<   2008年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今日もサクラ

f0126204_20595124.jpg

今日は135mmで(^_-)-☆

本当は昨日のうちにアップしようと準備してたんだけど眠気に耐えられずに寝てしまった(笑)
カタクリの里がとっても混んでいたので疲れちゃったようです。。。

f0126204_2121328.jpg

平日の朝だってのに人が多いですね~
この場所覚えてます?
2/1にアップした場所です。
あの時はまだまだ寒そうな桜並木でしたが春の日差しの暖かい日が続くようになりましたね。
昨日今日は花冷えの雨が降りましたが明日はまた暖かくなりそう(^^♪

f0126204_21152228.jpg

一昨日アップしたサクラを135mmで撮ってみた。
撮っているときから漠然とではあるがモノクロに耐えうるものを撮りたいと思っていた。
プレビューでこの1枚だ!と思った写真。
RAWからの現像時に少しコントラストを強めに現像してみた。
自分の中ではそこそこ満足いく写真になったかな~って(^^♪

おまけは広角で撮ったサクラ

こちらからどうぞ~
by nen_randir | 2008-03-31 21:45 | Sonnar135mmF3.5 | Trackback(1) | Comments(17)

サクラ サクラ

f0126204_22491774.jpg


f0126204_2249403.jpg


f0126204_225055.jpg


最近135mmばかり使っていたのでこの日は43mmも持っていった。
もちろん135mmもいるけど(笑)
43mmは普段仕様のレンズ。
軽くて自然な描写がお気に入り。

今日は眠くて。。。。
すみません写真のみのアップです(笑)
おやすみなさい
by nen_randir | 2008-03-29 22:54 | FA43mmF1.9Limited | Trackback(1) | Comments(6)

まるたうぐい

f0126204_2215145.jpg

いきなり魚のどアップですみません(笑)

午前中雨で午後は曇りの予報を信じて午後から近所の多摩川に出かけてきました。
天気予報は当てにならないもので午前中から晴れ。
お昼に病院の予約がありましたがウズウズして早めに家を出て世田谷の砧公園へサクラを撮りに行ってきた。(その写真は後日ね)

一旦家に帰り釣り支度。
友達と待ち合わせをして河原に着くとバシャバシャと産卵のためウグイが群れております(^^♪
産卵行動中のウグイは毛ばりを食ってくれないだろうとその後ろで列を成して産卵を待ている群れに遊んでもらいました(^^♪

f0126204_22202373.jpg

ソルト(海)用のタックルが小さく見える大物(^^♪
夕方には風が強くなりおまけに雨まで降ってきましたが一時入れ食い状態!!
二人してキャァキャァ大声を出しながら楽しんでまいりました(笑)

f0126204_22233473.jpg

※本人の了解を得て顔出しです。ピンボケでごめんなさい~~~暗かったんですぅ(汗)

産卵遡上のため季節限定のマルタ釣り。
仲間内ではマルタを丸太と書いて丸太伐採と呼んでる春の行事です(笑)
来週の伐採で今年の作業は終了予定。
また楽しませてくださいね~~~
by nen_randir | 2008-03-28 22:26 | TAMRON SP17-35mm A05 | Trackback | Comments(10)

ツバキ? サザンカ?

f0126204_2331545.jpg

長い記事が続いたので今日は簡単に(^^♪

八重の花びらが幾重にも重なりシベを守るかのようにやさしく包み込んでいる。
素人にははっきりと断定できないが椿だと思います。

淡いピンク色がとっても清楚。
by nen_randir | 2008-03-27 23:38 | Sonnar135mmF3.5 | Trackback | Comments(8)

ハクモクレン

f0126204_2122615.jpg

Magnolia denudata
モクレン科モクレン属ハクモクレン(白木蓮)

中国原産で樹高15mほどにもなると言う落葉高木。
よく似ているコブシ(辛夷)はハクモクレンより花が小さく花びらの幅が狭い。
ハクモクレンはわずかに香りがあり、満開時は辺りに仄かな香りを漂わせている。

f0126204_21302743.jpg

まだ若い樹だろうか?
まばらに咲く姿も綺麗で背景の日陰とのコントラストが気に入った(^^♪

f0126204_213207.jpg

どこまでも続いていきそうな花の海原。
ここ、新宿御苑のハクモクレンの巨樹は説明によると樹齢300年を越すそうだ。
あまりの大きさに普通のカメラでは収まらない。
どのように撮れるのか気になるのだけど、蛇腹をつけた巨大なカメラを何台か見かけた。
アオリ効果でパースを無くすためだろうか?

f0126204_21411319.jpg

ふと中間リングを持って来れば良かったと頭をよぎった。
135mmは最短で1mまで寄れる。
それ以上寄る場合は中間リングが必要になるがこの日はレンズ1本のみで出てきてしまった。

でも、、、
f0126204_21382768.jpg

ハクモクレンには必要なかった(笑)
他の花ではちょっと失敗したかなって思ったけどハクモクレンの花はデカイ^_^;
マクロが使えなくても十分でしたね(笑)

真っ白なハクモクレンの樹は遠くから見ても見事であるがなんせ休日の公園です。
人が多くて、、、、
ただでさえ望遠レンズしか持ってないですからねぇ(笑)
アップばかりですみません^_^;
by nen_randir | 2008-03-26 21:48 | Sonnar135mmF3.5 | Trackback | Comments(10)

サクラサク

f0126204_2217297.jpg

Prunus
バラ科サクラ属サクラ

写真は陽光という品種。
カンザクラと天城吉野というサクラを掛け合わせたものだそうです。
ソメイヨシノよりやや早く満開を迎えていました。

f0126204_22202534.jpg

メインのソメイヨシノがまだ咲き始めなので満開を迎えた陽光の周りは人だかり(笑)
アップで撮るのが精一杯^_^;
花の下は宴会の最中でもうめちゃくちゃでした(笑)

サクラのすごいなと思うところは一斉に咲き始めること。
夏の間、葉を繁らせて太陽の光をいっぱいに浴びて栄養を蓄え、太陽光の衰える冬には葉を落として冬眠します。
そして春になり次第に暖かくなると一斉に花を咲かせてあっという間に散ってしまう。
たった1週間ほど花を咲かせるために1年間のエネルギーの大半をつぎ込むんです。
せめて花の咲いている間は穏やかな天候であって欲しいといつも思うのだけど大抵は春の気まぐれな嵐に蹴散らされてしまいます。
今年の天気予報は穏やかそうですね。

f0126204_22281627.jpg

この陽光という品種、ソメイヨシノよりピンク色が強くて華やかな美しさを持ってますね。
清楚な白いソメイヨシノ。
ちょっとあでやかな陽光。
いろんなサクラがありますね。
次の休みは穏やかな天気だといいな(^^♪

明日はハクモクレンを掲載します!
これも見事な巨樹でした!
by nen_randir | 2008-03-25 22:31 | Sonnar135mmF3.5 | Trackback(1) | Comments(12)

ソメイヨシノ

f0126204_20501937.jpg

Prunus × yedoensis
バラ科サクラ属サクラ
ソメイヨシノ(染井吉野)、(吉野とは吉野桜=ソメイヨシノの旧名、山桜といった意味合い)明治の頃に染井村で作出されたため染井吉野の名前がついた。
ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの雑種で不稔性(実ができない)品種ですべて挿し木により増殖されている。
だから日本中のソメイヨシノはすべて1本の木の枝から増やされたいわばクローンなんですね。
まれに結実するそうだけど発芽にはいたらないそうです。
実ができても残念ながらそこから芽生えることはないのです。
たとえ芽生えたとしてもそれはもうソメイヨシノではなくなります。
ソメイヨシノは挿し木で増やされた(栄養繁殖と言います)樹のみに与えられる名前ですから。
f0126204_2142868.jpg


ソメイヨシノは成長力旺盛でそのため全国に広まりどこでも見られる桜になった。
もっとも多い桜のため桜の開花標準樹になっている。
10年を越えると花つきが良くなり20~40歳代でもっとも見事に花を咲かせるそうです。
その後樹勢は衰え100歳を超えるものはまれだと言われています。
うちの近所のソメイヨシノは樹齢70歳ほどらしく見事な大きさを誇っています。

f0126204_2192596.jpg

いろいろ説はありますが雑種のため成長が早く花つきがいいけど短命だというのが一般的に言われているソメイヨシノの特徴。
ある説によるとそろそろ寿命の尽きる樹が出てきて一斉にソメイヨシノが枯れるんじゃないかなんて説もあります。
眉唾物らしいですけどね(笑)

f0126204_21164947.jpg

日本には野生の桜が9種(10種とも)あるといわれています。
そこから掛け合わされてできた品種は140以上にもなるそうです。
そんななかでもソメイヨシノはもっともポピュラーな桜として愛されている。
日本の春と言えばソメイヨシノ。
いつまでも日本を代表する樹木であってほしいと思います。

明日も桜です(^^♪
by nen_randir | 2008-03-24 21:36 | Sonnar135mmF3.5 | Trackback | Comments(10)

クリスマス ローズ

f0126204_2033622.jpg

※この写真のみOptio750Z

Hereborus Orientalis
キンポウゲ科ヘレボルス属レンテンローズ

以前から不思議に思っていた。
クリスマスローズはイギリスでクリスマスの時期に咲くからクリスマスローズなんだと聞いていた。
でも、日本では今頃が花のシーズンですよね?
f0126204_20184857.jpg


それもそのはず。
調べてみたら本当のクリスマスローズはヘレボルス・ニゲルという花のことだそうです。
ニゲルはクリスマスローズの名の通りクリスマスシーズンに咲くそうです。
では日本のクリスマスローズは何者???
f0126204_20191529.jpg


先の学名のところに書いたけどヘレボルス・オリエンタリスってのが日本でクリスマスローズと呼ばれているものだそうです。
ヨーロッパではレンテンローズ(Lenten rose)と呼ばれているそうです。
実際にはヘレボルス属全体を日本ではクリスマスローズと呼んでいるのですが流通しているヘレボルス属はほとんどがオリエンタリス。
やっぱり春に咲く花の方が人気があるのですかね?

ともかくこれでクリスマスに咲かないクリスマスローズの謎がわかった(笑)
本来のクリスマスローズ(ニゲル)は英語読みしたクリスマスローズ・ニガーの名前で売られているそうです。
たぶん時期が違うんだろうな。
この時期はオリエンタリスばかりでニゲルは見かけない。
秋くらいには出回るのかな?

さてさて
by nen_randir | 2008-03-23 20:36 | Sonnar135mmF3.5 | Trackback | Comments(6)

クモマグサ

f0126204_20352942.jpg

Saxifraga rosacea
ユキノシタ科ユキノシタ属クモマグサ(洋種クモマグサ)

以前雪の降る中咲いているのを紹介したクモマグサが満開に咲いています。
高山の雲の間に生えている草という意味の名前の雲間草。
ユキノシタ属って割にはユキノシタとはぜんぜん似てないですね。。。
葉っぱはなんとなく似ているかな?
赤花以外に白花もあります。

f0126204_20404576.jpg

こちらのほうが先に咲き始めたので花数が多い(^^♪

園芸店で売られているのは西洋種のクモマグサ。
本来のクモマグサは北アルプス等に分布する高山植物。
園芸種は冬の寒さにはめっぽう強いが夏の暑さに弱いそうです。
我が家のベランダで夏越しができるかな?

f0126204_20472756.jpg

冬に植え替えしたラベンダー。
数日前まで冬の寒さで紫色に変わっていた葉がここのところの暖かさでだいぶ本来の葉色に戻ってきた。
もう少しすると新芽が成長し始めるだろう。
春ですねぇ~(^^♪
by nen_randir | 2008-03-21 20:57 | Optio 750Z | Trackback | Comments(12)

クロッカス

f0126204_22292156.jpg

Crocus vernus
アヤメ科クロッカス属クロッカス

昨年の11月になってクロッカスの栽培キットを購入した。キットには球根と水耕栽培の器が3つずつはいっていた。
そのうちのひとつがやっと花を咲かせてくれました。
白い花がひとつ。
すぐに二番花が上がってきた。
もう二つのうち一つはカビが生えて枯れちゃった(-_-;)
もう一つは蕾が上がってしているのだけど根にわずかにカビが生えている。
このままがんばって咲いてくれるといいのだけど。。。。

今年は秋になったら鉢植えで育ててみようと思います(^^♪
忘れないようにブログに書いておこうかと(笑)
書いたこと忘れちゃったりして。。。^_^;

ウィキに野生のクロッカスの写真がありました。

背景の山はスイスのアイガーだって(^^♪

Flickrにも素敵なクロッカスの写真があった(^^♪
気に入ったので壁紙に使わせてもらいました(^^♪



クリックで元ページに行きますよ!
by nen_randir | 2008-03-20 22:50 | Optio 750Z | Trackback | Comments(4)