冬のアエオニウム

アエオニウム 艶日傘
Aeonium arboreum cv. variegata
アエオニウム・艶日傘

多肉植物って夏成長型とか冬成長型などと栽培の目安にされることがありますが、日本の場合冬寒くて夏蒸し暑いと実際には多肉植物には過酷な環境。
そんな中でも冬型として良く出回るのがアエオニウム。
葉っぱが真っ黒な黒法師と言うものが良く販売されています。

暑さに弱いものが多く秋から春にかけて成長するため冬成長型と解説されることもありますが春と秋が成長期。
真冬は気温が0度以下になると痛むものもあるので寒風をよけたり室内に取り込んだ方が安全です。

アエオニウム 夕映え
Aeonium decorum f.variegata 
アエオニウム 夕映え

こちらはちょっと肉厚な夕映え。
キウイって呼ばれてることもるようで名前がいくつかるようです。
冬になると葉っぱの成長点から黄色に紅葉して縁取りがピンクに染まるとても鮮やかなアエオニウム。
良く見かけるだけあって寒さにも暑さにもそこそこ強い品種のようです。

Greenovia diplocycla
Greenovia diplocycla

近年属名がアエオニウムに統合されたグリーノビア・ディプロキクラ。
この品種は新しい名前がわからないのでそのまま旧名のまま育てています。
休眠期がはっきりしていて暑い時期は葉っぱが閉じて水が入り込む隙間もないくらいギュッと閉じています。
秋になると徐々に開いてこんな感じに。縁が赤いのが綺麗です(^^♪

Aeonium dodrantale 
Aeonium dodrantale 
(旧名Greenovia dodrantalis)

元グリーノビア属の人気種ドドランターレ。これも夏になると葉っぱが閉じてすぼまっていますが今はこんな感じ。
良く増えるので変に伸びていた枝を切って二つに分けました。
これはやや寒さに弱いように思います。今年は大丈夫そうですが去年は雪が多く寒い冬だったのですが葉先がやや傷みました。
アエオニウムの仲間は北アフリカ沖の大西洋に浮かぶカナリア諸島が原産。
アフリカと言っても北部ですし富士山並みの高山もあるため気候は穏やかで年中春のような暖かい気候。真夏でも最高気温で27度くらいと植物も過ごしやすい所のようです。
冬も暖かく古くからリゾート地として観光も盛んな地域です。
まぁそんな気候を想像しながら育てるのも面白いのかなと。

先日受けた蘭のセミナーでも講師の方が原産地の気候を考えてあげるのが良いと言ってました。
何も知らずにラベルに書いてあるように育てるだけでなく生まれ故郷を知るというのも大事だそうです(^^♪

by nen_randir | 2014-01-29 14:59 | 多肉植物 | Trackback | Comments(0)

f0126204_17362718.jpg

Dracaena reflexa `Song of India`
リュウゼツラン科ドラセナ属ソング・オブ・インディア
ドラセナの中でも大好きなソング・オブ・インディア。
昨年、丁度寒波の来た頃に入院してしまい室内に取り込めなくて枯らしてしまった。
で、今年も某安売り店で安価で売られていたので購入して、半日陰で綺麗に仕立て直す事が出来た。

今年は早めに室内に取りこんで越冬させます。
わさわさと茂った明るい葉が部屋を明るくしてくれます(^-^*)/

さて、今日は心療内科の受診日。
この一週間あった事を色々話してきました。
正直、仕事の方はどうなんだろうと言う感じです。
なんとなく院長との距離感は縮まったようにも感じるけど、それでも焦れば焦るほどミスをするし。
ま、だんだんと急かされてる感じが少なくなってきたように感じますけどね。
だからと言って体調がよくなってきてる感じはしない。
しばらくは現状維持って感じかな?

とりあえず風邪をぶり返さないようにしばらくは無理をするのは止めます。
by nen_randir | 2010-11-09 18:03 | iPhone | Trackback | Comments(2)

プリンセチア

f0126204_19241295.jpg

Euphorbia pulcherrima
トウダイグサ科ユーフォルビア属

最近ポインセチアの色違いを良く見かけるようになった。
開発はサントリーフラワーズでピンク色の可愛い苞をつける綺麗なポインセチアです(^^♪

色は薄いピンクからホットピンクまで数種販売されていて日本乳がんピンクリボン運動に売り上げの一部を寄付しているそうです。

育て方はポインセチアと変わらないです。
原産は中央アメリカで、熱帯性の植物なので耐寒性はありません。5度を下回ると枯れる事があるので冬は室内が無難でしょう。
苞葉は日が短くなる秋から冬にかけて色づきます。
いわゆる短日植物で、朝顔同様日照時間が長いと色が出ません。
室内で育てる場合は日照を短くするためにダンボールなどで覆いをすると鮮やかに色づきます。

挿し木などで増やせますが、茎を切ると出てくる乳液には毒性があり触れるとかぶれが出る事があります。
実際、誤って食用して死亡事故も起こってるくらい強い毒性ですので注意が必要です。
挿し木をするときは必ず乳液を拭き取ってから。
ただし、サントリーのプリンセチアの名前で出回ってるものは登録商品ですので基本的に挿し木などで増やす事は禁じられています。

トウダイグサ科は世界中で見られる植物界でも大きなグループで日本にも幾つかのトウダイグサが自生しています。
多肉植物からポインセチアなどさまざまな種が園芸用に販売されていますが、どれも基本的に毒素があるので切り戻し時は乳液に触らないように注意が必要です。

折角写真撮ったから記事にしようと思ったら園芸指南記事になっちゃったww
去年から気になってるので今年は購入してみようと思います(^-^*)/

でわでわ
by nen_randir | 2010-11-03 19:59 | 日記 | Trackback | Comments(4)

チランジア

f0126204_22473666.jpg

チランジアはパイナップル科の植物。
一般的にはエアープランツって呼ばれている植物の大半はこのチランジアです。
刺々しい感じのするものはパイナップルの仲間と言われれば確かにって感じもしますが、中にはこんなのも。。。
f0126204_22511271.jpg

ウスネオイデスって言うこのエアープランツは葉っぱの様なものだけ。
根も茎らしきものも何もない。
木に絡まって生育するそうです。

エアープランツの不思議な世界にだいぶハマってきた(笑)

火曜の準備で毛鉤をずっと巻いていたから簡単な記事にしてしまいました^_^;

あ~目が疲れたw
by nen_randir | 2008-06-15 22:55 | Optio 750Z | Trackback | Comments(8)

天使の涙?

f0126204_20275882.jpg


暖かくなってきたらベビーティアーズが凄い勢いで成長を始めた。
鉢から溢れてこんなになってます(^^♪
涙どころじゃないですね(笑)

今の時期だったら挿し芽で簡単に増やせそうです。
素敵な鉢を探してきて増やしてみましょうかね。

鉢いっぱいになった多肉植物を植え替えたり階段にモッコウバラのシュートを這わせたり1日植物と戯れていました(笑)
by nen_randir | 2008-06-13 20:38 | Optio 750Z | Trackback | Comments(6)

ベビーティアーズ

f0126204_14125045.jpg

Soleirolia soleirolii
イラクサ科ソレイロリア属ベビーティアーズ

久しぶりにベビーティアーズを増やしてみた。
以前買ってあったブリキのバケツのようなもの。それに一度、ハイドロでベビーティアーズを植えていたんですが、その時は失敗して枯れてしまいました。
ハイドロにするために土を洗ったのですがどうも洗いすぎて株を痛めてしまっていたみたいです^_^;
別のハイドロでは成功して現在も青々と繁っていますがバケツバージョンは即効で枯れてしまいました。。。。

で、今回はどうしたかというと、ポットから抜いた苗の土を1/4くらいカットして、その周りをハイドロで覆うようにしてみたんです。
これなら株をほとんどいじらないから買ってきたままの見た目で植え替えが出来ました。
この発見に自分でちょっと喜んじゃいました(笑)
これならきっと活着してくれるでしょう(^^♪

f0126204_1425642.jpg

こちらがもう一つのハイドロ。
ガラス容器で涼しげなのですが上のほうに苔が生えてしまってます。
ガラス容器はどうしても苔が生えやすいですね~
他に土植えのままのが一株わっさわっさと繁っております(笑)

さて、以前育てた時はお店だったので夏中エアコンで快適でしたが、今回は自宅の部屋の中。
最高で40℃を超えたことのある部屋で夏を越せるのか?
今はそれだけが心配です。
その他もろもろの観葉植物もね。

暑い夏ももう少しですね。
今日も部屋の中は28℃まで上がりました。
まだカラッとした天気だからすごしやすいですが、梅雨のあける頃には蒸し暑い日がやってくるでしょう。
蒸し暑いのはいやだぁ^_^;

↓ ↓ ↓ ベビーティアーズの成長を願って(^^♪ ↓ ↓ ↓

by nen_randir | 2008-06-06 14:37 | Optio 750Z | Trackback | Comments(4)

インテリア?

f0126204_2054371.jpg

Chlorophytum bichetii
ユリ科オリヅルラン属シャムオリヅルラン
昨日は欝の気分が良くなく仕事を休んでしまった。
で、閉じこもっていたらかえって良くないだろうと園芸店を見て回ってきた。

安売りで有名な近所のお店で前から育ててみたいなぁと思っていたシャムオリヅルランが105円で売っていた(笑)
ホームセンターでも4~500円くらいするのに(笑)
で、鉢をどうしよう?
白がいい。それは初めから決めていた。
ここには鉢等は売ってないので、ホームセンターへ向かい物色して選んだのが写真の鉢。
水抜き穴に栓が付いていてハイドロに出来るようになっていたのでハイドロで植えました。

さてさて初めて育てる観葉植物なのでどうなるかさっぱりわかりません。
日に当てた方がいいのか?あまり当てちゃいけないのか?
試行錯誤しながら育てて行きたいと思います(^^♪

PHOTOYARDさんのTB企画『The indoor photograph 2008』に参加しています。


↓ ↓ ↓ 撮り方に凝ってみました!気に入ったらポチッと(^^♪ ↓ ↓ ↓

by nen_randir | 2008-06-05 21:10 | A50mmF1.2 | Trackback(1) | Comments(9)

ハイドロカルチャー

f0126204_1921233.jpg

先日紹介したハイドロカルチャーのシンゴニウム。不注意で枯らしてしまいました(>_<)
で、新しく作ろうと新しい苗を買ってきました。折角だからハイドロの作り方を紹介したいと思います。

ハイドロカルチャーは訳すと水耕栽培。
土は使わずに専用の用土を使います。ハイドロコーンとかハイドロボール、セラミスなどいくつか製品があり、どれもセラミックのような多孔質の小石のような状態になっていて、それ自体が水分を含みやすく鉢の中の湿度を保つようになっています。

で、今回買ってきた苗は元々ハイドロ用でハイドロコーンに植えられて売っています。
常に湿った状態のハイドロですから買ってきたものは痛んだ部分があったりします。
そこで鉢から出したら流水で根の辺りを良く洗います。その際このシンゴニウムのように数株が植わってる場合は株分けをして隙間の傷んだ葉などを良く洗い流しておきます。
根は写真のように短めにカットしたら植える準備のできあがりです。
f0126204_19293257.jpg

専用の鉢は底に水抜き用の穴が開いてません。だからたまった水が腐らないようにイオン交換樹脂という用材を底に敷きます。(写真右の底に敷いてある白い小石が交換樹脂です)
f0126204_1933575.jpg

僕はセラミスを常用してるのでここからは用土をセラミスと呼びますね。
あとは普通に植えるのと手順は変わらないです。
セラミスを鉢の半分ほど入れて、苗をその上に乗せ、隙間にセラミスを入れていきます。
f0126204_19325776.jpg

セラミスを入れたら細い棒で根の隙間に用土が入るようによくすきこみます。
これで完成(^^♪

水遣りは植物ごとに違いますが、通常セラミスの表面が乾いてきたら鉢底から1/4~1/5くらいまで水を入れます。
ガラスの容器だとわかりやすいですね。
専用の水位計も売ってますので使用してもいいでしょう。
シンゴニウムは水切れに弱い(それで枯らしてしまった)のでこまめに水遣りしますが常に水に漬かったままだと今度は根が腐ってしまいます。その加減が慣れるまでは難しいです^_^;

前回の失敗から今回からは1回を少なめに、回数を多くしてみます(^^♪
それとこまめな霧吹きも大事ですね!

↓ ↓ ↓ ためになった?ぜひ一票おねがいします(^^♪ ↓ ↓ ↓

by nen_randir | 2008-06-03 19:45 | A50mmF1.2 | Trackback | Comments(6)

シュガーバイン

f0126204_18394535.jpg

parthenocissus sugarvine
ブドウ科ツタ属シュガーバイン
本か何かで見かけた観葉植物。
園芸店で見かけたので早速買ってみた(笑)

手のひら状の葉をたくさんつけ、つるが延びて下に垂れて行きます。
葉は3センチくらいかな。
小さな葉をたくさん繁らせて垂れていきます。
この鉢、高さが20センチくらいあります。
何本かはそれよりも長く育っていて鉢を包んでいます(^^♪
f0126204_18464546.jpg

室内で上から光を当てて撮って見た(^^♪
柔らかい葉がなんか可愛いんです~~~
一株を二つに分けてしまったのでまだ密に繁ってるわけではないですが柔らかいツタがだらーんと垂れ下がってるのがなんかいいんですよ~(^^♪

で、ちなにみ片割れは別の鉢に植えて親にプレゼントした。
母親は観葉植物はあまり育てないんだけど、そっちはハイドロにしてメンテナンスしやすいようにしておいた。
この植物、背の高い細めの鉢に植えると綺麗(^^♪

ちなみにお店によってかなり値段が違います。
大体200円~500円くらいかな。
室内でよく育つのでお勧めです(^^)v


面白い動画:首をかしげる犬・・かわいいです(^^♪らばQより
驚きの画像:ウソだろ?と思う画像らばQより
シリーズ温暖化3:未来を予測するナショナルジオグラフィックより
by nen_randir | 2008-05-16 19:10 | Optio 750Z | Trackback(1) | Comments(8)

シンゴニウム

f0126204_20333790.jpg

Syngonium podophyllum
サトイモ科シンゴニウム属シンゴニウム
この鉢、手のひらサイズです(^^♪
このシンゴニウム、成長すると手のひらよりちょっと小さいくらいまで葉が大きくなります。
このサイズを育てるのは初めてなのですが何処まで小さいまま維持できるのかなぁ?
f0126204_2039140.jpg

葉は明るいパステルカラー。
つる性の多年草ですがほうって置けば長く伸び始めるのかな~?
今は根から新しい小さな葉が続々と伸びてきています。
このままミニサイズで繁ってくれると楽しいな(^^♪
by nen_randir | 2008-05-06 20:44 | Optio 750Z | Trackback | Comments(10)