オダマキ

f0126204_0154967.jpg

Aquilegia flabellata
キンポウゲ科オダマキ属オダマキ(苧環)

ツイッターなどで被災者のために花を載せようと言う行動が始まっています。
見れないかもしれないけど被災地の方々に沢山の花を見てもらおうと言う企画。
ツイッターでは #1000flowers こちらのタグを使って沢山の花がアップされています。
ネットが徐々に回復してきている被災地。どこかの誰かが見てくれて此花のような優しい気持ちになれることを願って見たいと思います。

先日安かったので購入したオダマキ。
園芸品種だろうけどヤマオダマキに似た花色に釣られて手にとって見た。
オダマキ属の学名アキレギアはラテン語の鷲の意味。
日本にはヤマオダマキやミヤマオダマキなど沢山のオダマキが自生しています。
開花期は5~6月なのでもっと後に紹介しようと思っていた写真です。

家には他にフウリンオダマキとミヤマオダマキがあります。
キンポウゲ科の特徴にバリエーションが豊富って物があります。
園芸品種もとても花色が多いのですが、自然の状態でも白花があったり色変わりは良くあること。
フウリンオダマキは中国原産のオダマキ。ミヤマオダマキは日本の高山性の山野草です。

冬は休眠するけれど日本の野草ですので基本的に夏の暑さにも強い。
今度の週末にでも植えてあげようかと思います。

モモが亡くなって3日。家に来た夏にちなんでノリウツギのミナヅキを慰霊碑として植えてあげようと思う。
アジサイ科の低木で、暑い時期に真っ白な涼しげな花を咲かせる。
いつまでもそこにいてくれるように。
by nen_randir | 2011-03-31 00:51 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(2)

別れ

f0126204_198915.jpg

10年来付き合ってきた猫、モモタロウが亡くなりました。
こんな時だからブログに書くのを躊躇っていましたけど記憶に残すためにも書き記しておきたい。

死んだのは3月27日、日曜の朝でした。
朝早く部屋にいるのを確認して二度寝してから仕事に。
出かけた直後に倒れているのが見つかったそうです。

仕事から帰って冷たくなったモモと対面。

f0126204_19515874.jpg

僕の意思で始めて飼った猫であるモモタロウ。
10年。長いようで短く感じる年月。

モモがやってきたのは僕が交通事故にあって退院した直後でした。
その年に生まれたであろう野良猫で、まだ幼い顔をした子猫だった。
すぐに懐き家族となったモモは近所でも人気のある愛想のよい猫に育ちました。

人と比べると寿命の短い動物ですから飼っている以上別れはやってきます。
もう1匹のエルもいつかは死に別れることでしょう。
それまで大切な家族として接して行きたいと思います。
by nen_randir | 2011-03-29 20:02 | 日記 | Trackback | Comments(8)

クロッカス

f0126204_2359546.jpg

Crocus sp
アヤメ科クロッカス属クロッカス

地中海沿岸から小アジア原産の球根植物。
早春に咲く花は色とりどりの園芸種があり華やかに目を楽しませてくれます。
こんな感じで密に咲くと綺麗だろうと球根を多めに植えて見ました。
そしたら鉢いっぱいに咲いてくれて賑やかになってくれました(^^♪

f0126204_062172.jpg

こちらは薄い青色の花。
黄色い蕊がとても鮮やかでいいコントラストになっています。

花が終わったら来年のための肥料をあげます。
これから葉が茂ってくるので日当たりの良い所において養分をしっかり球根に蓄えて欲しいと思います。

去年植えたばかりの頃に、球根をカラスに掘り返されてしまいました(笑)
一部むき出しになっちゃったのですがついそのまま放置(^_^;)
でもしっかり咲いてくれたので今年はちゃんと植えなおして増やして見たいと思います。

昨日久しぶりに庭に出たら枯れたと思っていた福寿草が葉を出していました。
今年は咲かなかっただけなのね。
昨年植えたものだからまだ根が充実していないのかな?

クレマチスやバラも新芽を伸ばしていていよいよ暖かくなってきたんだな~と実感。
早咲きのクレマチス、マクロペタラなんかはすでに蕾がついていました。
日曜は午前勤務なので午後は植え替えと鶴の誘引をしてあげたいと思います。

園芸作業もいよいよ本格的なシーズンになってきました(^^♪
by nen_randir | 2011-03-27 00:16 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(4)

カクテル(コクテール)

f0126204_1313338.jpg

シュラブローズ(つるバラ)のカクテルです。
1957年、フランスの育種家メイアンにより作出されました。
香りは弱いけど沢山の花をつけ、赤い花びらと黄色い花心のコントラストが素晴らしいです。

近所の生田緑地バラ苑で見て素人ながらこれはいいなと思ったバラです。
つるは2~3メートルにもなりアーチやポールなどに誘引されますが、この写真のものは垣根のように仕立てられていました。
きっと、伸びたいように伸ばすとこんな感じになるんだろうな。

3年前からバラの写真を撮るようになりました。
初年度は知識もなくただ綺麗だなと思うものにレンズを向けていた。
段々と興味を持つようになり、翌年は一緒にネームプレートも撮って名前を覚えようとした。

f0126204_1433926.jpg

知るほどに育ててみたいと、去年からバラ栽培に手を付け始めました。
そして最初のバラがこのカクテルです。

初年度は病気との闘いでした。
自分もうつ病でなかなか面倒を見ることが出来ないのにバラは黒点病が蔓延してしまい、かなりの葉がダメージを受けてしまった。
栽培も素人なのでどう手を付けていいのかわからない状態。
でも、1年を通して育ててみてなんとなくコツがつかめていたように思う。
今は仕立て直し中で背丈は低いけど、これを大きく育ててあげて玄関先に使ってあげようかなと思います。
いつか自分のカクテルを紹介できたらなと思います(^^♪
by nen_randir | 2011-03-24 01:54 | FA☆85mmF1.4 | Trackback | Comments(2)

レンテンローズが次々と

f0126204_22473049.jpg

一般的な呼び名はクリスマスローズですが本来の呼び名で表記したいと思います。

クリスマスローズとして出回っているものはヨーロッパに広く分布するキンポウゲ科ヘレボルス属オリエンタリスの園芸品種。
園芸上ではガーデンハイブリットまたはレンテンローズと呼ばれています。
レンテンローズはキリスト教の四旬節の頃に咲くことから名づけられました。
一方クリスマスローズは、ヘレボルス属のニゲルという原種の呼び名。
これは名前の通り年末頃に咲き出すもの。
日本ではこれら全てをクリスマスローズとひとくくりにしています。

さて、家には数株植えてありますけどこの暖かさで次々と開花しています。
暖かい日差しを受けて気持ちよさそうに咲いています。

f0126204_2251735.jpg

ダブル(八重)のブラック。
植えたのは去年なんですが、とても成長して大株に育っています。
植え場所が広くてのびのびと育ったからでしょうか?
色も綺麗な黒で深みのある色をしています。
f0126204_22533449.jpg

こちらはピンクのダブル。
絞りの入った綺麗な花色。やや暗めのピンクですが日に当たるとこんな感じで綺麗な色が出てくれます。
f0126204_22584854.jpg

ホワイトのダブルも咲いています。
少しスポットの入った花。家の中では蕾が出てくるのが一番遅かったけど開花はみんな揃って始まりました。

東北地方の大地震から明日で10日です。
テレビ放送もだいぶ通常番組が増えてきましたけど、まだまだ被害は拡大しておりニュースから目が離せません。
毎日発生する余震も気になって仕方ありません。
自分たちに出来ることは限られているので普通の生活をしていようと思いますが、園芸作業や写真を撮って戻ってくると気持ちが落ち込んでいるなと感じます。
被災地ではない僕らは出来るだけ元気に日々を過ごさなければいけないと思うのですがなかなか思うようにはいかないようです。
でも頑張らないといけませんね。
被災された方々が少しでも元気になれる日が早く訪れますように!
by nen_randir | 2011-03-20 23:22 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(2)

プロポーズと言うバラ

f0126204_1952577.jpg

少しでも普通の生活をしようと写真を撮ってみました。

地震のちょっと前に園芸店に入荷していたバラ。
タグにはプロポーズとありました。
調べてみるとハイタックスという育種会社のオリジナル品種とのこと。
ハイタックスのサイトを見るとポリアンサローズとなっていますが、姿からディックコスターの枝変わりなのでしょうかね?
ややピンクがかった赤で、ディックコスターにそっくりな気もするのですが、咲き進んで花色がどう変化するのかちょっと楽しみです♪

小さなコロンとしたカップ咲きのポリアンサローズ。
調べてみるとこの手のタイプはほぼ全てディックコスターが親株のようです。
家にあるだけでもマルゴシスター、シュネープリンセスなんかがあります。
ディックコスターの元はタウジェントシェーン。日本のノイバラの系統です。

日本のノイバラがヨーロッパに渡ってポリアンサやフロリバンダという新しい系統を作り出したんですね。
バラの歴史ってなかなか面白いものがあります(^^♪
by nen_randir | 2011-03-19 20:25 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(0)

地震発生から一週間

f0126204_23425622.jpg

計画停電により災害の甚大さを実感する毎日です。
この未曾有の大災害に対して被災された方々の辛苦が少しでも和らぐことを願って止みません。

世界中から災害救助のエキスパートが集まってきていますね。
自衛隊をはじめ、消防や警察など様々な人々が必死に救出活動をされています。

しかし、報道や政府にたして不満や批判がつのってきているとも聞きます。
でも待ってよ。今は被災地の救済が最優先ですよね?
文句なんかは後で言えばいい。
先日もラジオでジャーナリストが報道者の規制をされていると批判していました。
政府をかばうつもりはないけど、今はそんな事を争っている暇はないでしょう?

被災地に何が出来るのかをまずは考えましょうよ。

各自治体では救援物資の受付を始めました。
様々な企業や団体が義援金の受付を始めました。
そして僕ら東電の管内では輪番で停電が行われています。

物資があってもすべての被災地には届いていません。
いまだに道路が回復していない地域もあるのです。
それを必死で修復している人たちがいます。
命の危険を承知で原発の放射能に挑んでいる人たちがいる。

色々批判されることもあるでしょうけど、今は頑張っている人たちを応援しましょう。
被災者も全ての救出活動従事者にも。

皆さん頑張って下さい。
そしてまだ増え続けている被災で亡くなられた方たちが早く家族の元に帰れますように。
by nen_randir | 2011-03-19 00:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今何が出来るのか?

f0126204_16433995.jpg

先日紹介したダブルのクリスマスローズが見ごろです。

連日流される報道から目を離せないでいます。
救出や支援活動に従事されている方の努力が少しでも報われることを信じながら見入っています。
未曾有の大災害に見舞われた被災地の皆さんが少しでも楽になれるように世界中から支援の手が差し伸べられています。

僕らが出来ることはたいしたことはありませんが、節電や義援金で少しでも協力できればと思います。

また、首都圏では飲料水や食料、ガソリンなどの買いだめがされていますが、今それらの物資が必要なのは被災地の方々です。
首都圏を襲う地震が来ないとは言えませんが、最優先されるのは被災者たちなんです。
一部コンビにでは被災地に優先するため仕入れを控えてる店舗もあります。
でも、町を歩くと飲料水をケースごと抱えた買い物客などを見かけます。

今日もガソリンスタンドでは長蛇の列が出来ていました。
必要ですか?
僕の住む地域では車が必須の地域ではありません。
なければ不便だと感じる方も多いでしょうけど、今は我慢する必要もあるのではないでしょうか?

必要のない買いだめをしないでもっと冷静に行動して欲しいと思います。
by nen_randir | 2011-03-15 16:57 | 日記 | Trackback | Comments(4)

2011年3月11日午後2時46分

f0126204_0114995.jpg

東北地方太平洋沖地震が発生しました。
観測史上最大のマグニチュードを記録した地震は津波などの被害が想像を絶する規模で出ています。
一人でも多くの人命が救われることを願っています。
被災地のライフラインの1秒でも早い回復を切に願います。
これを書いている今も余震があり揺れています。

発生時、僕は昼休憩から職場に戻る途中でした。
建物に入ろうとしたら眩暈でもしたかのような感じに襲われ、その直後今まで感じたことのない横揺れが始まりました。
思わずそばにあった標識につかまりながら周りを見ると、高層マンションが揺れ、職場のある建物も鈍い音を立てていました。
同じく帰ってきた同僚に声をかけられるまで凍りついたように周囲を見つめていた。
直感的に遠い地震だと思い携帯電話で確認して東北が震源地だと知った。

慌てて職場に戻ると建物は停電し、再び強い揺れが襲ってきました。
仕事は再開するか判断するまでの間掃除をしたりしていましたが、その間も短い間隔で揺れがやってきます。
結局、停電の復旧は見込みが立たず午後は休診になりましたが、鉄道は完全に停止、駅前は周囲の建物から避難して来た人で混乱していました。
なんとか運行していたバスで遠回りして帰ることが出来ましたが、家も停電。夜の11時になってやっと回復しました。

電気がついてテレビを見れるようになるまでローカルラジオで地元情報を聞いていましたが、テレビを見て改めて被害の甚大さを実感しています。
恐ろしいことです。

まだまだ寒い時期にこんなことが起こって、寒さによる二次被害も恐れがあります。
このブログを見ていただいている方には被害はありませんでしたでしょうか?
もしよろしければ無事をご報告いただけると嬉しいです。

交通機関がやっと回復し始めた南関東ですが、まだまだ動けない人もいらっしゃることでしょう。
くれぐれも気をつけて行動されていただいたいと思います。

そして被災地の皆様が少しでも早く安心できますように。
亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。
by nen_randir | 2011-03-12 00:34 | iPhone | Trackback | Comments(4)

雪割草

f0126204_21543716.jpg

Hepatica nobilis ver.japonica
キンポウゲ科ミスミソウ属

地球の北半球、温帯に分布する多年草。
日本では4種に分類されていますが、雑種も多く大まかに分布地域によって分類されています。
中部地方から関西、中国地方、九州の一部に分布するミスミソウ。Hepatica nobilis ver.japonica forma japonica
岩手県から神奈川県までの太平洋側に分布するスハマソウ。Hepatica nobilis ver. japonica forma variegata
日本海側の中部から東北に分布するオオミスミソウ。Hepatica nobilis ver. Japonica magna
中部地方から関西、四国、中国地方に分布するケスハマソウ。Hepatica nobilis ver.Pubescens

それぞれ葉の形、大きさなどに特徴はありますが曖昧なことも多く一括りに雪割草と呼ばれるグループです。
因みにサクラソウ科にもユキワリソウという花がありますが、キンポウゲ科は漢字、サクラソウ科はカタカナでと、使い分けられているようです。

さて、雪割草と一言で言ってもその種類は千差万別。
同じミスミソウでも花色、花姿はとても多く存在します。
野生の状態でも様々な色が見つかっていて江戸時代の頃から園芸用に注目されていた植物です。
f0126204_22355966.jpg

知れば知るほど奥の深い花ですが、開花時期は雪解けの時期。春を告げる花のひとつです。
キンポウゲ科にはそんな植物が多いですね。
福寿草や節分草、翁草やクリスマスローズも早春を彩る花たちです。

因みに僕の住む神奈川県では絶滅危惧Ⅰ類にされており、野生種を見ることは難しそうです。
国内では新潟が有名で、オオミスミソウが良く見られます。
栽培されるのもオオミスミソウが多いようで、花の変化がとても多く存在するそうです。

雪解け頃に咲き出す雪割草。
この花が咲きだすと春が本格的にやってくるような気持ちになります。
by nen_randir | 2011-03-10 00:01 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(2)