タグ:イカリソウ ( 2 ) タグの人気記事

イカリソウ

イカリソウ 夕映え
Epimedium cv.
メギ科イカリソウ属

芽吹いた葉が赤みのある夕映えと言う園芸種。

黄花イカリソウ
Epimedium koreanum
メギ科イカリソウ属キバナイカリソウ

黄花イカリソウ。

イカリソウ 羽衣
Epimedium cv.
メギ科イカリソウ属

繊細で小型のイカリソウ、羽衣。

いろいろな花が咲き出し春本番と言ったところですね。
園芸作業に忙しさを感じながらもできていることに自分の調子具合が判断できる材料にもなっています。

ここ最近花見など出かけることが多くてその分精神的な疲労が増していますがゆっくりあせらずにを心がけています。
去年は初夏ごろからうつ病が悪化して散々な目に会いましたが今年はどうなるんだろうと不安を抱えながら過ごしています。

ま、深く考えると落ち込むので気をつけていますけどね。

あちこち出かけたおかげでブログにアップしきれない写真がいっぱいあります。
とりあえずクラウド上にアップしてあるアルバムのリンクを載せておきます。
個別に紹介できればいいのですが記事を書く余裕がないうちに鑑賞時期が過ぎてしまいそうなので(^ ^;;

3月28日 城山かたくりの里

4月1日 世田谷 砧公園 サクラサク

カタクリを見に行ったり桜を見に行ったりお花見の季節です。
by nen_randir | 2014-04-11 11:22 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)

イカリソウ

f0126204_21175249.jpg


Epimedium grandiflorum var. thunbergianum
メギ科イカリソウ(碇草)

落葉性多年草。
北海道から本州にかけて分布します。
日本海側には冬でも葉を落とさないトキワイカリソウが分布しています。
イカリソウは地域差があるようで種の同定が難しいそうです。
花の色は薄いピンクが多いようですが白花や黄花などもあります。

f0126204_21391928.jpg


花の形が船の碇に似ていることから名づけられました。
自生地は雑木林の中などで日当たりのいいところでも見かけることがあります。
薬草としても有名で、生薬名を淫洋藿(いんようかく)と言います。
効能は滋養強壮やひざや腰の冷え、痛みに飲用。
また、焼酎につけて飲用することも多いそうです。

f0126204_21492226.jpg


花はこんな感じ。
一度見たら忘れられそうにないですね(^^♪

f0126204_21565883.jpg


白花も咲いてました。
この公園では日当たりのそこそこある斜面に咲いてました。
日照の少ないところでは生えていませんのである程度日当たりのよいところに生えるようですね(^^♪

おまけ
by nen_randir | 2007-04-16 22:11 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(10)