タグ:パイナップル科 ( 10 ) タグの人気記事

チランジアの水遣り

f0126204_21301588.jpg

通常エアープランツと呼ばれている植物群。
そのほとんどを占めるのがパイナップル科のチランジア属。
これらの植物は通常根を生やさない。
葉の表面から直接水と肥料を吸収します。

主な原産地は熱帯アメリカ。
高い湿度の中で生活しているのでほっといても育ちます。
でもジャングルと比べると湿度の低い日本ではそのまま放置すると枯れてしまいます。

だからたまにこうして水の中に漬けてあげます。

エアープランツは夜、水分を吸収するので夜漬けて日が出る頃に乾燥していることがベストな水遣り。
ま、慌てて早起きしなきゃいけないわけではないですけどね(笑)
だいたい午前中に乾いてれば大丈夫なのかな?って感じです。

一晩漬け込むのはだいたい月に1~2回程度。
普段は霧吹きでしっとりするくらいに濡らしてあげます。
これも夜ね。

暇~な夜にこうして漬物をしています(笑)

追記。
と当時は記載しておりましたが、品種によっては乾きを好む者、水を好む者様々です。
すべての種に同じやり方は通用しません。
まずその品種の特徴を学びそれらに合わせた管理が必要でしょう。
中にはソーキングの必要がないものもあります。
常に勉強。それに限ります。
2016/8/30追記
by nen_randir | 2009-02-25 21:39 | Optio 750Z | Trackback | Comments(10)

チランジア

f0126204_0314776.jpg

Tillandsia funckiana
チランジアのフンキアナ。
すでに持っているのですが葉先の赤くなったものを見つけたのでつい買ってしまった(笑)
とても綺麗~~~o(〃^▽^〃)o
これから花でも咲くのだろうか?
チランジアは花期に色づくものが多い。
この売り場では花の咲いてるのも売っていたのですが咲ききっているので花の付いてないのを選んだ。
f0126204_0352073.jpg

ちょっとブレちゃった^_^;
根元には子株が3つついていた。なかなかお買い得な気分です(笑)
元々持っているフンキアナにも子株が3つついている。
順調に育てば立派な群生株に育ってくれるのかなo(〃^▽^〃)o
f0126204_0383761.jpg

Tillandsia harrisii
こちらはハリシー
均整のとれた姿とふわふわの柔らかい葉がお気に入り(^^♪
エアープランツはハマると楽しい!
基本的には霧吹きで葉に湿気を与えてあげるだけで育つから面白い。
近所の店に見たことがないのが大量に入っていた。
明日もまた何か買って来ようかなぁ(笑)
by nen_randir | 2008-09-02 00:54 | Optio 750Z | Trackback | Comments(12)

エアープランツ

f0126204_4274711.jpg

Tillandsia Andreana
エアープランツと呼ばれる植物群があります。
パイナップル科に属し熱帯アメリカに広く分布する植物。その多くがチランジア属でエアープランツ=チランジア(総称)と言っても過言ではないでしょうかね。
根を持たない不思議な植物です。
あ、パイナップル科だけどパイナップルのようには実は出来ないです。

余談ですがこの間NHKの趣味の園芸でやっていたけどパイナップルは葉がついたものを買ってきて上の葉で挿し木すると3年くらいで実が出来るそうですよ。
f0126204_43338100.jpg

Tillandsia ionantha
葉には良く見ると銀色の毛のようなものが生えてます。
これをトリコームと言い日本語では燐片とも呼ばれます。
エアープランツはこのトリコームから水分を吸収するので直接霧吹きで水をかけてあげる必要があります。ミスティングといいます。
f0126204_4401233.jpg

Tillandsia tectorum
中にはテクトルムのようにこんなに毛の長いトリコームを持つものもあります。
育て方にはトリコームの多いものほど乾燥に耐えると言われています。
僕はまだ育て始めたばかりなので正直良くわからない所なのですが。。。
根を持たないと書きましたが実際にはこの写真のように根が生えます。
でも根からは水分を吸収できません。
根は樹木などにくっつくために生えます。
f0126204_4433040.jpg

Tillandsia tricolor var.melanocrater
またこのトリコロールのようにトリコームをほとんど持たないものもあります。
こういったものは霧吹き(ミスティング)の回数を増やしてあげた方がいい。
今の僕の管理は週に2~3回ミスティングして月に1~2度ソーキング(一晩水に漬ける)をしている。
エアープランツは夜中に水分を取り込むので寝る前にやるくらいが丁度いい。
逆に昼間濡れていると蒸れて枯れることがります。

最近は100均でも売られているのを見かけます。
残念なことに乾燥しすぎて枯れたまま売られていることもあります。
かわいそうなので入荷直後についつい買ってしまったりしちゃいます^_^;
とは言っても種類はそんなに多くないですけどね。

そんなわけで(?)夜中にネコに起こされてしまったのでこんな時間(朝の5時)にブログ書いてます。。。
二度寝するかどうかちょっと迷ってます(笑)
でも薬が切れてるから寝れないかな~~~

ではでは
by nen_randir | 2008-08-24 05:08 | Optio 750Z | Trackback | Comments(14)

チランジア

f0126204_14857100.jpg

パイナップル科チランジア属
いくつか集めたエアープランツ。
その紹介と調べた育て方などをちょっと書いておきたい。
1枚目の写真は左からチランジア属テクトラム、ジュンセア
f0126204_17285792.jpg

ジュンセアはつるつるの葉をしているけどテクトラムは産毛のようなトリコームに覆われている。
原産地ではこのトリコームが空気中の湿気を集めて吸収するのに役立てている。
だから一般的にトリコームの多い銀葉種は乾燥に強くトリコームの無い(またはほとんどない)緑葉種は水を好むそうです。
エアープランツとして売られているものの大半はこのチランジアの銀葉種で空気中の水分である程度生活できるためエアープランツと呼ばれています。
でもそれは原産地の湿潤な気候の中でのこと。日本ではジャングルほどの湿度や雨量ではないので種類によっては水遣りをしなければいけません。
f0126204_17441687.jpg

チランジア属ブルボーサ
つぼ型のブルボーサなんかは水を好みます。
トリコームがほとんど無いから頻繁に水遣りをしたほうが良いみたいですね。

水遣りの仕方
霧吹きで満遍なく吹き付けてあげる方法とソーキングと呼ばれる水に漬け込む方法があります。
霧吹きは全体を満遍なく湿らすように。ソーキングは数時間水に漬けます。
チランジアは夕方から夜にかけて水分を吸収するのでその時間に合わせて水遣りするのが大事。
頻度は種類や季節にもよるけど月に数回、霧吹きなら週に数回行います。
f0126204_17533936.jpg

チランジア属カプトメドーサ
トリコームの細かい種です。やや水を好むのかな?
この辺がまだ良くわからない。
単順にトリコームの多い=乾燥と日差しを好む、トリコームの少ない=水と日陰を好む、でいいのかな?
f0126204_1757302.jpg

チランジア属イオナンタ
水遣りの仕方は調べてみても上記程度のことしかわからなかった。
今後育てていくうちに自分なりに発見していくこともあるだろう。
f0126204_1822735.jpg

チランジア属ウスネオイデス
別名スパニッシュモスとも呼ばれ茎などが無く葉状のものが長く繋がっている。
木などにひっかかって生育するエアープランツだ。

肥料は?
う~んこの辺が良くわからない。
水遣りの際に薄めた液体肥料をあげればよいという記述とあげなくて良いという記述がある。
でも多くはあげたほうが生育が良くなるとあるので自分はたまに肥料をあげることにしている。
f0126204_1810964.jpg

チランジア属エスピノーサ
ロゼット状の葉が美しく気に入ってる種。
鉢に乗せてるだけで植えているわけではありません。
根はほとんどありませんからね。
でも種によってはミズゴケなどに植えつけたほうがいいものもあるそうだ。
ブルボーサなんかは植えても良いみたいですね。
f0126204_18243161.jpg

チランジア属ベリッキアーナ
時に花が咲くこともある。
この花は蕾のついたまま買ってきたのだけど咲くまで1ヶ月はかかった。
ある日突然蕾から花が出てきて驚いた。咲いたらあっという間にしおれてしまった。
観察していたら先にめしべが伸びてきて後からおしべが伸びてきた。自家受粉するのだろうか?
エアープランツは花が咲くと枯れるそうだけどその前に子株を作る。
このベリッキアーナはどうなるのかな?
種子が出来るのか子株が生えてくるのかこれからが楽しみです(^^♪

さて長々と書いてきましたが、今日はこの辺で。
by nen_randir | 2008-07-07 18:43 | Optio 750Z | Trackback | Comments(4)

イオナンタ

以前紹介したスプーンに付いたエアープランツ。
どうも名前はイオナンタらしい。
f0126204_16148.jpg

育て方などをいろんなサイトで調べながら水遣りをしていました。
これは水遣りした直後です。
調べれば調べるほど発見があり面白い(^^♪
で、しげしげとこの流木に貼り付けたイオナンタを見ていたら。。。
f0126204_111644.jpg

子株が付いているのを発見!!

元からある子株を入れて5株あるのですがそのうちの二つに合計5個の子株が生えてきていました!
見た目はそんなに変わってないようでちゃんと成長してるんですね~
でも、子株が付いてるやつは花が咲いた株だけど子株が生えてきたら枯れちゃうのかな?
どっかで花後は枯れるようなことを読んだ気がする。
ゴマ粒のように小さな赤ちゃんがどのくらいのペースで成長するのかな?
今後もレポートしたいと思います(^^♪
by nen_randir | 2008-07-05 23:50 | Optio 750Z | Trackback | Comments(2)

チランジア

f0126204_22473666.jpg

チランジアはパイナップル科の植物。
一般的にはエアープランツって呼ばれている植物の大半はこのチランジアです。
刺々しい感じのするものはパイナップルの仲間と言われれば確かにって感じもしますが、中にはこんなのも。。。
f0126204_22511271.jpg

ウスネオイデスって言うこのエアープランツは葉っぱの様なものだけ。
根も茎らしきものも何もない。
木に絡まって生育するそうです。

エアープランツの不思議な世界にだいぶハマってきた(笑)

火曜の準備で毛鉤をずっと巻いていたから簡単な記事にしてしまいました^_^;

あ~目が疲れたw
by nen_randir | 2008-06-15 22:55 | Optio 750Z | Trackback | Comments(8)

手のひらに

f0126204_21474321.jpg

ここ数日間頭の中にある映像。
いろいろ試行錯誤して少し表現できたような気がします。
手のひらに包まれたエアープランツ。
う~んこんなもんだろうか?


カウンタープレゼント
のお知らせはこちら!
2万ヒットまで200を切りました!早ければ明日?

by nen_randir | 2008-06-11 21:51 | Optio 750Z | Trackback | Comments(8)

Optio750Zが修理から帰ってきました(^^♪
やっと気軽に写真が撮れます(笑)
f0126204_20564526.jpg

部屋の中で撮ったり気軽な散歩写真にはコンデジが楽ですね(^^♪
これは、100均で買ったバスケットにエアープランツを入れて壁に留めてみました。
流木に留めるのも味があるのですがこのほうが水遣りしやすいですよね(^^♪
f0126204_20593492.jpg

これは小皿に乗せただけ(笑)
こんなんでもいいのがエアープランツの楽なところ。
水遣りする時はコップにでも水を入れてとっぷり漬けちゃうだけだし(^^♪

さてさて本題です!

サイドバーのカウンターが来週にも2万ヒットになりそうです。
で、2万丁度を踏んだ人に何か差し上げようかと(^^♪
そこで考えたのが、今丁度ラベンダーの開花株があります。
それでラベンダーバンドルを作るつもりなのでそれをプレゼントしたいと思います。
男の方はあまり興味ないかも知れませんね(笑)
女性へのプレゼントにでもしてください(^^♪

ルールは、2万丁度を踏んだらスクリーンショットを掲示板にアップしてください。
気がついてない方や興味ない方もいると思うので前後10番くらいまで有効で一番早くアップされた方に送りたいと思います。
大したものではないですが応募お待ちしております(^^♪
by nen_randir | 2008-06-07 21:12 | Optio 750Z | Trackback | Comments(6)

ソーキング

f0126204_22372312.jpg

Tillandsia magnusiana
チランジア マグヌシアーナ
例によって忘れそうな名前だ。。。。

多肉植物だけならまだしもエアープランツにもハマりつつある。
知れば知るほど不思議な植物。
表面の鱗片から水分と空気中の窒素を得て成長するそうだ。
空気中の窒素を利用できる点ではマメ科の植物も同じだけど、根を張らずに水も空気中から得るというのは面白い。
近所の園芸店にそこそこ種類が置いてあるので買えるうちにもう少し集めてみたいものです。
(そのお店来月で閉店なんです)

f0126204_2243352.jpg

こちらは100均で買った名なし君

で、タイトルのソーキングとは何ぞや、となるわけだけど、いくら空気中の水分を吸収できるとはいえそれは原産地の湿度の高い環境での話し。
日本では水を与えなければいけません。その水を与える方法の一つで、写真をよく見てもらうとわかるかと思いますが水に漬かってます。
エアープランツは夜中に水分を吸収するので月に1~2度直接水に漬けてしまうんです。
どっぷりと(笑)
それをソーキングといいます。
普段は霧吹きで吹いてあげる程度でも良いのだけどこうやって漬けてあげてもいいのです。
ただ間違っちゃいけないのが夜中にやるってこと。そしてだいたい8時間ほど漬けて置くそうです。
そして大事なのがソーキング後は風通しの良いところで素早く乾燥させること。
いつまでも湿っている状態にしておくと腐ってしまいますから^_^;

そんなわけでいろいろ調べたことなどをメモ代わりに書き残してみた。


写真はただ水に漬かってる写真でつまんなかったのでフォトショップでいじってみました。
2枚目は一目瞭然だけど1枚目は何をしてるのかわからないでしょ(^^♪

先日なんだろうって思った多肉植物メビナ(女雛)だってことがわかりましたぁ!
ミクシィで聞いてみたらすぐにお返事いただけました(^^♪
ありがとうございます~~~


↓ ↓ ↓ 我が家のエアープランツにポチッとお願いします! ↓ ↓ ↓ 

by nen_randir | 2008-06-04 19:22 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(13)

エアープランツ

f0126204_20482979.jpg

ホームセンターで売ってました。。。。
後ろにくっついてるのなんだかわかります?


どういう意図なのかまったくわかりませんがプラスチックのスプーンです(笑)
コンビニ弁当なんかについてくるようなありきたりのスプーンです。。。。
ん~~~
いくら何につけても育つとは言ってももちっとセンス良く出来ないものですかね~(笑)
ちなみに名札も付いてないので名前もワカリマセン。
by nen_randir | 2008-05-04 20:52 | Optio 750Z | Trackback | Comments(14)