カテゴリ:季節の花( 40 )

秋が深まりつつ

段菊

気温もだいぶ下がってきて園芸作業も大忙し。
とは言っても今まであまり動けなくて溜まってたものをまとめて消化している所なんですけどね。
庭では一足早く咲いた段菊がそろそろ盛りを超えて足元では散った花弁が地面を青くしている。

春に植えたものなど夏の間生育が悪かったものなど配置換えしたり種をばらまいたりと庭仕事は最低限の内容だけ。
逆に忙しいのは鉢植えの植物。
しばらく植え替えをしていないものがたまっていて根がカチカチに固まっているものもあったりでほぐして植え直したり必要に応じて肥料をやったりひとつひとつ様子を見ながら作業。

タカクマホトトギス

ホトトギスもいろいろ咲き出して日陰も彩りが増えてきました。

資材を買いに園芸店に行くとパンジーやビオラが並び早くも来春の準備が始まっています。
僕も気分を変えようと初めてチューリップをいくつか買ってみました。
そんなことしてるから余計作業が増えるんだけど(^^;;

リンドウ

大好きなリンドウも矮性の小さな株を買ってみたり(^^♪
元々育てているリンドウはまだ蕾が出てきたばかり。
でも園芸店ではそろそろリンドウの季節もおしまいです。
このリンドウ、日が陰っても開いている面白いタイプです。
普通リンドウは日が当たっているときだけ花を開いています。
園芸種にはたまにそうでないものもあったりして楽しめる時間が長いのもありがたいですね。

ブルーデイジー ハニーオーレア

暑さがちょっと苦手なブルーデイジーも涼しくなってからたくさん蕾をつけて咲き始めました。
ハニーオーレアと言う品種で葉が黄色いのが特徴なのですが暑い時期は緑が濃くなるようで普通のブルーデイジーみたいになっていましたが新しい葉は少しずつ黄色に戻り始めているようです。

ここの所頑張って園芸作業していたけど今日はちょっとお休み。
曇っているせいなのか頑張りすぎたのか気持ちがちょっと落ちてきているような感じ。

彼岸花

なんとなく気持ちが浮き上がらずに出遅れてしまった彼岸花も終わりかけにやっと撮りにでかけた。
萎れた花がほとんどの中ちょっと遅れて咲いた赤い花を数枚撮って今年の彼岸花はおしまい。
園芸作業はなんとかできるようになったけどまだまだ調子はいまいちのようです(^^;;
ま、焦らずにせっかく出てきたやる気を少しずつ育てていきましょう。
by nen_randir | 2012-10-14 16:08 | 季節の花 | Trackback | Comments(5)

ダリア”黒蝶”

ダリア 黒蝶
Dahlia
キク科ダリア属ダリア

やっと涼しくなり暑さが苦手のダリアも咲き始めました。
メキシコ原産だけど高地の植物だから意外と真夏に弱く休眠状態になってしまいます。

園芸品種が多く夏に秋向けの園芸品種が沢山並びますね。

その中でいつか育ててみたいなと思っていたのがこの黒蝶。
黒味を帯びた深い赤色。
ベルベットのような質感がたまりません(^^♪

ダリアは球根植物で冬は乾燥したところで保管します。
湿度が高いと冬でも腐って溶けてしまうんです。
昨年買ったプチダリアをそれで二つ枯らしちゃいました(>_<)

ダリア 黒蝶

開いてくるとこんな感じで存在感抜群の花色。
日の光をたくさん浴びても衰えないシックな黒味はあまりにも深くて魅了されます。
大輪系なので完全に開くと大人の手のひら大になります。
背丈は大人の胸の高さくらいでしょうか?
栽培環境にもよると思いますが。

ダリアの中には短日性のものがあり最近人気の皇帝ダリアは日照時間が短くならないと花を咲かせません。
夏に咲かないタイプのものはそういう性質を持っているのがあるかもしれません。
栽培場所に夜間照明があると秋になっても咲かないことがあります。
もしダリアが咲かないという方は日没後暗くなる場所で育ててみてくださいね。

白花桔梗

庭で白花の桔梗が咲いていました。
某SNSにアップしたら白無垢の花嫁さんみたいと言われました(^^♪
純白で綺麗ですね。

今晩の関東地方は台風が通過します。
大型なので被害が出ないように昨日から鉢の移動や折れやすい木の剪定などしておきましたが明日の朝どうなってるかな?
皆さんの所も被害が出ないよう願っています。
by nen_randir | 2012-09-30 19:25 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)

ツルボ

ツルボ
Scilla scilloides
ユリ科ツルボ属ツルボ(蔓穂)

近所の坂を歩いてるとふと脇の斜面に花が咲いているのに気が付きました。
なんだろうと近づいてみたらツルボでした。
ユリ科の多年草で比較的普通に見られるそうですが最近は生息地の減少でだいぶ減っているそうです。

ツルボ

下から上に徐々に咲いて行く花はアップで見るとこんな感じ。
小さいけど結構華やかな感じがします。

園芸植物として人気のあるオオツルボ(シラー・ぺルビアナ)は初夏に青い大きな花穂を上げて見事だけど野生のツルボも思っていた以上に綺麗です(^^♪

家の辺りは住宅地だけど旧家も多く所々に畑が残っています。
この土手の奥も畑になっていて使い道のない斜面は手を入れられずに昔のまま残されています。
とは言っても家の辺りでツルボを見かけたのはここだけ。
狭い範囲にわずかな群生を残してるだけのようです。

ツルボ

栽培は容易で春に葉を伸ばして夏になると一旦休眠。
秋に花穂を伸ばして花が終わるころにまた葉を出して成長します。
冬はまた休眠するので年に二回葉をだすちょっと変わった習性をしています。

花色は白っぽいものからピンクが濃いものまでいくつかタイプがあるようです。
小型の品種もあり園芸種も多少あるみたいです。

ここの土地は誰のものか知らないのですが向かいに家があるのでそこで聞いてみていつか採取して栽培してみようかなと。
そのうち宅地化されてしまうかもしれないですしね。

ススキ

ススキの穂も広がり秋が深まってきましたね。
そろそろヒガンバナも咲き始めたようなので次に晴れたときにでも見に行こうかな。

外出から帰って庭の様子を見たらグラハム・トーマスが水切れでクッタリ(>_<)
雨が入らないところに置いてあるのを忘れてた。。。

そして気になっていた地植えのミヤマオダマキ。
葉がゆっくりだけど黄色くなっていくのが夏の暑さだからかと思っていたけど、どうやら根腐れしたようです。
枯葉を抜こうとしたら株があっさり抜けそうなくらいでした(>_<)
かろうじてかすかに根が残っているようだけどどうなることやら。

やっぱ家の庭は湿ってるなぁ(笑)
by nen_randir | 2012-09-27 22:58 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

ネコノヒゲ
Orhosiphon aristatus

暑さが和らいでネコノヒゲがまた咲き始めました。

この週末は雨量が多く一気に気温が下がり日中でも20度程度になりました。
涼しいというよりあまりの変化に寒いと思うくらいです。

明日はまた高温に戻るそうなのでひと時の涼しさのようです。

アキザキスノーフレーク
Leucojum autumnale

気温が下がり始めているのは植物の方が敏感に感じているようで秋咲きスノーフレークが咲き始めています。
ヒガンバナの仲間で同じような時期に咲く小さな花。

暑さが苦手なダリアやブルーディジーも蕾を次々とあげてきています。
なかなか咲かないなと水やりだけして放置していたら大きくなりすぎて鉢とのバランスが悪くなってしまいました(笑) 
今更どうにもならないのでとりあえず花を楽しんだら少し小さくしてみようかと思っています。

キングスドリーム
clematis kingsdream

四季咲きのクレマチス、キングスドリームも秋の花を咲かせています。
ちょっと色が薄いけど肥料が足りなかったのかな?

気温が安定して秋らしくなってきたらそろそろ種まきもしないとね。
来年に向けていくつかそろえたものをやっと蒔けます(^^♪
早春の球根も植え付けしたいし夏は摘蕾して休ませていたバラもそろそろ咲かせ始めてもいいかな。

植物を育てているとやっぱ季節の変化に敏感になりますね。
本当なら季節の山野草などを見にあっちこっち出かけたいけど今はまだそれができる体調ではないし、花だけ楽しむのではなくその花がどのように成長しているのか季節ごとの姿を知りたいから栽培を楽しんでるところもあります。

近所の公園ではそろそろヒガンバナの群生が見られる頃。
でも見に行く人はほとんどが花しか見ないでしょ?
夏はどうしているのか?冬はどうしているのか?
ただ目の前で花が楽しめるっていうだけじゃなく季節の移り変わりを楽しめるのが植物の栽培。

自生地が遠すぎて見に行く機会がないものも楽しめます(^^♪

来年、再来年、いつか花が見れるようにと種から栽培しているものも自然界ではなかなか見ることのできない詳細な姿を見せてくれます。

園芸の楽しみ方は色々あるけど家の場合綺麗に植栽して人に見せられるような素敵なガーデンとかは興味なし(笑)
どちらかと言うと日本的な盆栽とかのように小鉢で楽しんだり自己満足のようにみんな好き勝手やってます。

だからかガーデニングと言う言葉は使いたくない。
ただ園芸ってだけでいいんです。
年を取ったら盆栽とかに興味が行くのかもなぁ~なんて思いながらいろいろ楽しんでいます♪

今月は先月同様ネタがあっても更新が少なくなりました。
パソコンを起動して文章考えたりする気力がなかったり、そもそもネタの写真を撮る気力がないこともしばし。
暑さのせいだったのか体調の問題なのかまだ分からないけどもう少しいろいろ更新できるようにしたいなと思います。

いつもご覧いただいてる方々、たまたま寄っただけの方々。
いつもありがとうございます。
by nen_randir | 2012-09-23 19:00 | 季節の花 | Trackback | Comments(4)

庭でいつの間にかに

ガウラ

赤花のガウラが咲いています。
白花が多く和名を白蝶草とも言います。
初夏から咲くそうですが気が付いたのは残暑に入ったころ。
その頃は花が咲いていませんでした。
家の親が植えたものですが普段買うような花ではないのでたぶんもらい物を植えたんだと思います。

ここの所朝晩がだいぶ涼しくなっていい感じで咲いています。
ちょっと興味があって買おうか悩んでいた花なので買わなくて良かったとちょっとホッとしてみたり。

コマクサ

春にたくさん咲いたコマクサも残暑で傷んでしまいどうしようか迷っていたらツイッターで植え替えてみてはとアドバイスを頂いて鉢から抜いてみたらボロボロになった葉とは対照的にとっても元気な根!
太い直根が長く伸びるので深めの鉢にゆったりと植え直してあげたら元気に新しい葉を出しました。
もう少し涼しくなったらよく日に当ててしっかり来年の芽を育てたいです。

ここの所うつの状態がいまいちで寝込んでいることもあります。
でもそろそろ植物にとって秋の世話をしないといけない時期。
地味な作業ばかりだけど毎日やらなければいけない作業を少しでもやることで自分の調子も良くなるはず。
と、思いながらもなかなかできなかったりしますが。
でも、もうちょっとやる気を出せるようにしていかないとね。
by nen_randir | 2012-09-07 23:14 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

ホトトギス 藤娘
Tricyrtis
ユリ科ホトトギス属ホトトギス(園芸種)

そこここで秋の気配を感じ始めてはいますが相変わらず暑い日が続きますね。
残暑はいつごろまで厳しいのだろう?

人にとっては暑い日々でも植物はしっかり秋を感じています。
タイワンホトトギスの園芸品種が次々と咲きだしました。

写真は藤娘と言う品種。
青味のある花弁がお気に入りです(^^♪

育て方をいまいち理解していないで育てていましたが栽培書をよく見たら失敗している所があったのでちょっと反省(^^;;
真夏の直射日光に弱く日差しが強すぎると下葉が枯れてしまいます。
そのせいか痛めてしまった株は花付きがちょっといまいちな気がします。
来年は早めに日陰に移動するように気をつけてあげないと。

太い根がよく伸びて横に広がり新しい芽を出して株立ちになります。
成長は早くあっという間に鉢一杯に広がっちゃうけど根が傷みやすいので植え替え時に傷んだ根を整理してあげます。
大きければ株分けも簡単(^^♪

タイワンホトトギスは早咲きなのでもう咲いてますが普通のホトトギスはまだまだこれから。
暑さで休眠している植物もそろそろ目覚め始めるのかなぁ。

植え替えなどいろいろやらなければいけない時期だけどいまいちやる気が出なくて。。。
もうちょっとやる気が出るといいんだけど薬だけじゃどうにもならない部分もあるんだろうな。
8月も今日でおしまい。
少しずつ動くようにして頑張って行かないと(^^♪
by nen_randir | 2012-08-31 21:49 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

ダリア 黒蝶
ダリア「黒蝶」

深みのある赤が魅力的なダリアの黒蝶。
初夏に安かった苗を買ってきたものなんだけど初開花は色が変です(笑)
なぜか黄色い花弁が混ざっていて黒蝶らしくない花。
暑さのせいかな?次の花は綺麗に咲くといいなぁ
蕾の時から黄色くて変だな~とは思っていたんだけど(^^;;
鉢もちょっと窮屈そうだから大きくしてあげようかな。

ネコノヒゲ
「ネコノヒゲ」

シベがとっても長くて名前のまんまの花(笑)
茎から花穂を立ち上げて次々に咲いて行きます。

今はこの花穂が咲き終わって次の芽が膨らんできている最中。
耐寒性が弱いそうなので冬越し出来るか不安だけど来年も見れるように挑戦してみようと思います。

カシポオキナグサ
「カシポオキナグサ」

こちらは今月の中ごろに種まきしたもの。
樺太に分布するオキナグサです。
北国のものなので発芽は春まで気長に待ってみようと思ったら以外にも2週間ちょっとで発芽し始めました。
10粒蒔いて5本出ています。
今の所5割っていうのはなかなかいい成績ではないでしょうか?
暑い南関東で上手く育ってくれるかわからないけど秋のうちにしっかりした苗に育てて来夏までにいい株になっているようにしたいな。

春に種を採って蒔いておいたハルリンドウはいまだ発芽せず。
かなりの難物と言われているけどやっぱだめなのかなぁ?
涼しくなるころにでも発芽してくれないかなと気長に待ってるけどどうなることやら。



薬が変わったりでうつ病の状態も今はちょっと落ち着いています。
でも暑さで植物の世話は水やりだけで精いっぱい。
時々調子の悪い植物の植え替えをしたりはしているけど見て見ぬふりになっちゃってるのもちらほらと。
やる気と言うものが春と比べると格段と落ちてしまっているなぁ。

でもここの所夕方の水やり時間帯がやや涼しくなったような。
そろそろバラも秋の剪定をする時期かな。
追肥もしてあげないと。
少しずつ体を動かして行かないとね。
by nen_randir | 2012-08-28 22:14 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)

山紫陽花

山紫陽花
Hydrangea macrophylla serrata
アジサイ科アジサイ属ヤマアジサイ

園芸品種でよく見かける紫陽花は海岸沿いに分布する額紫陽花。西洋紫陽花と呼ばれるのも額紫陽花が海外で品種改良されたもので元々日本のもの。
それらと違って山地に生えるのが山紫陽花。
谷筋など半日陰で湿気の多いところを好みます。

その地域特有の花が多くありとてもたくさんの品種が各地にあります。

山紫陽花は主に関東以南の太平洋側の山地に多く日本海側に分布するものを蝦夷紫陽花として区別しています。

1枚目の山紫陽花は美方八重。兵庫県産の紫陽花で藤色の装飾花が美しい品種。

山紫陽花

こちらは品種不明。
四国産に似たようなのがあるけど違うかな?
青い装飾花がとても鮮やかでやや早めに咲き出します。

山紫陽花

こちらは園芸品種のベニ額。
古くから親しまれているようですがいつごろからあるのかはよくわかりません。

山紫陽花

開花が進むと装飾花が紅色に変わっていく鮮やかな色をした山紫陽花です。

山紫陽花

紫陽花は花が終わると写真のように装飾花(ガク)がひっくり返ります。
こうなったら今年の花は終わり。
切り戻しの合図です。

初夏には翌年の花芽の元を作り始めるので早めに切り戻してあげると樹形もコントロールしやすく翌年もしっかり咲かせられます。
夏以降に切り戻した枝は翌年の花芽が付かないことがあるので小さく育てたい場合は早めの剪定がいいでしょう。
その時に施肥もしてあげると花芽がさらにつきやすくなります。

家も来年へ向けて手入れを少しずつ始めています(^^♪
by nen_randir | 2012-07-16 19:53 | 季節の花 | Trackback | Comments(4)

カラスウリ

カラスウリ
Trichosanthes cucumeroides
ウリ科カラスウリ属カラスウリ

すっかりブログを放置してしまっています(^^;;

梅雨に入ったころに撮ったものですがカラスウリが咲いています。
たまたま帰り道に通ったところで夕方に咲いてるのを見かけて夜出直して撮ったものです。
昨年はコンデジでしたが今年は一眼で撮れました。
真っ暗でAFも使えないので絞り込んで感覚で何枚か撮りました。

秋に赤い実をつけているのはきっと皆さん見たことがあると思います。
でも花はいつ?って考えたことありますか?
だいぶ前に気になって図鑑で調べたことがありました。
そして今くらいに咲くと。しかも咲いてるのは夜中と知りました。

カラスウリ

でもいつも秋に実を見つけてから思い出して何年も見る機会がありませんでしたが昨年はツイッターで話題に出て写真に撮ることが出来ました。

今年もすっかり忘れていたのですがたまたま通りがかった場所で目線の高さに咲いていたため気が付きました(^^♪

カラスウリは雌雄異株で雄花と雌花があります。
写真は雄花。

雄株の方が花をたくさん咲かせるそうでいくつも咲いているのとシベの形の違いで見分けられます。
きっとどこかに雌株もあるんだろうけど近所ではまだ見つけられていません。
でも昨年実を見つけたところがあるので機会があったら見に行ってみようかと思います。

この花が咲くといよいよ夏も間近。
暑いのは苦手なのですがばてないように気を付けながら過ごせてらなと思います(^^♪
by nen_randir | 2012-07-13 21:36 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

庭の小さな花

ゲラニウム・ロザンネイ
ゲラニウム・ロザンネイ

春は青味の強い色で咲くロザンネイ。
昨年育てていたのだけど真夏にうっかり枯らしてしまった。
先日病院の通り道から1本入った路地の花屋で見つけて再挑戦。
暑くなってくると赤みのある花色に変わってきます。

クガイソウ
クガイソウ

ゴマノハグサ科のクガイソウ。
オカトラノオを思わせるような長い花穂が面白い。
青ければベロニカを思わせるけど近い品種のお仲間。
家の庭で上手く育つかわからないけど頑張って夏を越してほしいなと(^^♪

ラナンキュラス・ゴールドコイン
ラナンキュラス・ゴールドコイン

小さなラナンキュラス。ランナーでよく増えあっちこっちで咲いてるのをだいぶ抜いちゃったので今年はちょこんと咲いています。
ジメッとしている所は苦手なようですが、家の庭でも育つ強健な花のようです。
でもやや乾きやすいところに多く出てくるような気がするので水はけの悪い家の庭では場所を選んで咲いているように思います。

バイカカラマツ”カメオ”
バイカカラマツ”カメオ”

こちらは鉢植えですが庭にも植えていたりします(笑)
小さい花なので鉢植えの方がちょうどいいようでこちらの方がよく茂っています。
でも花は地植えの方が大きく咲いていたように思います。
鉢植えの方は肥料が足りなかったのかな?
葉のあるうちにしっかり栄養を蓄えてもらおうと思います。

バラの花も一番花がひと段落して次の段階に入ってきました。
株元から新しい枝を伸ばしているものややや遅れてこれから開花するものなどまだまだ楽しめるところがいろいろあります。

咲いてみてちょっと反省しなければならないバラもいくつかあり株作りをやり直し中のものもあります。
頑張らないとね!
by nen_randir | 2012-06-02 22:25 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)