<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アズマイチゲ

f0126204_0201487.jpg


Anemone raddeana
キンポウゲ科アズマイチゲ(東一華)

先日のカタクリの項でもちょっと紹介しましたが、単独でアップしてみました。

カタクリ同様夏には地上部が枯れて休眠状態になります。

f0126204_0313787.jpg


キンポウゲ科イチリンソウ属は学名をアネモネといいます。
アネモネにはこんな物語があります。

女神アフロディテに愛された狩猟好きな少年アドニスが手負いの猪に倒されたとき、駆けつけたアフロディテは言いました。
「アドニスよ、私の悲しみの思いがいつまでも残るように、あなたの死が毎年繰り返されるように、その血が一つの花となるでしょう」
アドニスの流した血に女神が神の酒を注ぐと真紅の花が咲きました。
赤いアネモネは血と生命の象徴とされています。

f0126204_0333241.jpg


もちろん日本のイチリンソウは神話のアネモネとは別種ですが、早春の僅かな期間に生きる花を見てるとこんな神話を思い浮かべてしまいます。

f0126204_0334624.jpg


ちなみにこちらは同属のキクザキイチゲ(キクザキイチリンソウ)。
葉の先端が尖るのがキクザキイチゲ。
丸みがあるのがアズマイチゲです。
ぱっと見はわかりづらいですね(^_^;)
by nen_randir | 2007-03-31 01:18 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(12)

フキノトウ

f0126204_0135785.jpg


Petasites japonicus
キク科フキ(蕗)

10日ほど前の写真ですが、遅くならないうちにアップです(笑)

冬に黄色い花を咲かせることからフユキ→フキと名前が変化したようです。
僕はこの漢字の”蕗”がなぜだか好きなんです。
草冠に路。
日本語の美しさを感じます。

f0126204_0143723.jpg


写真はすべて蕗の薹ですが、早春のほろ苦さは冬の終りを告げてくれますね(^^♪
北国には背丈が2メートルにもなる大きな蕗があるそうですね。
雨宿りがしてみたいものです。

でも、、、蕗って野菜?それとも野草?
by nen_randir | 2007-03-30 00:32 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(4)

カタクリ

f0126204_20581239.jpg


Erythronium japonicum
ユリ科カタクリ

早春を彩るスプリング・エフェメラル。
このカタクリは3月に入ると芽を出し、5月には地上部が枯れてしまいます。
地上に姿を見せるのはたった2ヶ月ほどです。

f0126204_212381.jpg


一緒に咲いているのはアズマイチゲ(Anemone raddeana
以前紹介したキクザキイチリンソウの仲間。
同じキンポウゲ科の植物にはトリカブトもあります。
”イチゲ”は一華と書きます。一つの茎に一輪咲かせるためです。
花はキクザキに似ていますが葉が違うので区別できます。

f0126204_21122528.jpg


カタクリは花を咲かせるのに長い年月を要します。
発芽一年目は細い葉を一枚出します。
二年目からは卵形のはを一枚出し7~8年その一枚の葉で過ごします。
そして葉が二枚出ると花を咲かせます。
f0126204_21174668.jpg


毎年、春のわずかな期間だけ葉を出し少しずつ成長していくんですね。

f0126204_21201242.jpg


大抵の群生地は自治体によって保護されています。
残念ながら保護しないと開発や乱獲から逃れることが出来ないようです。

f0126204_21222532.jpg


まれに白花が咲くこともあります。
ここではもう少しするとキバナカタクリが咲き始めますが、そちらは北米産。
カタクリは学名にあるように日本原産の植物。

f0126204_2126571.jpg


以前は鱗茎から片栗粉を作っていました。
片栗粉の名前はその名残です。
今はジャガイモのでんぷんから作られています。

MFSはお休みさせていただきました(^_^;)
by nen_randir | 2007-03-28 21:33 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback(1) | Comments(10)

キバナセツブンソウ

f0126204_22543851.jpg


コメント等ご無沙汰してしまい申し訳ございませんでしたm(__)m

Eranthis cilicica
キンポウゲ科キバナセツブンソウ(黄花節分草)

節分草と名前が付きますが、調べてみるとどうも外来の園芸種のようです。
出回ってるのはヨウシュセツブンソウと言う品種が多いようで、キバナかどうかよくわかりません(;^_^A

咲いていた所にはキバナの表示がしてあったのでそちらの名前を採用しました。
と言ってもキバナも外来種。
地中海東部が原産だそうです。

いよいよこの場所のカタクリが満開になったそうです。
明日、出かけてみようかと(^^♪
by nen_randir | 2007-03-27 23:03 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(8)

ショウジョウバカマ

f0126204_220255.jpg


Heloniopsis orientalis
ユリ科ショウジョウバカマ(猩々袴)

猩々という伝説上の動物に見立てた花の名前。
袴は葉が折り重なる様子を袴に見立てたそうです。

繁殖は種子以外に葉先が地面に付くとそこから根が出て増える不定芽というちょっと変わった繁殖法を持っています。
by nen_randir | 2007-03-20 02:30 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(14)

ユキワリソウ

f0126204_11354116.jpg


Hepatica nobilis var.japonica
キンポウゲ科ミスミソウ(三角草)

一般的にはユキワリソウ(雪割草)とよく呼ばれます。
残雪が消えた頃に咲く花。
色変種が多くいろんな色を楽しませてくれます。

f0126204_11404393.jpg


残念ながら盗掘の多い花でして、近所で見かけるのはほとんどが栽培品です。

f0126204_11425582.jpg


天候の関係か、土壌の関係か、ここは花がちょっと弱々しい感じがします。

f0126204_1144121.jpg


特徴のある葉で見つけやすい花です。
この葉の形でいくつか種類が分かれるそうですが区別がやや難しいようです。

f0126204_11452254.jpg


訪れた時間は曇り空で開いている花が少なくちょっと残念。

f0126204_11465514.jpg


雑木林の落ち葉の間から花を咲かせてると春を感じますね。

じつは、、、
f0126204_1150951.jpg


ここを訪れた本当の理由はこの手前の花。
カタクリです。
神奈川県の北西部、城山カタクリの里
県内随一のカタクリ群生地。
残念ながら気温が低く曇り空で花が閉じていたり、まだ蕾だったりと、見ごろは来週以降。
また来週出掛けて来ようと思っています。
ちなみにカタクリの向こう側の黄色い花はキバナセツブンソウ。

ユキワリソウは花の色が豊富で写真が多くなってしまいました(^_^;)
もうちょっと多く花をつけてるとよかったのですが、自然相手ですからこんなこともありますね(^_^;)



カタクリ
by nen_randir | 2007-03-19 12:02 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(8)

目印

f0126204_23171997.jpg


いつも釣りに行く場所で春の目印にしている植物。
標高900mのその釣り場ではこの時期やっと春に目覚めたフッキソウを見かけます。
今年は釣り場で見るのはまだ先になりそうですが、低地の近所ではもう花が咲いています。

Pachysandra terminalis
ツゲ科フッキソウ(富貴草)

草のように見えるけど木です。
1年中葉が茂ることから繁栄の意味をこめたおめでたい名前(^^♪

f0126204_2337883.jpg


野蒜の隙間からヒメオドリコソウを狙ってみました(^^♪

明日は里山にお出かけ(^^♪
どんな花が見れるか楽しみです!
by nen_randir | 2007-03-16 23:39 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(6)

諸葛菜

f0126204_1113138.jpg


Orychophragmus violaceus
アブラナ科ハナダイコン
別名の諸葛菜って名前の方がなんとなく好き(^^♪
バイモ同様中国原産の植物。

f0126204_1164462.jpg


今が見ごろで紫の花が一面に咲いてるのは気持ちが良いです。
と言ってもここは公園で区切られた一角に植えられているので一面ってほどでもないのですが。。。(^_^;)
諸葛菜って名前は諸葛孔明が食用に出陣先で植えたことが由来になっているようです。
ハナダイコンは花が大根に似ていることから。

f0126204_1182735.jpg


おまけ
カタクリの蕾を発見(^^♪
まだひとつだけでしたが咲くのが楽しみ!

f0126204_1192841.jpg


ニリンソウも蕾をつけていました!
いろんな花が見れて楽しいですなぁ~(^^♪
by nen_randir | 2007-03-16 01:26 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(8)

カントウタンポポ

f0126204_07251.jpg


とびとびでアップしてるとあっという間に1週間(^_^;)
今週もMFS(My Favoriet Shot)の水曜がやってきました。

実は、、、この写真失敗なのです(笑)
間違えてISO400のまま撮ってしまい思いっきりハイキーになってしまいました。
でも帰ってPCで見てみたら意外と面白いかもと(笑)
オリジナルはもうちょっとハイキーなのですが少しだけ調整しています。

で、なぜMFSかと言うと、この写真を撮った後にいろいろ調べてセイヨウタンポポと日本タンポポの違いを知りました。
そんなきっかけになった写真で思い出深いのです。

どう違うのかって?
まぁその辺は後日です(^^♪
by nen_randir | 2007-03-14 00:33 | MFS | Trackback | Comments(10)

アミガサユリ

f0126204_19225124.jpg

Fritillaria verticillata var. thunbergii
ユリ科アミガサユリ(編み笠百合)

中国原産で主に観賞用、薬草として育てられます。

写真でわかるでしょうか?
花びらの内側の編み笠模様が名前の由来のようです。

f0126204_19271636.jpg


蕾を見るとユリの仲間だな~って思います。
で、調べてみるとやっぱりユリの仲間で、りん茎がバイモと呼ばれる生薬になるそうです。

f0126204_19291271.jpg


全体はこんな感じです。
下向きに花を咲かせるので撮るのが難しい(^_^;)
この日は雨の後だったのでぬかるんでいて腹ばいにもなれなくて、、、(;^_^A

f0126204_1933262.jpg

おまけ(^^♪
カタクリの葉が出ていました。
これは先週の写真なのでもしかしたらそろそろつぼみも見れるかも。
明日、早起きできたら仕事前に見に行って来ようかと思います(^^♪
by nen_randir | 2007-03-13 19:38 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(10)