タグ:日記 ( 115 ) タグの人気記事

壁漁連

f0126204_14261516.jpg

強い強風で写真が撮りづらかったけど壁漁連が満開になっている。
増やしたいのだけど挿し木って今の時期でも大丈夫だろうか?
調べておかなきゃね。

仮免許の試験勉強でネットの模擬試験を数回受けてみた。
受かるか受からないかギリギリの所でまだまだ勉強不足。
知識が足りていないのを実感してちょっとへこんでいます。
へこむとますます記憶力が低下する。同じ問題に引っかかったりとか。
引っかけ問題より記憶力の問題に引っかかりやすい。
もう少し勉強しないと試験は受けられないな。
by nen_randir | 2017-02-20 14:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)

レンズのトラブルと散歩

先日池袋で行われていたクリスマスローズの世界展に出かけてきた。
友達にチケットがあるけど行く?と言われて思わず飛びついてしまった(笑)
まだまだ原付が空いていたのでチケットを受け取りに行ってそのままサンシャインシティへ。
で、いざ写真を撮ろうとファインダーを覗いたら… あれ?なんかおかしい。
そ〜っとレンズを外して見るとレンズの後群がごっそり抜けてミラーボックスにハマり込んでいた《゚Д゚》
とりあえず状況がわかったのでそっと後群を外して別のレンズで撮影。
幸い外れたレンズによって傷が付いたのはフオーカシングスクリーンだけのよう。

傷のついたフォーカシングスクリーン

簡単に交換出来るパーツで助かった。
で、レンズを変えて少し写真を撮ったけどなんとなく気持ちが乗らないので暫く原種シクラメンのコーナーで知り合いになったばかりの植物友達とシクラメン談義(笑)
気になったものを土産にまずは新宿へ。 駅前の駐車場に原付を止めてリコーイメージングスクエアにレンズの状態を見てもらいに行った。
単純に外れただけなのでその場でつけ直せますと。
ホットしたけど流石に20年近く使っていながらメンテナンスを怠ったなと反省。
近いうちに他の古いレンズも問題ないか見てもらおう。
そして後日傷ついたフォーカシングスクリーンを取り寄せて交換。
早速ブラブラとSnapしに出かけてきた。


エル
F2.0 SS 1/500 ISO200 +0.7EV

開放付近で我が家のエルくんを1枚。

鉄道脇
F1.9 SS 1/2000 ISO200 -0.3EV

開放で1枚。やや甘い感じかな?

ポスター
F2.5 SS 1/100 ISO200 -0.3EV

ちょっと絞ってポスター。
今シーズンの始まりですねー♪

車窓
F4.0 SS 1/640 ISO200

車窓から。もっと絞っても良かったな。

護岸
F8.0 SS 1/200 ISO200 -0.7EV

絞ってクロスプロセス。

鉢花
F2.0 SS 1/3200 ISO200 -0.7EV

再び開放付近で。

97年発売のFA 43mm F1.9 Limited。
もう17年?
長く使ってるなぁ。
良いレンズです(^^♪

by nen_randir | 2015-03-04 11:34 | FA43mmF1.9Limited | Trackback | Comments(0)

ラブジョイ彗星

年明け早々ラブジョイ彗星が通過するとのことで撮ってみた。
暗いところなら目視可能との事だったけど家の辺りは街の灯が明るくて視認できなかったため大体の位置を100mmで撮ってみる。
撮ってはプレビューで確認してを繰り返してなんとか見つけることができた。
高感度で撮っているためノイズが多いけど淡いダストに包まれたラブジョイ彗星が確認できた。


1月ももうおしまいで明日から2月。
年が明けてもうひと月経ってしまいました。

ルイコフイチゲ

ふと気が付くと早春の植物たちが動き出していてルイコフイチゲのふわふわした毛に包まれた奥の方に見える蕾が次第に大きくなってきています。

羽衣キンポウゲ

羽衣キンポウゲも葉っぱの中に埋もれるように蕾がついています。

Helleborus hybrid

気の早いヘレボルス(クリスマスローズ)は春真っ盛りのように咲き出しています。
例年より暖かい場所に置いておいたのでちょっと季節を勘違いしてしまったようです^^;

大寒も過ぎたけど昨日の雪などまだまだ寒い日が続きます。
それでも植物たちはしっかり春の準備をして動き出しています。
寒い寒いと思っていても春はすぐそこなんですね。

by nen_randir | 2015-01-31 16:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited
※この1枚だけFA100mmMACROF2.8にて撮影。

Limitedシリーズにマクロが加わってしばらく気にしていました。
今使用しているマクロレンズは100mmで重さもかなりあるフィルム時代のレンズ。
タムロンの90mmが話題になる前のレンズだけど今でも十分通用する切れ味のいい描写のレンズ。
不満は重たいため片手持ちで撮影することがほぼ不可能なのとデジタル一眼のAPSサイズのセンサーだと被写体が大きく写りすぎてフレームに収めるにはある程度離れないといけないこと。

でも遠景から接写まで文句なしのレンズなので花撮りなど普段からメインに使っています。

ツワブキ

さてここから35mmマクロの写真です。
デジタル一眼だとだいたい53mmのレンズに相当します。
50mm前後のレンズは昔から標準レンズとも呼ばれますが人の見え方に近い自然な奥行き感などからそう呼ばれています。

先日投稿したラン展の会場で広角ズームが思いのほか使いやすいことに気が付きそのレンズのテレ側が35mmで室内でも使いやすいことに気が付いたのがきっかけでもあります。
それまで35mmって準広角だよなぁと思い込んでいたもので(笑)

ニゲル

と、気が付くまでフィルム時代の感覚で使っていたんだと(笑)

でもって新しいレンズを購入したのですが所有しているレンズでは初めての円形絞り、新しいマルチコートであるHDコーティング。
どんなもんだろうと逆光で使用してみました。
味わいとしては好みの分かれるところでしょうけど逆光で使用してもかなりクリアな描写だと思います。
専用フードが内蔵されているので手でハレ切りする必要がないのもいいですね。
円形絞りもなかなか綺麗に出ています。

アトロルーベンス

で、今度はサイド光で接写。
二段絞っていますがボケのとろけ方もなかなか綺麗だと思います。
今まで100mmを使っていたからか被写界深度がだいぶ広いなと感じますがボケすぎても困りますしね(笑)

質感や操作感が独特なLimitedレンズ。
アルミ削り出しの手触りやピントリングの適度な重さ。
初めて手にした初代Limitedから変わってないなぁと。
もちろんいい意味ですよ。
いいところを残してより良いものに進化しているのが良く伝わってきます。

FA43mmF1.9Limitedが発売されたのは1997年。
17年も前だけどいまだに販売されているロングセラー。
当時予約して発売日をワクワクしながら待っていたのを思い出します。
そんなLimitedレンズがもう1本加わりました。

本格的な花のシーズンを前に頼もしい相棒ができました(^^♪

by nen_randir | 2014-01-25 20:55 | HD DA35mmF2.8Limited | Trackback | Comments(0)

光と影

ベンチ

今年初の散歩スナップ。
と言うことで明けましておめでとうございます。
非常にのんびりですが今年もよろしくお願いします。

年初のあいさつになじみの園芸店へ。
仲のいい店員さんとしばらく話しをしていたら都市部ではおなじみの某種苗会社が種苗業務を辞めてしまったとのこと。
そこで作っていた品種には自分も育てていたものも多く残念なことにそのブランドはなくなってしまったそうで。
でも、品名を変えて他の業者さんに譲渡したそうなので、すでに早春の花が名を変えて並んでいました。

ホーム

園芸店へ行こうと思ってついでだからとカメラも持って家を出ると、あそこに行くならこういう写真も撮ろうといろいろ考えをめぐらします。
一人電車のホームで影を撮っている自分が滑稽ではあるけどこういう写真が好きなのだから仕方ない。
もう少し陽射しの弱い所を探せばよかったかなとも思うけどまぁだいたい思いついた通りにはなってるかな。

ハナミズキ

家のそばにあるハナミズキ。
よく見ると枝の先には小さな球状の蕾が春を待っています。
条件がよかったのか昨年より蕾の数が多く思えます。

一番寒い時期に入り朝は氷が張っていることも増えました。
風邪に気を付けながら春を待つとしますかね。


by nen_randir | 2014-01-06 20:40 | TAMRON SP17-35mm A05 | Trackback | Comments(2)

冬至とオキザリス

ヴェルシコロール
Oxalis versicolor

暦の上では昼の時間が一番短い日。
シャワーがほとんどなのでゆず湯には入っていないですが季節の変わり目となんとなく意識している日。
秋になってだんだんと短くなってきていた昼の長さがまた伸びていく。
意識してないと気が付かないけど植物はわかっていて早春の植物たちはしっかり準備しています。

写真はオキザリスのバーシカラーと言う花。
冬咲きなので花の少ないこの時期に楽しませてくれます。
バーシカラーと言うのは学名のヴェルシコロールを英語読みしただけ。
英名はキャンディケーンって言うみたいです。
なんかおいしそうな名前ですね(笑)

オキザリスは光を感じる力が強く、曇りや夜間は花を閉じています。
日本のカタバミなどは葉っぱも閉じていたりします。

桃の輝き
Oxalis cv.

こちらは桃の輝きと言う園芸種。
これも同じように暗いと花を閉じています。
先日の雨で二つともぴちっと閉じたままでやっと開いてくれました。
カタバミと同じ仲間ですがどちらも葉っぱの形が違います。
球根で休眠期があるのも違う所です。
どちらにせよカタバミ同様頑丈で育てやすいようで、園芸店に行けば500円玉1枚で数株揃っちゃうような普及種です。

寒さが本格的になる前にと少しずつ耐寒性が弱い植物を部屋に取り込んでいます。
忘れ物がないように気を付けながら。
日当たりがあまり良くないベランダなので取り込んで空いたスペースを冬でも成長しているものに入れ替えたりとこまごまとチェック。

休眠したものを引っ込めて日に当てたいものを特等席に出したりと意外にやることが多いな。
そうやっていろいろ見ていると植え替えしたくなる鉢も出てくるんだけどなかなか進まない。
バラの冬剪定もしなきゃなぁ。
なんて思いながら日付が変わっていきます。。。



by nen_randir | 2013-12-22 21:23 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)

散歩@生田緑地 12月6日

生田緑地 

Facebookお友達の桜さんと生田緑地に遅めの紅葉散歩をしに行ってきました。

ネコ

都心方面を見渡せる枡形山の山頂広場にネコが居ました。
人を気にするわけでもなさそうだけどきっちり距離をとっていてあっさり逃げられました(笑)

落ち葉

時間はそんなに遅くないけど日が低いから長い影ができています。

紅葉

林の間から鮮やかな色が。
ちょっと色が強いかな?
色温度を下げても良かったかも。

メタセコイア

緑地の中ほど、ゆるい谷底にはメタセコイアの木がいくつも植えられています。
鮮やかなオレンジ色に染まった葉がとても綺麗に輝いています。

メタセコイア

見上げると青い空とオレンジ色が綺麗に混ざり合っています。
鮮やかな赤や黄色の紅葉もいいですがこんな色も好きです。

D51

日も傾いてきて広場にある機関車を撮っておしまい。
お付き合いいただいた桜さんありがとうございました(^^♪



by nen_randir | 2013-12-20 15:14 | TAMRON SP17-35mm A05 | Trackback | Comments(0)

公園散歩@砧公園

サルスベリ 

なかなか更新しないで2週間くらい前になっちゃったけどリミテッドレンズ1本持って公園を散歩してきました。 世田谷の砧公園の正面口には花が咲いていてもきっとわからないだろうなと思うくらい大きく育ったサルスベリがあります。 薄皮のような樹肌をモノクロで表現してみました。

  コケ 

開放からキリっとした描写のFA43mmF1.9。 これは一段絞っています。
 RAWからの現像ソフトを今までPhotoshop Elementの古いバージョンをメインに使っていました。 
カメラ純正の現像ソフトもたまに使いますが機能的に物足りなさを感じて基本はPhotoshop。 
でも本来は画像の加工ソフトですから写真の仕上げとしては出来ることが限られています。

  木漏れ日 

パパッと手軽に現像できるのは良かったのだけどなんか物足りないとか感じていてちょっと前に同じAdobeのLightroomを購入しました。 今回の記事はそれをある程度使い込んで現像したものになっています。 
今までと変えたのはまず透かし文字で名前を入れたこと。 左下に名前がありますね。 自動で入れられるのでセッティングだけして終わり。

  栃の木 

カメラの生データを画像として変換するのが現像作業なのですが今までは微修正して現像、それからPhotoshop等でトリミングや画質調整をしていた。 
これがLightroomだとかなり細かい調整ができて正直使いこなせないだろうなと(笑) 
まぁそこまで必要ないかなって部分は気にしないで今まではなかった写真としての画像処理を楽しんで使ってみています。 たとえばモノクロにするだけでもプリセットが多く、フィルムを選ぶような楽しさがあります。

  桜の小路 

 現像専用なだけあってフィルム時代の雰囲気を再現出来たりと写真を楽しむ要素がいっぱいでそれだけでも遊べてしまいます(笑)

  ヤツデ

色の共演

夕空 

最近出不精になりつつあるなと散歩に出かけたけど帰ってきて使い始めたばかりのソフトで写真を現像してみて久しぶりに写真の楽しさを思い出したように思います。 使い込んでもっといいものに仕上げられるようにしていきたいと思います。

by nen_randir | 2013-11-30 15:14 | FA43mmF1.9Limited | Trackback | Comments(2)

林道散策

小滝

秋も深まり平地でも紅葉の気配が見え始めてきた10月の中ごろに県内の林道を散策してきました。
夏の少雨で乾ききっていた谷間も秋の雨とともにうるおい、豊富な水が小さな滝となって流れています。

大文字草

日陰の水分豊富な岩には沢山の大文字草が張り付き、ちょうど見ごろを迎えて咲いていました。

イワシャジン

こちらもまったく日の当たらない日陰で咲いていたイワシャジン。
華奢な花茎に数輪咲いている株がいくつかありましたが栽培品とは違って凛とした雰囲気があり山に来ないとこういうのは見れないなと改めて感じました。

フジアザミ

この日、この林道に来た目的はこの花。
アザミの仲間では日本で最大級の花を咲かせるフジアザミ。
名前の通り富士山の周辺に多い花です。
鋭い棘に守られているので鹿による食害もなく立派な株がまとまって群生しています。
とは言ってもどこにでもあるわけではなく崩れやすいガレ地に生えるのでごく一部に群生しているといった感じ。

フジアザミ

一つの株で下葉の幅が1mを超えるものもあり大きな株になると見事な大きさ。
それがいくつも生えているとなかなか迫力がります。

山では自分が行動できる範囲を把握しながら行動しないととんでもない目にあいます。
出かけた時間や自分の体力などを考えてこの花を見るだけの計算で歩きましたが思った以上にいろんな花が見れて楽しかった。
ちょっと山頂に立ってみたくなったので体力に見合う山を探して登ってみたいと思います。
と、希望的な気持ちも書いておきます。
by nen_randir | 2013-11-07 21:15 | 季節の花 | Trackback | Comments(2)

放置しすぎました。

石鎚リンドウ
リンドウ科リンドウ属イシヅチリンドウ
Gentiana scabra var. buergeri

早春に記事を書いたっきりそのまま放置してしまいました。
今更誰が見るのかなとも思いますが最近撮った写真を少しだけアップしておきます。

まずはリンドウ。
大好きな花で園芸用に栽培されている日本各地の変種を育てています。
これは名前の通り四国の石鎚山で見つかったものとされています。
普通のリンドウより細い茎でやや倒れながら咲きます。
葉が小さいのも特徴です。
こちらは園芸品種に桃花の瑞光というものもありこれもぽつぽつ咲き始めています。
真夏の暑さにも強く育てやすいです。

ホトトギス 妖精
ユリ科ホトトギス属ホトトギス
Tricyrtis hirta (Thunb.) Hook

こちらは普通のホトトギスの斑点が変化して白い花弁に赤い色が散りばめられたように咲く妖精と言うタイプ。
宮崎県で見つかったものの増殖品だそうです。
花以外は普通のホトトギスなので育てやすく放任でもよく咲いてくれます。

気が付けば秋の花もだんだんと終盤に入っていてもうすぐ冬なんだなぁと。
自分にできることは限られているけれど少しでも何かをしていきたい。
何を?と自問したりもするけど何かを見つけるのも大事。
やろうと思ってできなかったことを悔やむより出来たことを喜べるようになりたい。
そんなことを考えながら日々過ごしています。
by nen_randir | 2013-10-26 12:58 | 季節の花 | Trackback | Comments(0)