タグ:アジサイ科 ( 14 ) タグの人気記事

山紫陽花

山紫陽花
Hydrangea macrophylla serrata
アジサイ科アジサイ属ヤマアジサイ

園芸品種でよく見かける紫陽花は海岸沿いに分布する額紫陽花。西洋紫陽花と呼ばれるのも額紫陽花が海外で品種改良されたもので元々日本のもの。
それらと違って山地に生えるのが山紫陽花。
谷筋など半日陰で湿気の多いところを好みます。

その地域特有の花が多くありとてもたくさんの品種が各地にあります。

山紫陽花は主に関東以南の太平洋側の山地に多く日本海側に分布するものを蝦夷紫陽花として区別しています。

1枚目の山紫陽花は美方八重。兵庫県産の紫陽花で藤色の装飾花が美しい品種。

山紫陽花

こちらは品種不明。
四国産に似たようなのがあるけど違うかな?
青い装飾花がとても鮮やかでやや早めに咲き出します。

山紫陽花

こちらは園芸品種のベニ額。
古くから親しまれているようですがいつごろからあるのかはよくわかりません。

山紫陽花

開花が進むと装飾花が紅色に変わっていく鮮やかな色をした山紫陽花です。

山紫陽花

紫陽花は花が終わると写真のように装飾花(ガク)がひっくり返ります。
こうなったら今年の花は終わり。
切り戻しの合図です。

初夏には翌年の花芽の元を作り始めるので早めに切り戻してあげると樹形もコントロールしやすく翌年もしっかり咲かせられます。
夏以降に切り戻した枝は翌年の花芽が付かないことがあるので小さく育てたい場合は早めの剪定がいいでしょう。
その時に施肥もしてあげると花芽がさらにつきやすくなります。

家も来年へ向けて手入れを少しずつ始めています(^^♪
by nen_randir | 2012-07-16 19:53 | 季節の花 | Trackback | Comments(4)

紫陽花のお手入れ

f0126204_22115686.jpg

早咲きの山紫陽花が咲き終わってひと段落しました。
ちょっと遅めのガク紫陽花はもう少し楽しめそうですね。
7月に入ると遅咲きのノリウツギが咲き始めます。
もう少しで紫陽花の季節も終盤ですね。
f0126204_2219474.jpg

この写真は1枚目の紫陽花が咲き終わったもの。
写真のように装飾花がひっくり返ったら咲き終わりです。
よく見ると花の跡に種が出来始めていますね。
紫陽花は種が出来ても翌年の開花には影響がありません。
でも、樹形が乱れることがあるので早めの剪定がお勧めです。
気をつけないと花芽が葉っぱの下になって葉陰で咲くことになる場合もありますから(笑)

紫陽花の花芽は晩夏に作られます。
前年に伸びた枝の先端に出来るので花後に元気の良い枝を伸ばさせてあげるのが大事。
それには花が終わったら早めに剪定してあげることが必要です。
伸びる枝の高さが揃うように全体をそろえるように剪定してあげると翌年はこんもりと花を咲かせてくれますよ。
f0126204_22283738.jpg

剪定するのはここ。
葉の付け根に小さな芽がありますね。
この上で切ってあげます。
切らなくても勝手に伸び始めてきますが、翌年の花に高低差をつけたり高さをそろえてこんもりと咲かせたりと、花後の剪定が大事になります。
どこまで大きく育てたいかにもよりますけどね。

ってなわけで、神奈川はそろそろ紫陽花のお手入れをしないといけない時期です。
今度の休日は鉢増しとか剪定をしてあげようと思います(^^♪
by nen_randir | 2011-06-30 22:51 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(0)

またまた紫陽花

f0126204_21335497.jpg

紫陽花って日本の梅雨を代表する花木として定着していますね。
でも人気が出てきたのって第二次世界大戦の後だってご存知ですか?

古くは万葉集にも歌われた紫陽花だけど詠まれたのはほんのわずかしかありません。
園芸文化が栄えた江戸時代でも文献にはわずかに紹介される程度。
その頃にはヨーロッパに紹介され東洋のバラと呼ばれ海外で先に人気が出たんです。

古くからある歌などにより昔から庭に植栽されていたことはわかっています。
平安時代以降夜を連想させる歌が詠まれるようになりました。
ガク片が四枚であることから「よひら」と詠まれ宵を連想していたようだと見られています。
f0126204_21501289.jpg

鎌倉時代になると歌に詠まれる量は増えました。
鎌倉幕府のある鎌倉はガクアジサイの自生地が近いですから身近な花木だったのでしょう。
しかし、紫陽花そのものを詠んだわけではなく「よひら」と連想させる言葉にとどまっていたようです。

その後も歌などに登場することはあっても現在のような人気はなかったようです。
そして江戸時代にヨーロッパに渡った紫陽花は品種改良が進みセイヨウアジサイとして日本に逆輸入されます。
f0126204_2211683.jpg

鎖国が終わり西洋文化と共に日本に戻ってきたんですね。
でもまだまだ人気が出るには時間がかかりました。
古来より色の変化する紫陽花を移り気のあることとみなして道徳的ではないと見られていたからです。

戦後の日本は武士社会から大きく変化したためか、変化に富む紫陽花が好まれるようになっていきます。
新たな野生種も次々と見つかり、紫陽花の歴史の中でもっとも日の光を浴びている時代です。
日本を代表する自生種なのに国内で人気が出てきたのはここ数十年の話しなんですね。

今では海外原産の紫陽花も多く育てられるようになって梅雨時の代表格になっています。
紫陽花がここまで注目された時代はありませんでした。

紫陽花にとって黄金期なんですね♪
by nen_randir | 2011-06-25 22:46 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(2)

花火(墨田の花火)

f0126204_2345127.jpg


ガクアジサイの中でも近年人気があってよく見かけるのがこの花火。
近所の園芸店で安く売られていたのを去年植えました。
でも小さな株だったので今年は一房だけの開花になりました。
写真は近所の公園のものなどです。

f0126204_23101654.jpg

名前を花火と表記しましたが実際売られているのは墨田の花火と言う名前。
この品種名は某種苗会社が生産者さんのところで見つけたこの紫陽花に名前をつけて品種登録したもの。
それ以前は花火と名づけられて流通していました。

花火は紫陽花研究家の故山本武臣氏が横浜で見つけた品種。
ガクの柄が長くまるで花火が飛び散る様子から名づけたようです。
ずっと園芸品種かと思っていたけど出生はいまいちはっきりしないようです。

ともかく地元神奈川出身のこの紫陽花に思い入れがあります。
神奈川の地名ではないのが残念ですが、家のも大きくなるようにしっかり育てたいと思います。
f0126204_23195551.jpg

こちらが家で咲いた花火。
まだ枝数も少なくこれからの成長が楽しみな状態です(^^♪
因みにこの紫陽花のガクは写真のようにやや青みがかった白。
アルカリ性の土壌だとピンクにでもなるのかな?
試してみたい気もしますがこの色が好きです♪
by nen_randir | 2011-06-22 23:25 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(4)

紫陽花

f0126204_21295895.jpg

Hydrangea macrophylla
アジサイ科アジサイ属ガクアジサイ

紫陽花の季節がやってきました。
梅雨入りして雨の多い季節だけど紫陽花のおかげでなんとなく雨がうっとおしく感じないこのごろです。

主に関東から四国の沿岸部に分布する落葉性の低木で、日陰でも育つので重宝される樹木ですね♪

一見花に見える赤や青の部分は装飾花で、実際の花はとっても小さいんです。
f0126204_21444329.jpg

これが花のアップ。
丸いのは蕾です。
海外で品種改良されたものはこの花が装飾花に変わって球形の手毬状に咲く品種が日本でもよく植栽されています。
これらも全てガクアジサイなんです。

とても変化の多い紫陽花の花。七変化とも呼ばれるように花色の変化も話題になりますね。
紫陽花の色は変えられるのか?
よく聞かれる言葉です。

基本的に紫陽花は個体差によりそれぞれの色素をもっています。
土壌が酸性なら青花、アルカリ性なら赤花とよく聞きませんか?
だけど実際はもっと複雑な要素が絡み合っているのです。

青花の場合、ガクに含まれる色素がアルミニウムイオンと結合して青く発色します。
酸性土壌の場合、アルミニウムイオンが酸で土中に溶け出しやすくなるために青が発色するんです。

しかし、紫陽花の中には青い色素を持たないものもあります。そういうタイプは酸性土壌でも赤い発色しかしません。
f0126204_2232690.jpg

中には色素のない白花もありますよね。
古木になると真っ白に覆われて見事なものです(^^♪

基本的には青花のものは土壌改良で色を変化させることも出来ます。
土壌の酸度とアルミニウムイオンをコントロールすることで発色を変えて楽しむことも可能です。

ってなわけで青花が咲いてるから酸性土壌、赤花が咲いてるからアルカリ土壌とは言い切れないところがあります。
酸性土壌でもアルミニウムイオンが少ないと青が発色しないこともあるからですね。

1枚目の写真は土壌が複雑な環境のためにひとつの株に様々な色が発色したものです。
きっとアルミニウムイオンが足りなかったのでしょう。
様々な偶然がこんな不思議な紫陽花を咲かせているんですね!

早咲きの山紫陽花はすでに開花が終わりました。
今はガク紫陽花が最盛期を迎えて近所でも色とりどりの紫陽花を楽しめています。
我が家では北米原産の柏葉紫陽花も満開を迎えました。

これが終わると梅雨も終盤を向かえ夏へと向かっていきます。

苦手な夏がやってくる~(笑)

追記:今年は一本の山紫陽花の花、葉が食害に合いました。
数年前に県立公園で同じような食害を見ていて対策とかしないもんなのかな?
と疑問に思っていました。
色々調べると栽培書には紫陽花は毒があるので食害はないと書かれています。
そこでネットで調べるとアジサイハバチという害虫がいるとわかりました。
なぜ専門家は知らないんだろう?
昨年刊行の専門書にもこの害虫には触れていません。
紫陽花の栽培歴が浅いからまだまだ知られていない事もあるのかもしれません。

来年は食害はに合わないように対策を考えて行きたいと思います。
by nen_randir | 2011-06-19 22:19 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(2)

山紫陽花

f0126204_23563919.jpg

Hydrangea serrata
アジサイ科アジサイ属ヤマアジサイ

美方八重:兵庫県美方地方産の紫陽花です。
肥料バランスが悪く綺麗な色に咲いてくれませんでした(^_^;)
本来は紫がかった濃い青色になるんですけどね~

だいぶ前から咲いていたので終わりかけの写真になってしまいました。
剪定もしないで育てているので自由に枝を伸ばして花芽が今年伸びた枝の下になってしまいました(笑)
花後の剪定をして来年はこんもりと咲くように仕立ててみたいな。

f0126204_23564581.jpg

紅(クレナイ):長野県伊那地方原産

装飾花は始め白で日差しを受けるとだんだんと紅色に変わっていきます。
家は日当たりが悪いのでこのくらい色づけばいいほうかな。
それよりも!なぜかこの株だけ虫食いがひどいんです(>_<)
アップで撮ってるのはごまかすため(笑)
ちょっと勉強してもっと綺麗に咲いてくれるように防除してあげたいと思います。

地植えの紫陽花は花数こそ少ないですが元気に咲いてくれています。
昨年の猛暑がなければもっと花芽が付いたのかな?とも思いますが、また来年のお楽しみと言うことで。

昨年は暑くてあまり世話をしていなかったから上手く育ってないものもあります。
鉢植えなんかは樹木だから枯れなかっただけでかなりダメージを与えてしまったものもあります。
仕立て直しに数年かかりそうな状態にしてしまったものもあり反省です。
育てる以上は責任をもってしっかり面倒見なければいけませんね。

f0126204_23564858.jpg

庭にお客様がいました。
小さな生まれたばかりの蟷螂。
100mmで撮ってるから手振れが酷いけどww
庭の中の生態系もなかなか楽しいものになってきたように思います。

今年は震災の前に事故でバイクを潰してしまいました。
それから震災がありあまりもの酷さに仕事以外ほとんど外出をしなくなってしまいました。
身近で撮れる写真もそろそろ限界が近いな~なんて思っているけれどいまだに外に出る気力がありません。
うつ病もちの自分にとってかなり悪い状況が続いています。
ここで話すと暗くなっちゃうのでやめておきますけど。。。

ま、そんなわけでバラの合間に身近で咲いてる花をお届けできるように近所をうろうろして見たいと思います。
元気を出して行きたいと思います(^^♪
by nen_randir | 2011-06-09 00:26 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(0)

山紫陽花

f0126204_2318917.jpg

Hydrangea serrata
アジサイ科アジサイ属ヤマアジサイ

庭の山紫陽花が咲き始めました♪
紫陽花の花は真ん中で団子みたいになっている小さなものが実際の花です。
周辺の青い部分は装飾花でガクになります。
そのガクが地域によってまったく違うものが多く、とても沢山の品種が日本には自生しています。

紫陽花が咲くといよいよ初夏なんだなと感じる。
山紫陽花は一足先に咲く紫陽花だけど普通の紫陽花も近所で蕾が色づき始めてるのを見かけます。

バラの季節も最盛期で華やかな季節ですね!
by nen_randir | 2011-05-25 23:37 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(2)

山紫陽花 雪小紋

雪小紋

さてさて3回続いた紫陽花の画像もこれで終わりです。
ネタもつきたので来年までのお楽しみ(^^♪

次回はこの間行ったバラ苑のボランティアの様子をご紹介します。
と言っても草むしりしてただけですけどねww
by nen_randir | 2010-06-24 20:52 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(4)

山紫陽花2種

f0126204_22544719.jpg

左、「石槌の光」右、「乙女の舞」

紫陽花は土のアルミニウムイオンの影響で花色が変わります。
だからこの二つの紫陽花も色を入れ替える事が出来ます。
最近は専用の用土や肥料が充実してきて自分好みに育てやすくなってきています。
ま、これらは花色が気に入って購入したのでそれぞれ専用の肥料で育てたいと思います(^^♪

追記:乙女の舞は別名「木沢の光」「沢アジサイ」とも呼ばれ日本各地に分布するようです。
関東地方では白花もあるそうです。
「石鎚の光」は四国原産で石鎚山から名を取ったものでしょう。
奥が深いなぁ
by nen_randir | 2010-06-21 22:58 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(4)

山紫陽花

f0126204_10243595.jpg

Hydrangea sp アジサイ科アジサイ属ヤマアジサイ

アジサイ科って分類は一部使われない場合もあります。アジサイは元々ユキノシタ科で、最近の分類でアジサイ科ができたばかり。だから本によってばらばらな解説になってる事があります。
僕はとりあえずアジサイ科で統一しようと思います。

早くも開花株が売っていたので早速買ってしまいました。
今年は季節の花々を集めて、来年には季節ごとの花をリアルタイムにお届けできるようにしたいと思います(^^♪
by nen_randir | 2010-04-02 10:43 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(16)