冬至とオキザリス

ヴェルシコロール
Oxalis versicolor

暦の上では昼の時間が一番短い日。
シャワーがほとんどなのでゆず湯には入っていないですが季節の変わり目となんとなく意識している日。
秋になってだんだんと短くなってきていた昼の長さがまた伸びていく。
意識してないと気が付かないけど植物はわかっていて早春の植物たちはしっかり準備しています。

写真はオキザリスのバーシカラーと言う花。
冬咲きなので花の少ないこの時期に楽しませてくれます。
バーシカラーと言うのは学名のヴェルシコロールを英語読みしただけ。
英名はキャンディケーンって言うみたいです。
なんかおいしそうな名前ですね(笑)

オキザリスは光を感じる力が強く、曇りや夜間は花を閉じています。
日本のカタバミなどは葉っぱも閉じていたりします。

桃の輝き
Oxalis cv.

こちらは桃の輝きと言う園芸種。
これも同じように暗いと花を閉じています。
先日の雨で二つともぴちっと閉じたままでやっと開いてくれました。
カタバミと同じ仲間ですがどちらも葉っぱの形が違います。
球根で休眠期があるのも違う所です。
どちらにせよカタバミ同様頑丈で育てやすいようで、園芸店に行けば500円玉1枚で数株揃っちゃうような普及種です。

寒さが本格的になる前にと少しずつ耐寒性が弱い植物を部屋に取り込んでいます。
忘れ物がないように気を付けながら。
日当たりがあまり良くないベランダなので取り込んで空いたスペースを冬でも成長しているものに入れ替えたりとこまごまとチェック。

休眠したものを引っ込めて日に当てたいものを特等席に出したりと意外にやることが多いな。
そうやっていろいろ見ていると植え替えしたくなる鉢も出てくるんだけどなかなか進まない。
バラの冬剪定もしなきゃなぁ。
なんて思いながら日付が変わっていきます。。。



by nen_randir | 2013-12-22 21:23 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

散歩@生田緑地 12月6日

生田緑地 

Facebookお友達の桜さんと生田緑地に遅めの紅葉散歩をしに行ってきました。

ネコ

都心方面を見渡せる枡形山の山頂広場にネコが居ました。
人を気にするわけでもなさそうだけどきっちり距離をとっていてあっさり逃げられました(笑)

落ち葉

時間はそんなに遅くないけど日が低いから長い影ができています。

紅葉

林の間から鮮やかな色が。
ちょっと色が強いかな?
色温度を下げても良かったかも。

メタセコイア

緑地の中ほど、ゆるい谷底にはメタセコイアの木がいくつも植えられています。
鮮やかなオレンジ色に染まった葉がとても綺麗に輝いています。

メタセコイア

見上げると青い空とオレンジ色が綺麗に混ざり合っています。
鮮やかな赤や黄色の紅葉もいいですがこんな色も好きです。

D51

日も傾いてきて広場にある機関車を撮っておしまい。
お付き合いいただいた桜さんありがとうございました(^^♪



by nen_randir | 2013-12-20 15:14 | TAMRON SP17-35mm A05 | Trackback | Comments(0)

東高根森林公園

東高根森林公園

ちょっと出遅れた紅葉を眺めに公園に。
なかなかアップできずにいたので写真は12月4日のものですが(^^;;


ヤツデ

日陰で大きな手を広げているようなヤツデ。
ピカピカ光るような光沢の葉がお気に入りの植物です。


モミジ

モミジはそんなに多くはないですが今年は綺麗に色づいていました。
タイミング悪く曇ってしまいちょっと鮮やかさに欠ける残念な写真になっちゃいましたが。



石垣

石垣にしがみつくように這っているのはノブドウでしょうか?
これも綺麗に色づいています。

タチツボスミレ

石垣の隙間にはいろんな植物が根を張っていますが特に多いのがタチツボスミレ。
日当たりが悪くても構わないとあっちこっちに根付いています。


ツワブキ

日陰がちのところにはツワブキが咲いています。
晩秋から初冬まで季節の入れ替わりを教えてくれるような花。


東屋 

池の上にある東屋。
その周囲はモミジがあります。
谷戸のような地形で日当たりはよくないのですがまずまずの色づき。
秋には足元でヒガンバナが群生を作ります。


ネコ

公園には数匹の猫が住んでいて暖かそうな場所を探すと出会えます。
人を気にはしていないけどちょっと警戒しているのでなかなか傍に寄れません。

駆け足の晩秋を巡って数日後は生田緑地へ行ってきました。
そちらの写真も後程書いていきたいと思います。


by nen_randir | 2013-12-12 10:37 | TAMRON SP17-35mm A05 | Trackback | Comments(0)