グレッグズ・オレンジ・ビューティー

ベランダの片隅においてある睡蓮鉢に入れているのは温帯睡蓮の園芸種、グレッグズ・オレンジ・ビューティー。
毎年越冬できているようで今年もぽつぽつ咲いてます。
といってもまだ2回だけですが(^_^;)

こちらは2回目の開花。いつもより花色が濃くグレッグズらしくない雰囲気になりましたがまぁこんなこともあるんだろうなと。
8月の一番暑い時期に咲いたものですがこれから涼しくなる頃にもう1回くらい咲いてくれないかな?

この鉢には睡蓮以外に水草やミナミヌマエビなどいくつかの生物が入っていて自然に近い状態を作り出せています。
とはいっても手入れは必要で水草のマツモが暑い時期に猛成長するので時々間引かないとすっかり埋め尽くされてしまいます。
お店で買うとやたらと高いマツモなのに実際育てると成長が早くて何で高いのかいつも不思議に思います(^_^;)

熱帯睡蓮

こちらは園芸店で見かけた熱帯睡蓮。
温帯睡蓮は関東辺りでは戸外でも越冬できますが熱帯睡蓮は冬になったら室内で保温します。
最低でも5~10度以上必要なのでバケツなどに突っ込んで冬越しさせるようです。
温帯睡蓮にない鮮やかな青色が魅力的なのですが育てる気力が出たら挑戦してみようかなと(笑)

8月も終盤に入り晩夏のセミが鳴き始めました。
今週辺りから30度を超える暑さもやや和らぐようで秋の気配も強くなっていきそうです。
気がつくと秋から成長を始める球根植物の一部が葉を出していました。

秋の気配が強くなってきました。
by nen_randir | 2014-08-25 14:46 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)

ミセバヤ

ミセバヤ
Hylotelephium sieboldii
ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属ミセバヤ


日本の多肉植物ミセバヤがそろそろ秋の気配を感じてきたようです。

斑入りミセバヤ

斑入りのミセバヤはやや早く反応するのか少し赤みが増したように感じます。
普通のミセバヤより成長が遅いらしくなかなか茎が増えてくれないけど秋になると見事な紅葉が楽しめます。

エゾミセバヤ

気の早いエゾミセバヤはもう花芽が出てきました。

まだまだ残暑が厳しいですが今週の後半頃には少し暑さが落ち着く予報だとか。
セミの鳴き声も少しずつ晩夏の声がまじり始めています。

by nen_randir | 2014-08-19 14:35 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)

不忍池

台風の影響で関東はここ数日風の強い暑い日が続いています。雨でも降ってくれればいいのですが平野部は熱い風が吹くだけのキツイ暑さになっています。

不忍池

そんなんでも今日は立秋。ふと気がつくと秋の花が準備を始めていたりします。

不忍池

なんとなく出かけた上野でハスの花を見てきました。上野には何度も行ってるけど不忍池を見るのは初めてでした。こんな風になってるんだと散歩しながら時々写真。

不忍池

ぐるっと一周。そんなに大きな池ではないけどこの暑さで木陰を選んで歩かないと汗が噴出してきます。一回りしたら赤い郵便ポストが。

不忍池

円柱のポストって見かけることが少なくなりましたね。まだまだ暑いです。
皆様熱中症にはお気をつけてお過ごしください。

by nen_randir | 2014-08-07 19:10 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)


Helleborus

年が明けてしばらくは穏やかな天候でしたが1月も終わる頃には冬らしく厳しい寒さに加えて数十年ぶりという大雪で地植えのヘレボルスがだいぶ遅れました。
鉢植えのお手入れは済ませていたのですが地植えは雪に埋もれてしまったので溶けるまで放置。
で、暖かくなった今日、やっと地植えのお手入れをしました。

Helleborus

お手入れ後のヘレボルス。

いったい何をするのかと言うと、去年の古い葉を刈り取る作業です。
大抵のヘレボルスは春に葉を出して次の春まで光合成をしています。(暑い夏などは休眠したりしますが。)
で、早春に花が咲くとやや遅れて新しい葉が出てきます。
古い葉が残っていると新しい葉の成長を邪魔してしまうことがあるので切り取ります。
まぁ普通は古くなるとペタッと横に倒れて最終的には勝手に干からびていくのですが枯葉はカビの原因にもなるので早めに処分と言うわけです。

Helleborus

この株も蕾がほとんど見えないくらいに葉っぱで覆われていたので切ると沢山の蕾が隠れていました。

わさわさと茂っていた葉っぱが無くなって見た目もすっきり。
そのかわりゴミ袋がいっぱいになっちゃいましたけど(^^;;
ごみの収集日の前にやっておけばよかった。。。

もう1週間もすると気温が上がってくるとの予報ですが植物たちはしっかり春を感じていて動き出しているものがいっぱい。
園芸作業が一番忙しくなる季節です。
楽しみながら毎日の変化を見ていきたいと思います(^^♪
by nen_randir | 2014-03-07 21:30 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)

Tillandsia pruinosa


Tillandsia pruinosa
Tillandsia pruinosa

こんな扱いができるのもTillandsiaの楽しい所。

今日は北風が強く晴れていても寒い。
寒くても鉢は強風で乾きやすいのでしっかりと水やり。
ふと気が付くとイカリソウの葉が出てきていました。
by nen_randir | 2014-03-06 15:50 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)

Snap 2014/02/01


Snapshot 2014/02/01

竹林のある風景。

ちょっとブログのフォントを変更してみました。
通常のフォントより少しなめらかな文字。サイズも少し大きく。
でも環境によっては上手く表示されなかったり変化がないかもしれません。
文字サイズは場所によってもう少しいじると思います。まぁ気づかない程度ですけどね(笑)




by nen_randir | 2014-02-27 22:39 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)

HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited
※この1枚だけFA100mmMACROF2.8にて撮影。

Limitedシリーズにマクロが加わってしばらく気にしていました。
今使用しているマクロレンズは100mmで重さもかなりあるフィルム時代のレンズ。
タムロンの90mmが話題になる前のレンズだけど今でも十分通用する切れ味のいい描写のレンズ。
不満は重たいため片手持ちで撮影することがほぼ不可能なのとデジタル一眼のAPSサイズのセンサーだと被写体が大きく写りすぎてフレームに収めるにはある程度離れないといけないこと。

でも遠景から接写まで文句なしのレンズなので花撮りなど普段からメインに使っています。

ツワブキ

さてここから35mmマクロの写真です。
デジタル一眼だとだいたい53mmのレンズに相当します。
50mm前後のレンズは昔から標準レンズとも呼ばれますが人の見え方に近い自然な奥行き感などからそう呼ばれています。

先日投稿したラン展の会場で広角ズームが思いのほか使いやすいことに気が付きそのレンズのテレ側が35mmで室内でも使いやすいことに気が付いたのがきっかけでもあります。
それまで35mmって準広角だよなぁと思い込んでいたもので(笑)

ニゲル

と、気が付くまでフィルム時代の感覚で使っていたんだと(笑)

でもって新しいレンズを購入したのですが所有しているレンズでは初めての円形絞り、新しいマルチコートであるHDコーティング。
どんなもんだろうと逆光で使用してみました。
味わいとしては好みの分かれるところでしょうけど逆光で使用してもかなりクリアな描写だと思います。
専用フードが内蔵されているので手でハレ切りする必要がないのもいいですね。
円形絞りもなかなか綺麗に出ています。

アトロルーベンス

で、今度はサイド光で接写。
二段絞っていますがボケのとろけ方もなかなか綺麗だと思います。
今まで100mmを使っていたからか被写界深度がだいぶ広いなと感じますがボケすぎても困りますしね(笑)

質感や操作感が独特なLimitedレンズ。
アルミ削り出しの手触りやピントリングの適度な重さ。
初めて手にした初代Limitedから変わってないなぁと。
もちろんいい意味ですよ。
いいところを残してより良いものに進化しているのが良く伝わってきます。

FA43mmF1.9Limitedが発売されたのは1997年。
17年も前だけどいまだに販売されているロングセラー。
当時予約して発売日をワクワクしながら待っていたのを思い出します。
そんなLimitedレンズがもう1本加わりました。

本格的な花のシーズンを前に頼もしい相棒ができました(^^♪

by nen_randir | 2014-01-25 20:55 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)