一言だけ。国はもっと迅速に動いてほしい。くだらない言い争いしている暇があるのか?
残念ながら先頭に立って動いてるとはいまだに思えない。
皮肉にも政治よりも民間の方がより迅速に行動していたんじゃないかなと感じます。

この1年思いつづてけてきた思いです。

それとともに、日本人の横のつながりを強く感じた1年でもあります。
混乱もあった中、無事な人は困難にあってる人を助けあい、世界中から支援がありました。
まだまだ支援の必要な人はとても多い。

1日でも早くみんなに笑顔が戻ることを願うばかりです。


今良く聞く曲です。
生まれてきたことに感謝と生きていることに感謝の気持ちを。

住民にとって心ある事故対応と被災地の方々の心が早く癒えることを願っています。
by nen_randir | 2012-03-11 22:23 | iPhone | Trackback | Comments(2)

今夜は皆既月食

Shadow

街中を歩いてると影を注視します。
特にこの時期は太陽が低いので影が伸びて面白い瞬間を切り取ることができます。
何気なく見ているものでも写真に撮ると面白くなるものもあるんですね。
でも携帯だとAEロックが使えないので思い通りの露出にするのがなかなか難しい(^^;;
歩く人のタイミングを計ったり絵になりそうな影を待っているのは、はたから見ると不審者に見えるかも(笑)


今夜は皆既月食ですね。
23時過ぎに月は完全に影に入ります。
影に入った月は赤銅色に鈍い光を放ちます。
前回の皆既月食は11年前。写真に撮ったのはもちろんフィルムでした。
うつ病がひどかったときに大半のフィルムを処分してしまったので手元にあるフィルムに残っているかわかりませんが確か天候が悪くて綺麗に撮れなかったように記憶しています。

今晩は天気もいいようですしデジカメなら納得いくまで撮り直しができるのでいい写真を撮れたらと思います。
観察する方は防寒をしっかりして暖かくしてくださいね。

久しぶりにわくわくしてきました(^^♪
by nen_randir | 2011-12-10 18:03 | iPhone | Trackback | Comments(2)

明朝決戦!

f0126204_22243226.jpg


いよいよ明日、サッカーなでしこジャパンが女子ワールドカップの頂点を目指して戦います!
日本サッカー界初の世界の頂点が目前なのです!

苦しい歴史でした。
男子と比べて日の光を浴びることはなく、世界の壁に突き落とされてきたなでしこ達。
しかし徐々に頭角を現し昨年のアジアカップで初優勝。
アジア王者として望んだ今ワールドカップでは、世界トップクラスのクラブチームFCバルセロナに例えられるまで実力をつけてきた。

決勝で対するアメリカは女子サッカーの頂点に君臨するチーム。

2011 07/18 03:45

日本中の思いを乗せてなでしこジャパンが決戦の舞台に立ちます!

by nen_randir | 2011-07-17 22:44 | iPhone | Trackback | Comments(0)

ぶらぶらと園芸店に

f0126204_223543100.jpg

ムクゲの花が似合う暑い夏がやってきましたね。
なんとなくハイビスカスが見たくて園芸店に行ってきました。
以前は原付で通っていた店なのですが年末の事故でバイクが廃車になってしまったので、暑い中テクテクと。
今まで気が付かなかったけどあちこちでムクゲが咲いていました。
ハイビスカスやムクゲを見ると暑い夏も悪いもんじゃないなって思ってしまいます。
f0126204_22392076.jpg

園芸店に着いてまず探したのがこのハイビスカス。
ミセスユミって言う品種です。
ネットで見かけて実際の花を見てみたいと思っていたのです。
写真で見るとかなり派手な花ですね~
でも実物は意外と落ち着いた感じで予想以上にいい感じ。
大株で手が出ない値段だったけどどっかで小さな苗でも売ってないかな~なんて思いながら店内をうろうろ。
f0126204_2242120.jpg

そしたら多肉コーナーでこんなのを見つけました。
ユーフォルビアの紅彩閣。
棘があるけどサボテンではないんですよ。
見事な群生だけど自然にこうなるとは思えないので多分寄せ植えなんだと思う。
でもこんな風に出来たら面白いな~と思い100円ちょっとで売っていたのを1本買ってみた。
明日にでも植えつけてあげよう(^^♪
by nen_randir | 2011-07-10 22:55 | iPhone | Trackback | Comments(0)

アカボシゴマダラ

f0126204_21403455.jpg

Hestina assimilis

道を歩いていたら見慣れない蝶がいた。
はじめ二頭いたのだけど近づいたら逃げてしまいました。
で、残った一頭が写真を撮らせてくれましたけどすぐに飛び去ってしまいました。

ツイッターにアップした所アカボシゴマダラと判明しました。

日本では奄美大島周辺に生息する蝶だそうです。
どうりて見たこともない蝶なわけです。

でもなぜその蝶が?
調べてみると近年、神奈川県南部を中心に生息が確認されているようで放蝶されたものが自然繁殖しているのだろうと。
食草もエノキで、普通に見られる樹木。
特徴から中国から来た外来種ではないかと見られています。
綺麗な蝶ですが外来種となると見れたことを喜んでいいのかちょっと疑問。

エノキは在来のマダラチョウやオオムラサキが食草にしています。
家のあたりでは見かけない蝶ですがいずれそれらの生息域を脅かすことも考えられます。
なんだか複雑な気分になりますね。
by nen_randir | 2011-05-22 22:05 | iPhone | Trackback | Comments(4)

2011年3月11日午後2時46分

f0126204_0114995.jpg

東北地方太平洋沖地震が発生しました。
観測史上最大のマグニチュードを記録した地震は津波などの被害が想像を絶する規模で出ています。
一人でも多くの人命が救われることを願っています。
被災地のライフラインの1秒でも早い回復を切に願います。
これを書いている今も余震があり揺れています。

発生時、僕は昼休憩から職場に戻る途中でした。
建物に入ろうとしたら眩暈でもしたかのような感じに襲われ、その直後今まで感じたことのない横揺れが始まりました。
思わずそばにあった標識につかまりながら周りを見ると、高層マンションが揺れ、職場のある建物も鈍い音を立てていました。
同じく帰ってきた同僚に声をかけられるまで凍りついたように周囲を見つめていた。
直感的に遠い地震だと思い携帯電話で確認して東北が震源地だと知った。

慌てて職場に戻ると建物は停電し、再び強い揺れが襲ってきました。
仕事は再開するか判断するまでの間掃除をしたりしていましたが、その間も短い間隔で揺れがやってきます。
結局、停電の復旧は見込みが立たず午後は休診になりましたが、鉄道は完全に停止、駅前は周囲の建物から避難して来た人で混乱していました。
なんとか運行していたバスで遠回りして帰ることが出来ましたが、家も停電。夜の11時になってやっと回復しました。

電気がついてテレビを見れるようになるまでローカルラジオで地元情報を聞いていましたが、テレビを見て改めて被害の甚大さを実感しています。
恐ろしいことです。

まだまだ寒い時期にこんなことが起こって、寒さによる二次被害も恐れがあります。
このブログを見ていただいている方には被害はありませんでしたでしょうか?
もしよろしければ無事をご報告いただけると嬉しいです。

交通機関がやっと回復し始めた南関東ですが、まだまだ動けない人もいらっしゃることでしょう。
くれぐれも気をつけて行動されていただいたいと思います。

そして被災地の皆様が少しでも早く安心できますように。
亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。
by nen_randir | 2011-03-12 00:34 | iPhone | Trackback | Comments(4)

最近の読書

f0126204_2001524.jpg

先日読み終えたエッカーマンの「ゲーテとの対話」。
これに触発されてゲーテの「ファウスト」を読み返した。
初めて読んだときより理解できる所が増えていたり、新しい発見があって楽しく読むことが出来た。
特に興味深かったのが、ギリシャ神話の登場人物を多く取り入れた場面。

トロイア戦争の原因になった絶世の美女ヘレネー。
イーリオスの王子、パリスにかどわかされたヘレネーはパリスと共にイーリオスへ。
激怒した夫、メネラオスは兄アガメムノーンを総大将としてイーリオスに攻め込みます。
イーリオスの陥落でギリシャ軍は勝利し、ヘレネーもギリシャに取り戻された。
諸説あるようだけど、この後日談としてヘレネーは平穏に暮らしたともアガメムノーンの息子に殺されたとも言われている。
ゲーテはこの後日談を創作して「ファウスト」に取り入れている。

ファウストとは15世紀頃のドイツに実在したとされる人物で、錬金術や黒魔術にたけた人物と伝わっており悪魔に魂を奪われてしまい生涯を終えたとされています。ゲーテの時代には人形劇として上演されていて、それを子供の頃に見たゲーテは結局生涯を通してファウスト伝説を戯曲として昇華させた。

ゲーテの中のファウストは優れた識者として登場します。
あるとき悪魔メフィストフェーレスが彼の元を訪れ快楽を見せる代わりに死後、魂を引き渡す契約をする。
ファウストは魔女の薬で若返り、恋をしたりするのだが、その中でギリシャのヘレネーとの恋愛が上手く書かれている。
ヘレネーとの恋仲には様々な神話の人物が係わっていて、ゲーテの博識さを伺えるんですね。
生き生きと書かれた登場人物たちのことをもっと知りたいと思わせるような楽しみがいっぱい詰まっています。

読み終わってからギリシャ神話をもっと勉強してみたくなりました(笑)
ギリシャの物語はまだイリアスしか読んだことがないので神話そのものも読んでみようかなと。

ちなみに「ファウスト」を始めて日本語に翻訳したのは森鴎外です。
鴎外訳の「ファウスト」も手に入りますのでいつか読んでみたいなと思います。

さて、「ファウスト」の次はドイツのフーケー作「ウンディーネ」を読みました。
ゲーテが絶賛していたということで手にとって見たのですがこれも面白かったですよ。
詳細は明日にでも(^^♪
by nen_randir | 2011-02-17 21:24 | iPhone | Trackback | Comments(0)