タグ:富士山 ( 17 ) タグの人気記事

紅富士

f0126204_11581310.jpg


最近まともに写真を撮ってないから在庫から。。。

朝、まだ暗い時間から山に登り夜が明けるのを待つ。
真っ暗な中をヘッドランプを点けて登るのは結構不安だけど、いい写真を撮りたい一心で登る。
東の空が明るくなるとうっすらと見えていた富士山がその姿をはっきりと見せてくれる。
朝日が登りまず真っ先に富士山に日が当たる。
次第に登る朝日に染められて富士は紅く染まる。

夏の富士山の夜明けはこうして始まります。
ま、気象条件にもよりますけどね。

最近はiPhoneでばっか写真を撮ってるので一眼の写真はなんか久しぶりな気がする。
ま、庭の草花を撮ったりはしてるんだけどなんか納得行かない写真で在庫にもならないなぁってのが多い。

写真が落ち着かないのはきっと就活が上手く行ってないからなんだと思います。
仕事が決まって安定すれば少しは趣味に興じることも出来るようになるのではないかなって思っています。

でわでわ
by nen_randir | 2010-08-04 12:26 | FA43mmF1.9Limited | Trackback | Comments(0)

f0126204_9351615.jpg

昨年中はいろんな方にお世話になりました。
新しい友達も出来、ブログを通して知り合った方も増え、病気の苦しさを支えていただきました。
今年もご迷惑をおかけすることもあるかと思いますがよろしくお願いします。

新たな一年、皆さまがつつがなくすごされることを願っています。
by nen_randir | 2009-01-01 09:44 | FA☆85mmF1.4 | Trackback(1) | Comments(36)

Mt.Fuji of daybreak

f0126204_111381.jpg

17mm

早速ネタ切れしてきました(笑)
次のお出かけまで在庫写真からアップします。
昨年の9/28。
南アルプスへ釣りに出かける途中、本栖湖で夜が明けてきました。

ふと後ろを振り返ると富士山が群青の空にくっきりとシルエットを浮かべていた。
by nen_randir | 2008-01-22 12:00 | TAMRON SP17-35mm A05 | Trackback | Comments(4)

ダイヤモンド富士

f0126204_1552933.jpg


開設して半年で約半年もの間中断したこのブログ。
1年が経過したところで再開することにしました。
リンクさせていただいている方々のブログ等は拝見はさせてもらっていても書き込み等足跡を残せてはいませんが、時々楽しませていただいてます。
不規則な状態ですが1年間お世話になりました。

しばらくはのんびりとしたペースですがたまに覗きに来てみて下さい。

それでは良いお年を

See you next year...
by nen_randir | 2007-12-31 16:03 | FA☆85mmF1.4 | Trackback(1) | Comments(0)

distant view for Mt.Fuji

f0126204_22424868.jpg


晩夏に出かけた奥秩父から見た富士山。
この後ガスが出てしまい開けている所で撮れたのはこの一枚でした。
by nen_randir | 2007-12-26 22:46 | TAMRON SP17-35mm A05 | Trackback | Comments(2)

大山にて

連休中は仕事が忙しく前回の続きに間が開いてしまいました(^_^;)

f0126204_20163379.jpg


大山は信仰の山。
鳥居をくぐると山頂に到着(^^♪

f0126204_20185459.jpg

※24mmF2.8

すぐに目に飛び込んできたのは青空に映える大きなアセビの木。
青空に白い花が気持ちいいです(^^♪
もう少しするとシロヤシオも咲き始めるでしょう。
また訪れたいなぁ

f0126204_20332123.jpg

※24mmF2.8

アセビに迎えられて下界を見下ろすと、、、
町を挟んで箱根から伊豆の山々が見渡せます。
残念ながら開けているのは東だけで、富士山のある西側は展望が悪い。
そんなに高い山ではないけど山頂からの眺めは気持ちがいいです(^^♪

f0126204_20362490.jpg

Cardamine anemonoides
アブラナ科ミツバコンロンソウ

来た道から別のルートを進み西側の明るい尾根を下ります。
ふと気がつくと足元に小さな白い花が。
葉っぱの雰囲気からイチリンソウかな?と思いますが花が違う。
帰ってから調べるとどうやらミツバコンロンソウらしい。
河原などでよく見かけるタネツケバナの仲間らしい。

f0126204_2042119.jpg

Viola eizanensis
スミレ科エイザンスミレ

日当たりの良い尾根でもちょっと日陰になるところではスミレが咲いています。
その中で変わった葉っぱに目が止まりました。
周辺にはまだ芽生えたばかりのエイザンスミレが見られましたがちょっとはなれると何処にも見られなくなりました。
どうやってここに種が運ばれてきたんだろう?

f0126204_20484769.jpg


新緑のモミジ。
って赤いから新緑とは言いづらい(笑)
足元にはトリカブトらしき野草も。
秋には紫色の花をたくさん咲かせそう(^^♪

f0126204_20511165.jpg

Euphorbia sieboldiana
トウダイグサ科ナツトウダイ

夏と付くくせにこの仲間ではもっとも早く咲くそうです。
トウダイグサの仲間は何処が花なんだろう?と不思議に思う花をつけます。
ナツトウダイの場合、三日月型の赤い部分が雄花。
トウダイグサの仲間はちょっと変わってる。
雌雄異花なのだが、別々に咲くのではなく並んで咲くのだそう。
この写真では咲き初めでわかりづらいが、雄花の根元にある緑色の丸っこいものが雌花。

f0126204_2113411.jpg

※24mmF2.8

峠を一つ越え一つ山を越えたら富士山が見えました。
なんだかホッとする眺め。
大山ではたくさんの人が居ましたがここでは誰ともすれ違うことも無く一人ぼっち。
そんな中で見慣れた富士山を見ると元気が出て来ます(^^♪

f0126204_211273.jpg

Anemone pseudo-altaica
キンポウゲ科キクザキイチゲ

この花に出会えるとは!(^^♪
春のスプリング・エフェメラル。
まだ咲いていたんですね~
日当たりの良い笹原の根元にひっそりと咲いていました。

キクザキイチゲの咲いていた斜面を下りきるとそこは峠道。
林業作業用の林道が通っています。
そろそろ日も暮れそうな時間。
調子に乗ってもう一山超えてしまったので、バスの走ってる道まで林道を2時間ほど歩くことに(^_^;)
翌日はひどい筋肉痛でした(笑)
それでも山歩きは楽しいなぁ

f0126204_2191469.jpg

※24mmF2.8

夕闇に浮かぶ富士山を眺めながらトボトボ歩き。
ヘッドライトに浮かぶ足元のオドリコソウやアマドコロを眺めながら帰路に付きました。

トレッキング
by nen_randir | 2007-05-06 21:21 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(10)

富士山

f0126204_22364665.jpg


昨日は久しぶりに山に登ってきました(^^♪
ついつい長居してしまいくたくたです(笑)
おまけに今日は残業でヘトヘト(^_^;)

とりあえず今日はこの写真だけ。
コメントや皆さんの所へは明日お邪魔させていただきます。
おやすみなさいzzz
by nen_randir | 2007-04-30 22:41 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(10)

忍野八海

f0126204_23515045.jpg


さてさて。
忍野に出かけるとやっぱり富士山を撮りたくなります。
残念ながら着いたのは昼ごろだったので、逆光の富士山ばかりになってしまいましたが、いくつかアップしてみます。
1枚目は桂川から見た富士山。
早朝、ここはカメラマンが多く見られます(笑)

f0126204_23544590.jpg


みやげ物やが並ぶ観光の中心地。
とは言っても富士山を撮ろうとすると逆光の為観光地何だか良くわからないですね(;^_^A

f0126204_012410.jpg


忍野八海の名の通り八つの池があります。
湧水の池を覗くとまさにジンクリア。
気温よりも高い水中は春のようにウォータープランツがたなびいています。

f0126204_005815.jpg


この小屋は水車小屋で、いつもそば粉を挽いています。

f0126204_054943.jpg


今回のお気に入り(^^♪
by nen_randir | 2007-01-31 23:58 | FA43mmF1.9Limited | Trackback | Comments(16)

昇日

f0126204_215148.jpg


静かな朝。
霧の向こうに朝日が昇る。

f0126204_21524391.jpg


朝日に暖められた霧はやがて消えていき、隠れていた富士山が顔を出してくれる。

「やあ、今年初めてだね」
雲の帽子を被った富士山が山影からそっと挨拶してくれた。
by nen_randir | 2007-01-21 21:58 | FA100mmF2.8MACRO | Trackback | Comments(6)

宝永火山

f0126204_1832095.jpg


1707年に噴火した宝永火山は火口の最大直径1000mと言う富士山山頂よりも大きな火口が大きな口をあけています。
ここまでは、駐車場から小一時間ほどで来ることが出来ます。
五合目駐車場から六合目までひたすら上ります。
と言っても30分くらいでしょうか?
茶屋が見えてきたら六合目です。
六合目からは、富士山を巻くようにほとんど水平の道なので苦もなく到着します。

f0126204_1893977.jpg


強風で捻じ曲がったカラマツ。
生命にとって過酷な環境なのがうかがえます。

f0126204_1811662.jpg


???
のどが渇いたもんで(笑)
標高2500mで飲むラムネはおいしいですよ(^^♪
by nen_randir | 2007-01-15 18:18 | DA FISH-EYE 10-17mm | Trackback | Comments(14)