タグ:スミレ科 ( 9 ) タグの人気記事

すみれいろいろ

スミレ Viola mandshurica
Viola mandshurica
スミレ科スミレ属スミレ(菫)

道を歩いているとあっちこっちにすみれが生えています。
家の辺りはこんな色のスミレが多いかな?
白地に青紫のぼかしが入ったような花。アスファルトの隙間から元気に咲いていました。

スミレ Viola mandshurica

こちらは同じようなぼかしが入るけど紫が強いもの。
栽培品種で「ゆうぎり」と言います。
すみれって全体を指す時は平仮名、品種を指す場合はカタカナと一応表記方法は決まっています。
でも言葉では伝わらないので標準のスミレを指す時は学名のマンジュリカと呼ぶ人もいます。
地域ごとに個体差があって種の判断がつけにくいのがまた難しくもあり面白いところ。

キリガミネスミレ Viola mandshurica×v.patrinii
Viola mandshurica×v.patrinii

こちらはキリガミネスミレ。
栽培品です。
通常のスミレより白い部分が多く青い筋が入っています。
スミレとシロスミレの自然交雑種。
色の濃さに個体差があってほぼ真っ白に筋だけ入るものからこちらのように青味がかるものまでいくつかタイプがあります。
こういうタイプ違いとかがあるから余計惑わされるんですよねw
何が違うんだろうと悩むのもまた楽しかったりもするんだけど。

ミスズスミレ Viola cv.

ミスズスミレ

こちらは交配種です。
基本のスミレに別のスミレを交配した園芸種。なのですが、ミスズスミレにはいくつかの品種がありそれぞれ名前がついてるんですがこれは名札を無くしてしまいよくわかりません(^^;;
正面は純白で花弁の裏側が青い面白い花色をしています。

タチツボスミレ Viola grypoceras
Viola grypoceras

日当たりのよいところでは普通のスミレが多いです。
逆に半日陰や森林の縁などに咲いてることが多いのがこのタチツボスミレ。
葉が丸型で横に這う茎を出して群生を作りやすいタイプです。
まれに白花や桃花があるそうですが家の辺りでは標準的なこの色ばっか。
大きな塊になってるのでよく目立ちます(^^♪

最近は外来種のヴィオラ ソロリア(アメリカスミレサイシン)を見かけることも増えました。
栽培されているものが飛び散って咲いているようです。
すみれの種は開花時期以外にも作られていて秋まで実をつけます。
その実にはエライオソームと言う物質が付いていてアリがこれを好みます。
こうしてアリに運ばれた種子はあっちこっちに生えてきて分布を広げていきます。

園芸目的で外来種を育てる場合はできるだけ外に出さないように工夫することも必要かと。
でないとタンポポのように普通に見られるのが外来種ってことになりかねませんからね。
家も頂き物でソロリアを栽培していますが実を作らせていないのに庭に勝手に生えてきましたw
いつの間にかにと思いましたけどどっかから飛んでくるんでしょうね。
邪険に扱うのもなんなのでそのままにしていますが実際の所栽培種の日本のスミレもあっちこっちに飛んで行ってるんでしょうね。

育てているものが勝手に野生化するのはどこまで許容するか悩むところです(^^;;

追伸
品種名に誤りがあったので修正しました。
by nen_randir | 2012-04-27 20:58 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)

サクラタチツボスミレ

サクラタチツボスミレ Viola grypoceras f. rosipetala
Viola grypoceras f. rosipetala
スミレ科スミレ属タチツボスミレ

タチツボスミレの桜色をした品種。
品種と言っても園芸的なものではなく自然に存在する品種です。
大半のタチツボスミレは薄紫色で日本全土に分布します。
大抵普通に見かけるすみれがタチツボスミレです。
中にはこのように桜色をしたもの、色が抜けて白になったものなどいくつかの変種が見られます。

タチツボスミレの仲間は地上茎をもち、地を這うように広がっていき時に素晴らしく大きな株に出会うこともあります。

家の辺りでは通常のすみれよりやや遅く咲き始めてタチツボスミレが咲くとすみれの最盛期かなと感じます。
このころには桜(染井吉野)もほぼ散っていて春も中盤に差し掛かる季節の動きを感じる頃です。

このサクラタチツボスミレは庭の木陰に植えたもの。日光不足かちょっと葉が背伸びしています(^^;;
でも柔らかい日差しを浴びて綺麗な色に咲いてくれました。

バラにも蕾が付き始めていろんな花がその時を待っています。
にぎやかな季節になってきましたね(^^♪
by nen_randir | 2012-04-15 21:08 | FA43mmF1.9Limited | Trackback | Comments(2)

ヒゴスミレ

ヒゴスミレ Viola chaerophylloides
Viola chaerophylloides

香りのよいヒゴスミレがほぼ満開になりました(^^♪
種が良くできるので勝手に増えて鉢一杯にこんもりと茂っています。
あっちこっちの鉢に飛び込んで繁殖していますがなかなか憎めずそのまま同居させているものも多いです。

ちらっと以前も書きましたがいろんなスミレが飛び込んで占拠してしまった鉢があります。
そこにはエゾエンゴサクと言う山野草が植わってるのですが枯れることもなく無事に蕾が上がってきました(^^♪
メインはエゾエンゴサクですからその内分けてあげないといけませんね(^^;;

紅鶴 Viola cv.

紅鶴も咲き始めました。
エイザンスミレとベニハナナンザンスミレとの交配種と言われていて赤味の強い品種。
これまた香りが強くて好きなスミレです。
育ててる環境はどれもそんなに変わらないのですが紅鶴はあまり大きくなりませんでした。
大きくなりにくいのか育て方に微妙な違いがあったのかこれから注意していきたいと思います。

バラの芽もだいぶ開き葉が青々と茂っている株も増えてきました。
そんなこの時期になると厄介な害虫も出てきます。
今日はアブラムシを発見したのですが困ったことに育てるのが難しいミニバラのペパーミントコルダナについていました(>_<)
なかなか育ってくれなくて一番気難しく扱ってるものに真っ先につくだなんて嫌がらせですかね(^^;;

これから気を抜けない日々がやってきます。
っていうほどマメじゃないんですけどね(^^;;
by nen_randir | 2012-04-05 22:27 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(4)

コスミレ

コスミレ Viola japonica
Viola japonica
スミレ科スミレ属コスミレ(小菫)

コスミレとは言うけどすみれのなかでもやや大きめ。
葉はスミレよりも幅の広い丸みのある三角。

風が強かったけど思ったより雨が降ってなかったのでちょっと近所を散歩。
梅林を見に行ったら風でだいぶ散っていた。

梅の下にはあちこちでオオイヌノフグリが咲いていた。
そろそろ春の主役が変わる頃かなと眺めていたらふと違う色が目に入った。
近づいてみるとコスミレだった。

へぇ~ここにもあるんだと何となく嬉しい気持ちでカメラを向けました。
辺りを見回してもこの一株だけ。

君はどこからやってきたのかな?

春の嵐は1日中窓をがたがた鳴らしていました。
よく確認はしていないですが鉢が転がったり程度の被害です。
でも風がやんでから冷えはじめましたね。

今朝は風邪気味だったのでぶり返さないように気を付けたいと思います。
by nen_randir | 2012-03-31 23:40 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(0)

スミレ咲く季節

コスミレ Viola japonica
Viola japonica

先日近所の桜の様子を見に行った帰り。足元に薄紫の花が点在していることに気が付きました。
分布域は広いようですが初めて見るスミレで帰って調べたらコスミレだとわかりました(^^♪
コと付く割には大きめの花でオレンジのシベが良く見える早咲きのスミレです。
始めは花色が似ているタチツボスミレかなとも思ったのですが葉の形状が全く違うので、お~これは見たことないものだ!と喜んで写真を撮っていました(^^♪

ノジスミレ Viola yedoensis
Viola yedoensis

こちらはそのあと近所の駐車場で見つけたスミレ。
自信はないけど多分ノジスミレ。
こちらもやや早咲きです。
花弁がとても綺麗な色をしていますね。
ノジスミレもスミレ同様本州以南に広く分布。正直このタイプのスミレは図鑑を持っていないと識別不可能(笑)
普通のスミレによく似ていますが葉の幅がやや太かったりちょっとだけ特徴が違います。

アスファルトの隙間からど根性で咲いていましたw
隣の葉っぱはたぶんアメリカフウロ。小さな花を咲かせるフウロソウの仲間です。

ヒゴスミレ Viola chaerophylloides
Viola chaerophylloides

こちらは家で栽培しているもの。
そろそろ見頃を迎え始めているヒゴスミレです。
香りの強いスミレで近くにいるだけでふわりと優しい甘い香りが漂ってきます。
昨年は葉が良く茂りすぎて花が埋もれてしまいましたが今年はいいバランスで咲いてくれています。
通常は山地に分布するスミレですが栽培種は低地にも分布する中国産だと言われています。

葉に特徴があり細い葉が枝分かれして一枚の葉が5裂に枝分かれします。

ベニバナナンザンスミレ Viola cv.
Viola cv.

こちらはたぶんベニバナナンザンスミレの「紅鶴」。
園芸種ですが紅鶴として流通するものとベニバナナンザンスミレとして流通するものがあります。
なぜたぶんなのかと言うと飛び散った種から発芽したもので、どちらの花も近くにあるという面倒な状態だから(笑)
この花が咲いている鉢は本来エゾエンゴサクと言う春だけ姿を見せる植物が植わっています。
初夏には枯れてしまうのですが昨年予想より早く枯れてしまったので本当に枯れたのかと思って飛び込んでくるスミレをそのまま栽培してスミレどんぶりにしていました(笑)
写真には違う葉っぱも混ざっていますよね。
また違うスミレが同居しているんです。

でも困ったことにエゾエンゴサクはちゃんと生きていました。
今、葉が出始めていて春の成長期に入ったようです。
こうなるとスミレたちはただの邪魔な雑草になってしまう。
どうしたものかと思っているうちにスミレも咲きだしてしまったわけです(^^;;
幸いエゾエンゴサクは球根なので休眠しても見分けは簡単。
いったん抜いて単植にしようかこのまま遊んでみるか思案中です。

今日は朝から南風が強く暖かくなりましたね。桜も咲き始めるでしょうか。
明日も暖かいようですが雨風が強く春の嵐になるようです。
きっとこの雨で一気に春が本格化することでしょう。

家のスミレたちは置き場所により開花時期がちょとずつずれています。
まだまだいろんな品種があるので開花したらまた紹介していきたいと思います(^^♪

春ですね~!
by nen_randir | 2012-03-30 22:15 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(0)

すみれ

f0126204_21423081.jpg

viola mandshurica × patorinii
スミレ科スミレ属キリガミネスミレ
今年もキリガミネスミレが咲いた。
このスミレはスミレとシロスミレの自然交配種。
スミレとシロスミレが近くにあればキリガミネスミレも生えてるかもしれません。

タイトルがひらがなですね。
これには訳があります。
呼び名としてすみれの総称をひらがなで、種名をカタカナで表記すると愛好家の間で決められています。
日本語の便利な所ですね。

そんな中で幾つかのすみれを紹介したいと思います。
f0126204_21541482.jpg

紅鶴
エイザンスミレとベニバナナンザンスミレとの交配種。
薫り高いすみれで、園芸品種のひとつ。
紅色がとても綺麗な品種ですね。
f0126204_21563990.jpg

Viola grypoceras A. Gray
タチツボスミレ
普通のすみれには茎がありませんがこのグループは茎を持っていて大きな株に育ちます。
日本で最もポピュラーなすみれのひとつです。
f0126204_21593374.jpg

Viola verecunda
ニョイスミレ
すみれの中ではとても小さな花のひとつで、湿った所を好み絨毯のように敷き詰めて群生するすみれです。
小さな花が沢山咲いてる様はなかなか見ごたえがありますよ。
f0126204_2214771.jpg

viola acuminata
エゾノタチツボスミレ
エゾと付くけど本州中部地方以北に分布するすみれ。
背が高い珍しい姿のすみれです。
f0126204_22165157.jpg

viola mandshurica
スミレ”ゆうぎり”
スミレの栽培選抜種。
スミレは地域偏差がとても多く、色の濃い薄い、このようにぼかしの入るものなど様々な色が存在する。
あなたの地域に咲くスミレはどんな色でしょう?

今年は栽培品種を増やしたので来年、もうちょっと紹介できると思います。
日本はすみれの品種が多いすみれ王国。
そのうち近隣で見られる野生すみれを撮り歩きたいなと思います(^^♪
by nen_randir | 2011-04-20 22:29 | Other Photo | Trackback | Comments(6)

スミレ

f0126204_2238618.jpg

Viola mandshurica
スミレ科スミレ属スミレ(菫)
写真は栽培選別品種のゆうぎり。

近所の園芸店でスミレフェアが始まったので今年も購入してみました(^^♪

日本はスミレ王国と言われるくらいスミレの品種が多彩です。
地球上にスミレ属はおよそ500種あると言われていて、そのうち日本では学名の付いているもので250もの品種がある。
実際には変種がほとんどなので55種だと言う意見もありますがそれでもこの小さな島国にそれだけのスミレがあることに驚かされます。

同じスミレのmandshurica(マンジュリカ)でも地域差があり、色の濃い薄いなど多種多様な花色を楽しめます。
家の近所で数年前に見かけたスミレもこの写真のものより青みがかった花をつけていました。

学名にあるようにスミレ属はビオラと言います。
園芸植物のパンジーの小型品種がビオラですね。
園芸品種のビオラはヨーロッパ原産のスミレ、ハーツイーズを品種改良してできたものです。
ビオラやパンジーも花色の豊富さに驚かされますね。
同じようにスミレも個体差が多く同じスミレの中でも地域差がありその土地のスミレを楽しませてくれます。

今、園芸店で販売されているスミレはもちろん温室育ちなので、実際の開花期は3~5月頃。
2年前から育てているスミレはまだ新芽も出てきていません。
少しずつ買って来たスミレも今年で5品種。
咲いたらまたアップしますね!

古い株はそろそろ寿命も近いので今年は種を採って更新できたらと思います(^^♪
by nen_randir | 2011-02-20 23:04 | Optio 750Z | Trackback | Comments(2)

キリガミネスミレ

f0126204_9584524.jpg

Viola mandshurica × Viola patrinii
スミレ科スミレ属キリガミネスミレ
長野県の霧が峰で最初に見つかったのでキリガミネスミレと名付けられたそうです。
スミレとシロスミレの自然交配種です。

園芸店で働き始めて2日目の昨日。
カウンターの近くにはスミレフェアのコーナーが。
1日中見てると欲しくなってきちゃって数あるスミレの中からこれを選びました(^^♪
グラデーションが綺麗でしょ?

いろんなもの買っちゃいそうです(笑)
by nen_randir | 2009-03-02 10:03 | Optio 750Z | Trackback | Comments(14)

スミレ

f0126204_21443277.jpg

Viola grypoceras
スミレ科スミレ属タチツボスミレ(立坪菫)
日本はスミレ王国と言われるほどさまざまな種類のスミレが自生しています。
日本各地で変種などを含めて学名がついた物をだけでも250種はあると言う。
それだけに素人には判断のつかない差異もあることだろう。
僕のブログでは一応断定できたものだけ紹介していきたいと思います。
今回は2種、初めにタチツボスミレですが、そもそもスミレとは?
花の後ろに筒状に伸びる距が大工が使う墨入れに似ていることからスミイレ→スミレと変化したようです。
タチツボスミレは日本で最も多く、3月頃から咲き始めて大きな株になると株周りが50センチにもなると言う。
花の色は地域差があるようで白花も見かけることがあります。

f0126204_21445638.jpg

Viola betonicifolia var. albescens
スミレ科スミレ属アリアケスミレ(有明菫)
夜明けの空の色にたとえて名付けられたアリアケスミレ。
タチツボスミレと違ってこちらは葉が細いです。
こちらも花色に地域差があり、青っぽい色から有明の赤紫色までいろいろあるようです。

この株、面白いところに咲いていたんですよ。
公園の道路上の花壇にたくさん咲いていました。
花壇には別の植物が植えられていてその隙間に入り込むように咲いていました。
犯人はアリです。
傍にはアリの巣があって、アリが種子についているエライオソームを餌として持ち込んで不要な種子を巣の周りに捨てるんです。
それでアリの巣の周りに群生しているんですね。
見事な共生関係だと思いました(^^♪

他にもいくつか見かける種類もありますが今日はこの辺で。
また写真がたまったら紹介したいと思います(^^♪
by nen_randir | 2008-04-24 22:10 | FA☆85mmF1.4 | Trackback | Comments(12)