ジロボウエンゴサク

ジロボウエンゴサク
Corydalis decumbens
ケシ科キケマン属ジロボウエンゴサク

近所の森林公園にジロボウエンゴサクを見に行きました。
ちょっと早いかなとも思いましたけど満開に近い状態になっていました。

ニリンソウ

近くにはニリンソウの茂みがちらほらと。
開花も始まっていました。

公園内なので植物自体の採種は出来ないけどジロボウエンゴサクのタネを採らせてもらおうと思っています。
タイミングよく行ければいいのですが。
by nen_randir | 2014-03-27 13:07 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

ケマンソウ Dicentra spectabilis
Dicentra spectabilis
ケシ科コマクサ属ケマンソウ(華鬘草)

長く伸びた水平の花穂にぶら下がるように花をつけるケマンソウ。
その姿から別名タイツリソウ(鯛釣り草)とも呼ばれます。

中国原産の宿根草で冬は休眠のため地上部が枯れます。
暑さに弱いので半日陰で管理しますが、暑すぎると夏早くに休眠してしまいます。
できるだけ栄養を蓄えてほしいので葉を長持ちさせるのが大事です。

この株は近所の団地のオープンガーデンに植えられてるもの。
この時期はまだ日が低くほとんど日陰になってしまいます。
それでも結構たくさんの花をつけていて見ごたえのある株に育っていました。

ケマンソウ Dicentra spectabilis

こちらは白花品種。
白は学名でアルバと言います。
名前にアルバと付いていたら何かが白い特徴を持っているんだなと思ってください(^^♪

こちらもたくさん咲いています(^^♪
環境が気に入ってるんでしょうね。

日が高くなるにつれてだいぶ暖かい日が増えてきました。
日当たりのいいところに置いていたカタクリの葉がちょっと焼けてしまいました(^^;;
出来るだけ長く光合成してほしいので日陰で頑張ってもらおうと移動させました。

コマクサ Dicentra peregrina

家では先日購入したケマンソウの仲間、コマクサがあります。
高山植物ですが暖かい低地では早くも蕾が膨らんできています。
花の形をした蕾が日に日に大きくなっていて楽しみですが、問題はそのあと。
高山の涼しく湿気の少くないところに生えてますから平地の高温多湿が苦手。
売られているものは実生栽培で平地に順応してきていると言いますがそれでもやっぱ難しいそうです。

本当は素焼き鉢に植え替えたいのですけど今根をいじるのは大丈夫なのか不安で買ったままになっています(^^;;
夏を無事に越せれば安心して植え替えられるんですけどねー
本格的に暑くなるまでにどうにかしないとと悩む毎日です(笑)
by nen_randir | 2012-04-19 21:58 | FA43mmF1.9Limited | Trackback | Comments(4)

ヒマラヤの青いケシ

f0126204_22281996.jpg

Meconopsis sp ケシ科メコノプシス属

俗称「ヒマラヤの青いケシ」にちなんだアオイケシと呼ばれる事があるけど、標準和名はないようです。
とても美しい花ですが名前のとおりヒマラヤ地方の高山植物。日本では北海道や本州の高地などで栽培は可能だけど大抵のところでは栽培が不可能です。
それでも売ってるんですよね。
開花見込みの株や咲いた状態で。でも1年草だから花が終わったらほんとに終わり。種が取れても発芽率は悪いし寒冷地でないと育たない。
それなのに1000円以上の高値がついている。
いいのかなぁとふと疑問に思うのです。。。。
by nen_randir | 2010-05-14 22:40 | Optio 750Z | Trackback | Comments(8)

アイスランドポピー

f0126204_1937976.jpg


Papaver nudicaule
ケシ科アイスランドポピー

以前から見てみたいと思っていたポピーの花畑。
今日は天気がイマイチと言っていたので朝からどうしようかソワソワと(笑)
結局出かけてきました国営昭和記念公園へ(^^♪

f0126204_1948934.jpg


昼過ぎに到着すると時々薄日が射してきました。
ポピーには日差しが似合うなと勝手に思っているのでこれはいいぞ~と(^^♪

f0126204_19504419.jpg


ここに植えられているのはゲルフォルントジャイアントと言う品種だそうです。
10万株もあるそうです(^^♪
アイスランドポピーはシベリア原産で寒さにはとても強いが暑さに弱く、日本では1年草として扱われます。
ポピーはケルト語のパプ(粥の意味)が語源になってるそうです。

f0126204_2011746.jpg

※この写真のみ100mmマクロ

おしべの本数が凄いですね!

f0126204_20115314.jpg


花と同量かそれ以上の蕾が花の下で開花を待っています。
まだまだ見ごろは続くようで、もうしばらく楽しませてくれそうです。

f0126204_20135961.jpg


薄い花弁が日差しを浴びるととても綺麗に輝きます(^^♪

おまけ・・・こんなイベントもやっていた
by nen_randir | 2007-04-22 20:36 | FA☆85mmF1.4 | Trackback | Comments(12)