カテゴリ:季節の花( 40 )

打合せから

f0126204_05322475.jpg

何故か彼岸花を見に。
なんでもパワースポットだとかでとあるところのお稲荷さんへ。
そこに咲いていたのは良くある赤花の曼珠沙華ではなくサーモンピンクの彼岸花。
黒みの強い茎が良いコントラストで美しかったです。
f0126204_05322580.jpg

小さなお稲荷さんでなかなか見つからず地元の人に聞いたりしながらやっとたどり着いた。
でも一度視界に入る所を通ったんだけどなぁと同行の友達と不思議がるばかり。

彼岸花はやや早く咲いた写真の物以外に赤花の曼珠沙華が蕾を上げていた。
夏も終わってしまいましたね。
by nen_randir | 2016-09-16 05:23 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

ネジバナ(モジズリ)

ネジバナ(モジズリ)
Spiranthes sinensis var. amoena
ラン科ネジバナ属ネジバナ(モジズリ)

ふと気がつくと4月から更新が止まっていました。
写真は撮ってるのですが手軽なSNS中心になってしまってスミマセン(^ ^;;

梅雨も半ばになり初夏の花が色々咲いています。
紫陽花はそろそろ盛りを超えそうですが近所の団地の芝生にネジバナがたくさん咲き始めています。

ネジバナ(モジズリ)

もっとも身近なランですがイネ科植物と共生するといわれています。
定期的に刈り込まれる芝生などが特に相性がよく地際に生える葉っぱが適度に日に当たるのがよいのかなと思っています。

そこらへんの芝生に生えてるものが時々鉢に飛び込んで咲いてることもありますが本気で栽培しようとするとこれが難しい。
自然環境を作り出すことがいかに難しいか思い知らされる植物です。

ちょっと間が空きましたがまた更新できるように頑張っていきたいと思います(^ ^;;
by nen_randir | 2014-06-28 13:04 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

イカリソウ

イカリソウ 夕映え
Epimedium cv.
メギ科イカリソウ属

芽吹いた葉が赤みのある夕映えと言う園芸種。

黄花イカリソウ
Epimedium koreanum
メギ科イカリソウ属キバナイカリソウ

黄花イカリソウ。

イカリソウ 羽衣
Epimedium cv.
メギ科イカリソウ属

繊細で小型のイカリソウ、羽衣。

いろいろな花が咲き出し春本番と言ったところですね。
園芸作業に忙しさを感じながらもできていることに自分の調子具合が判断できる材料にもなっています。

ここ最近花見など出かけることが多くてその分精神的な疲労が増していますがゆっくりあせらずにを心がけています。
去年は初夏ごろからうつ病が悪化して散々な目に会いましたが今年はどうなるんだろうと不安を抱えながら過ごしています。

ま、深く考えると落ち込むので気をつけていますけどね。

あちこち出かけたおかげでブログにアップしきれない写真がいっぱいあります。
とりあえずクラウド上にアップしてあるアルバムのリンクを載せておきます。
個別に紹介できればいいのですが記事を書く余裕がないうちに鑑賞時期が過ぎてしまいそうなので(^ ^;;

3月28日 城山かたくりの里

4月1日 世田谷 砧公園 サクラサク

カタクリを見に行ったり桜を見に行ったりお花見の季節です。
by nen_randir | 2014-04-11 11:22 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)

ジロボウエンゴサク

ジロボウエンゴサク
Corydalis decumbens
ケシ科キケマン属ジロボウエンゴサク

近所の森林公園にジロボウエンゴサクを見に行きました。
ちょっと早いかなとも思いましたけど満開に近い状態になっていました。

ニリンソウ

近くにはニリンソウの茂みがちらほらと。
開花も始まっていました。

公園内なので植物自体の採種は出来ないけどジロボウエンゴサクのタネを採らせてもらおうと思っています。
タイミングよく行ければいいのですが。
by nen_randir | 2014-03-27 13:07 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

雪割草

雪割草
Hepatica nobilis
キンポウゲ科ミスミソウ属雪割草

早春の花がぽつぽつと咲き始めていますがいくつかある雪割草が見頃になっています。
とは言っても昨夏に適当な水やりをしてしまい一部の葉っぱが秋まで残らなかった。
その為花付きがいまいちなものが出てしまいやっちまったと反省中であります(^^;;

雪割草

この株が一番綺麗かな。
葉っぱも綺麗に残ったし。
多分頂き物。どれがなんだかわからないものばかりなんで(苦笑)

先日の春一番で一気に気温が上がりましたが風が収まると北の高気圧に覆われまた寒さが戻ってきました。
明日は雨の予報なのでもうちょっと寒くなるのかな?
でもその後は暖かさが復活するそうなので春らしさを感じる日が増えるでしょう。

そろそろいつものカタクリを見に行く日をいつにするか考え始めています。
by nen_randir | 2014-03-19 21:37 | 季節の花 | Trackback | Comments(4)

ソナレアズマギク

ソナレアズマギク
Erigeron thunbergii
キク科ムカシヨモギ(エリゲロン)属アズマギク

今日は雨降りで閉じこもってますが早春の花が咲き始めています。
アズマギクの海岸型として流通しているソナレアズマギクです。
種名にソナレと付くのは海岸に適応したタイプのものに付けられるようでして別種とはせずに分類されることも多いです。

去年は花茎が凄く伸びてだらーんと咲いてしまいましたが今年はアズマギクらしくコンパクトに咲いています。
アズマギクは他に高山タイプや北海道などに亜種があり産地別に集めても面白いかもしれません。エリゲロンには小花でこんもりと咲く源平小菊や黄花のカナリーバードなんかも良く栽培されています。
by nen_randir | 2014-03-13 19:26 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

羽衣キンポウゲ


羽衣キンポウゲ
Ranunculus calandrinioides
キンポウゲ科キンポウゲ属ハゴロモキンポウゲ

冬の寒さを感じる晩秋に新しい葉っぱを出して年を越したころから蕾が見えてくる花があります。
生育時期は水仙などにも似ている羽衣キンポウゲ。
ラナンクルス・カランドリニオイデスと学名で呼ばれることも多いけど和名の羽衣キンポウゲの方がしっくりくる花姿。

原産地は北西アフリカ、モロッコのアトラス山脈と言う所。
どんなところか想像するしかできないですが結構高地でアフリカと言っても地中海を挟んでスペインの南側。標高4000m級の山もある高山地帯です。
いつごろから栽培されているのかわからないけど比較的育てやすい高山植物です。

羽衣キンポウゲ

小さな蕾が見えてからゆっくりと時間をかけてふわりとほどけるように開いていく花は羽衣と言いたくなる優雅さを持っています。
栄養状態によって花弁数は変わるようで通常が5枚ですが手前側の花弁が欠けてしまいました。

晩秋から初夏まで地上部があり夏は根だけ残して休眠します。
今くらいが葉をよく茂らす時期に入るのでしっかりと栄養を蓄えてもらえるよう葉っぱを大事に適度な肥培を。
葉っぱは粉状のものが付いていて良く水を弾きます。もしかしたら長雨に弱いのかもしれないですね。
古くなった葉っぱは粉が剥げてきて新葉と入れ替わるように枯れていきます。

来年も綺麗に咲いてくれるよう元気に育ってもらいたいものです(^^♪

家のは去年の春に購入したものなのでいつまで花が咲いてるかよくわかりません(^^;;
まだこれから次が咲くのかわからないけどちょっと期待しながら育てようかなと。



by nen_randir | 2014-02-21 20:11 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)


シルホサ ジングルベル
Clematis cirrhasa 'Jingle Bells'
キンポウゲ科センニンソウ属シルホサ ”ジングルベル”

多種多彩なクレマチスの仲間にはこんな時期に咲く品種もあります。
こんな時期に成長するだけあって夏は苦手。
暑くなると葉を落として休眠しています。

35mmのマクロレンズを購入してからいろいろと試し撮りしています。
今までは100mmだったのでこうやって手で支えながら撮るとのけぞるような姿勢でないと被写体がフレームに収まらないんです。
無理な姿勢をしないといけないためぶれることが多く難儀していました。
逆に離れた被写体やカメラをしっかり両手で保持出来る場合は望遠らしいとろけるようなボケを楽しめたりといい所もある。

そんなわけで片手でも負担にならないレンズが欲しかったわけだけど、おかげで今までできなかった撮り方をいろいろ試して遊んでいます。
今までよりも被写体に寄らないと大きく写すことが出来ないことに気が付いて当たり前のことが変わるといろいろ大変だなと。
焦点距離が短いとシャッター速度もかなり稼げるので100mmとの違いに戸惑うことも多い。
望遠と標準のマクロが二つそろって幅が広がりましたが使いこなせるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。



by nen_randir | 2014-02-07 16:28 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

プリムラ ゼブラブルー

プリムラ ゼブラブルー

一昨年から毎年育てているプリムラのゼブラブルー。
青いストライプがとっても綺麗で、真ん中の黄色が良いアクセントになってるお気に入りです。
確か2012年に発表されたばかりの品種で当時は比較的高めのお値段でしたが今年は流通量が増えたのか昨年よりかなり安くなっていました。

暑さには弱いようで今の所一度も夏越し出来たことがありません。
真夏日があるような地域では1年草扱いですかね。

最近ベランダにネズミが現れます。
多分ネズミ。
咲いた花や芽が出た球根とか一部多肉植物までいろんなものが齧られています。
で、トラップを仕掛けてみたのですがなかなかかかってくれず殺鼠剤を使うことに。
被害のあった鉢に置いておいたら二日後に全部持って行きました。
即効性ではないので持って行かなくなるまで繰り返し配置。

庭のコニファーが大きくなってベランダに届いてるからそこから上ってきたのかな?
それともネコが捕まえてきたのが生きていたのかも。
しばらく様子を見てみます。


by nen_randir | 2014-02-05 19:44 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)