タグ:キンポウゲ科 ( 70 ) タグの人気記事

雪割草

雪割草
Hepatica nobilis
キンポウゲ科ミスミソウ属雪割草

早春の花がぽつぽつと咲き始めていますがいくつかある雪割草が見頃になっています。
とは言っても昨夏に適当な水やりをしてしまい一部の葉っぱが秋まで残らなかった。
その為花付きがいまいちなものが出てしまいやっちまったと反省中であります(^^;;

雪割草

この株が一番綺麗かな。
葉っぱも綺麗に残ったし。
多分頂き物。どれがなんだかわからないものばかりなんで(苦笑)

先日の春一番で一気に気温が上がりましたが風が収まると北の高気圧に覆われまた寒さが戻ってきました。
明日は雨の予報なのでもうちょっと寒くなるのかな?
でもその後は暖かさが復活するそうなので春らしさを感じる日が増えるでしょう。

そろそろいつものカタクリを見に行く日をいつにするか考え始めています。
by nen_randir | 2014-03-19 21:37 | 季節の花 | Trackback | Comments(4)


Helleborus

年が明けてしばらくは穏やかな天候でしたが1月も終わる頃には冬らしく厳しい寒さに加えて数十年ぶりという大雪で地植えのヘレボルスがだいぶ遅れました。
鉢植えのお手入れは済ませていたのですが地植えは雪に埋もれてしまったので溶けるまで放置。
で、暖かくなった今日、やっと地植えのお手入れをしました。

Helleborus

お手入れ後のヘレボルス。

いったい何をするのかと言うと、去年の古い葉を刈り取る作業です。
大抵のヘレボルスは春に葉を出して次の春まで光合成をしています。(暑い夏などは休眠したりしますが。)
で、早春に花が咲くとやや遅れて新しい葉が出てきます。
古い葉が残っていると新しい葉の成長を邪魔してしまうことがあるので切り取ります。
まぁ普通は古くなるとペタッと横に倒れて最終的には勝手に干からびていくのですが枯葉はカビの原因にもなるので早めに処分と言うわけです。

Helleborus

この株も蕾がほとんど見えないくらいに葉っぱで覆われていたので切ると沢山の蕾が隠れていました。

わさわさと茂っていた葉っぱが無くなって見た目もすっきり。
そのかわりゴミ袋がいっぱいになっちゃいましたけど(^^;;
ごみの収集日の前にやっておけばよかった。。。

もう1週間もすると気温が上がってくるとの予報ですが植物たちはしっかり春を感じていて動き出しているものがいっぱい。
園芸作業が一番忙しくなる季節です。
楽しみながら毎日の変化を見ていきたいと思います(^^♪
by nen_randir | 2014-03-07 21:30 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)

羽衣キンポウゲ


羽衣キンポウゲ
Ranunculus calandrinioides
キンポウゲ科キンポウゲ属ハゴロモキンポウゲ

冬の寒さを感じる晩秋に新しい葉っぱを出して年を越したころから蕾が見えてくる花があります。
生育時期は水仙などにも似ている羽衣キンポウゲ。
ラナンクルス・カランドリニオイデスと学名で呼ばれることも多いけど和名の羽衣キンポウゲの方がしっくりくる花姿。

原産地は北西アフリカ、モロッコのアトラス山脈と言う所。
どんなところか想像するしかできないですが結構高地でアフリカと言っても地中海を挟んでスペインの南側。標高4000m級の山もある高山地帯です。
いつごろから栽培されているのかわからないけど比較的育てやすい高山植物です。

羽衣キンポウゲ

小さな蕾が見えてからゆっくりと時間をかけてふわりとほどけるように開いていく花は羽衣と言いたくなる優雅さを持っています。
栄養状態によって花弁数は変わるようで通常が5枚ですが手前側の花弁が欠けてしまいました。

晩秋から初夏まで地上部があり夏は根だけ残して休眠します。
今くらいが葉をよく茂らす時期に入るのでしっかりと栄養を蓄えてもらえるよう葉っぱを大事に適度な肥培を。
葉っぱは粉状のものが付いていて良く水を弾きます。もしかしたら長雨に弱いのかもしれないですね。
古くなった葉っぱは粉が剥げてきて新葉と入れ替わるように枯れていきます。

来年も綺麗に咲いてくれるよう元気に育ってもらいたいものです(^^♪

家のは去年の春に購入したものなのでいつまで花が咲いてるかよくわかりません(^^;;
まだこれから次が咲くのかわからないけどちょっと期待しながら育てようかなと。



by nen_randir | 2014-02-21 20:11 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)


シルホサ ジングルベル
Clematis cirrhasa 'Jingle Bells'
キンポウゲ科センニンソウ属シルホサ ”ジングルベル”

多種多彩なクレマチスの仲間にはこんな時期に咲く品種もあります。
こんな時期に成長するだけあって夏は苦手。
暑くなると葉を落として休眠しています。

35mmのマクロレンズを購入してからいろいろと試し撮りしています。
今までは100mmだったのでこうやって手で支えながら撮るとのけぞるような姿勢でないと被写体がフレームに収まらないんです。
無理な姿勢をしないといけないためぶれることが多く難儀していました。
逆に離れた被写体やカメラをしっかり両手で保持出来る場合は望遠らしいとろけるようなボケを楽しめたりといい所もある。

そんなわけで片手でも負担にならないレンズが欲しかったわけだけど、おかげで今までできなかった撮り方をいろいろ試して遊んでいます。
今までよりも被写体に寄らないと大きく写すことが出来ないことに気が付いて当たり前のことが変わるといろいろ大変だなと。
焦点距離が短いとシャッター速度もかなり稼げるので100mmとの違いに戸惑うことも多い。
望遠と標準のマクロが二つそろって幅が広がりましたが使いこなせるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。



by nen_randir | 2014-02-07 16:28 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

Helleborus hybridus
Helleborus hybridus

暖かさにつられて早春の花が咲き始めました。
手持ちの交配種のなかでお気に入りのひとつ、ウィンターシンフォニーシリーズの桜色ダブル。
柔らかい色合いと大きすぎない形がとても気に入っています。
春に株分けしてそのまま明るい日陰管理だったためか今年は花数が少なそうです。

Helleborus hybridus

花弁の外側はやや色が濃くかすれたような桜色が入ります。

株分けした子株は葉が茂ってきてるので花を咲かす気はないようです。
まぁ体力をつけてもらわないといけないですからもうしばらく養生してもらいましょう。

おまけ
Helleborus niger
Helleborus niger

ほぼ開花のピークを迎えたニゲルの選抜種、パウロ。
1月の上旬に咲きはじめます。
これの野生種がヨーロッパではクリスマスローズと呼ばれています。

春の花が勢いづいてきた。
まだまだ寒い日もあるだろうけど春が始まったなと感じる今日この頃です。


by nen_randir | 2014-01-31 15:56 | Helleborus | Trackback | Comments(0)

節分草

節分草
Shibateranthis pinnatifida (Maxim.) Satake et Okuyama
キンポウゲ科セツブンソウ属節分草

写真を撮るだけ取っておいてなかなかPCに向かう気分になれずに放置していましたが暖かくなってきたので少しでもペースアップしようと久しぶりの投稿です(笑)

2月の初め、数日前まで日陰でカチコチに凍っていた節分草を日当たりのよいベランダへ移動しました。
氷が解けてすぐに芽が動き出してにょきにょきと花芽を出してきてよくまああんな凍った状態からすぐに成長を始められるもんだと植物の強さに感心します。

節分草

温かい陽射しに蕾も見えてきました。

節分草は関東以西の石灰岩質に多くみられるとのことですが土地の開発などで激減していて現在はほとんどの自生地が地元の人々によって保護されています。
前年の晩秋ころから芽が動き出して土の中で春が来るのをじっと待っています。
花が終わるころに葉を茂らせて春の陽射しをたっぷり浴びて初夏には休眠してしまうスプリングエフェメラル。


開花したのは2月の7日でした。
もうちょっと早くベランダに移していたら名前の通り節分のころに咲いたかな?
シベの色と真っ白な花弁(実際はガク)がとっても美しい花だと思います(^^♪

球根植物で年数を経た大株になると数十本の花を咲かせるようになるそうです。
春しか成長しないのでこの時期の施肥がとっても大事。

節分草

昨年蒔いた種も1年かけてやっと発芽しました(^^♪
成長期に合わせて発芽するんですね~
双子葉植物なので普通は葉っぱが2枚の双葉が出ますが節分草はなぜか1枚で双葉となります。
おかげで雑草と見間違うことがなくて便利かも(笑)
今年も種が出来たら蒔いておきたいと思います。

そろそろ春も本番になってきて最低気温もマイナスの日が少なくなりました。
春の植物がどんどん目覚めてきます。
世話に忙しい季節でもありますが身体を動かすにはちょうどいい季節ですね(^^♪
by nen_randir | 2013-02-27 17:03 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)

Helleborus niger
Helleborus niger
キンポウゲ科ヘレボルス属ニゲル

クリスマスローズの原種の一つニゲルが見ごろを迎えています(^^♪
キンポウゲ科のヘレボルス属は冬から春にかけて花が咲くものが多い。
その中で年末から咲き始めることの多いニゲルをヨーロッパではクリスマスローズと呼びます。
日本ではこれらを含む園芸品種の総称として使われています。
そのため春に咲くものもクリスマスローズとされてしまっています。
ファンの間では呼称を属名のヘレボルスで呼ぶ方が増えてきましたが園芸店ではクリスマスローズとひとくくりにされています。
園芸種をそう呼ぶという感じで定着してしまっているので後から変えるのも難しいんでしょうね。

Helleborus niger

キンポウゲ科の花は花弁がないか退化したものが多くこの白い花弁に見える部分はガクです。
この場合、シベの根元にある湾曲した黄緑色のものが花弁。
ガクは花が終わってもしばらく残り次第に暗色に変化していきます。
植え替えて間もないものとかは早目に花を摘んじゃったほうがいいけどしっかりした株なら花後もしばらく楽しんでもいいと思います(^^♪

Helleborus × hybridus
Helleborus × hybridus
ウィンターシンフォニーシリーズ

園芸種も咲き始めました(^^♪
まだこれ一輪だけですが去年は作落ちしてほとんど咲かなかった株が綺麗に復活してたくさん蕾をつけてくれました。
桜色の八重品種。
ほんのりとしたピンクで優しい感じがとてもいいです。

冬に咲くため蕾が見えてからの成長がとっても遅く焦らされますがその分長く楽しめるようにも思います。

そろそろ福寿草も蕾が動き出しそうですし早くも春の気配がしてきています。
強烈な寒波で寒い日が続いていますが植物は凍りながらもしっかり春を感じているようです。
バラの冬剪定も一応済ませたし春を迎える準備は出来ましたよ(^^♪
by nen_randir | 2013-01-27 21:13 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

チベタヌスの植え替え

ヘレボルス・チベタヌス Helleborus tibetanus
Helleborus tibetanus

半年ほど前に調子を崩しているかもと植え替えたチベタヌス。
一般的には秋に植え替えをすることが多いです。
で、根の状態を見て見たくてうずうずしてしまったので植え替えをしちゃいました(笑)

前回の植え替えの様子はこちら
3枚目の写真が綺麗にした根の状態です。
古い根が枯れてとっても貧相な株でした。
これが半年で上のように根がわさわさ!

抜いてみたときはそんなに変わってないような気がしていましたが、改めて前記事を見てみたらこんなに違うんですね。
芽数も増えてだいぶ復活してきたようです(^^♪

来春用の芽は一見去年と変わらないように思います。
とするとまた葉芽なのかな?
それとも花芽は後からできるのか?
よくわからないけどどちらにしても来春が楽しみです。

今までは月に一回程度の液肥のみでしたが元肥に化成肥料を入れて成長を促進させてみたいと思います。

ホトトギス 青龍

春の終盤頃から体調がよくなくてふさぎ込んでることも多かったけど夏が過ぎて涼しくなるころから急にやる気が出てきました。
薬が変わったわけでもないのになんだったんだろう?
そんなわけでずっと放置してしまっていた植え替えなどここのところ頑張っています。

そうこうしているうちにホトトギスが咲いたりダリアが咲いたりと秋の花がにぎやかになってきています。

松虫草

この松虫草は日本産のスカビオサ。
園芸用に海外種が多く栽培されていますが日本にも自生しています。
二年草(発芽翌年に開花)なので種採り用に購入したものが咲き始めました。
腰高くらいの背丈で脇芽を伸ばして一株でも結構花が咲いてくれます。

庭で育ててみたいんだけど湿度の高い蒸し暑い我が家では無理かな?
種が採れたら鉢植えと両方で試してみようと思います。

たまりにたまった園芸作業のうち後は庭に植える苗が少しとバラの枝整理を残すくらいになってきました。
一気に動いたのでちょっと嫌な感じの疲れ方をしていますが後はゆっくり作業していこうかなと。
水やりの頻度も減ったしのんびりと楽しめる時期ですしね。

f0126204_22155147.jpg


夕方買い物を頼まれて歩いてたら足元に小さな花が。
こういうの好きだな~とiPhoneでパチリと。
草花火に似ているなぁと調べてみたらハゼランと言うお仲間の植物でした。
帰化植物ですが小さな花が可愛らしく帰り道に生えていた小さな苗をお持ち帰り。
鉢植えでどんなふうに育つか試してみようと思います(^^♪
by nen_randir | 2012-10-04 22:24 | 植物栽培 | Trackback | Comments(0)

センニンソウ

センニンソウ
Clematis terniflora
キンポウゲ科センニンソウ属センニンソウ(仙人草)

近所の広い庭のあるお宅にふと花が咲いているのに気が付きました。
敷地の半分は手入れのされていない急斜面の林になっていて子供のころの遊び場でした。(今は柵があって入れない)

ふと気が付くと小さな花が沢山咲いている。
もしやとよく見てみるとセンニンソウでした。
日本の野生のクレマチスの一つで晩夏から秋にかけて咲きます。
つるを長く伸ばして木に絡まりながらこんもりと茂って節から花芽を出してたくさんの花を咲かせます。

センニンソウ

柵があるので近づけないけど手の届きそうなところで咲いていたのをアップで。

ちょっと山の中に入れば普通に見られるクレマチスだけど栽培用にも出回っていて時々園芸店で見かけます。
以前丹沢で見たセンニンソウは花が終わって種になっていた。
種にはひげ状の毛が生えていてそれが丸いポンポンのようにくるっと丸まっています。
その姿から仙人を連想されて名づけられています。

いつか見てみたいなと思っていた花をよく通る所で見かけるとは思ってもいなく、思わぬ発見になりました(^^♪
by nen_randir | 2012-08-27 22:10 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(0)

レンゲショウマ

レンゲショウマ
Anemonopsis macrophylla
キンポウゲ科レンゲショウマ属レンゲショウマ(蓮華升麻)

晩夏から秋にかけて咲く1属1種の日本の固有種。
東京の山地にも自生地があり比較的身近な山野草。

日陰を好むので直射日光に弱い。
山では少しくらい日が当たっても大丈夫だろうけど低地では直射日光ですぐに傷んでしまいます。
その分植えられるものが少ない日陰のスペースに最適な植物で海外でも人気があるようです。

僕は先日蕾付きを買ったばかりなので1年の管理をまだ実践できてないけどとりあえず1番花を見てほかの蕾は摘んでしまいました。
来年に向けてしっかりした株に育つといいんだけどな。

朝晩が少し涼しくなってきましたね。
日中はまだ暑いけど夜の涼しさを植物も感じているようで種から発芽したものがちらほらと出てきました。
暑さに弱い植物はまだ夏の休眠状態ですが少しずつ秋を感じて動き始めている植物もあります。
水やり以外の園芸作業もぽつぽつと始めました。
もう少ししたらバラも夏の剪定です。

なかなか雨が降らずカラカラな状態が続いていますがもう少し水やりをマメに頑張って涼しくなるのを待ちたいと思います(^^♪
by nen_randir | 2012-08-26 21:58 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(4)