すみれいろいろ

スミレ Viola mandshurica
Viola mandshurica
スミレ科スミレ属スミレ(菫)

道を歩いているとあっちこっちにすみれが生えています。
家の辺りはこんな色のスミレが多いかな?
白地に青紫のぼかしが入ったような花。アスファルトの隙間から元気に咲いていました。

スミレ Viola mandshurica

こちらは同じようなぼかしが入るけど紫が強いもの。
栽培品種で「ゆうぎり」と言います。
すみれって全体を指す時は平仮名、品種を指す場合はカタカナと一応表記方法は決まっています。
でも言葉では伝わらないので標準のスミレを指す時は学名のマンジュリカと呼ぶ人もいます。
地域ごとに個体差があって種の判断がつけにくいのがまた難しくもあり面白いところ。

キリガミネスミレ Viola mandshurica×v.patrinii
Viola mandshurica×v.patrinii

こちらはキリガミネスミレ。
栽培品です。
通常のスミレより白い部分が多く青い筋が入っています。
スミレとシロスミレの自然交雑種。
色の濃さに個体差があってほぼ真っ白に筋だけ入るものからこちらのように青味がかるものまでいくつかタイプがあります。
こういうタイプ違いとかがあるから余計惑わされるんですよねw
何が違うんだろうと悩むのもまた楽しかったりもするんだけど。

ミスズスミレ Viola cv.

ミスズスミレ

こちらは交配種です。
基本のスミレに別のスミレを交配した園芸種。なのですが、ミスズスミレにはいくつかの品種がありそれぞれ名前がついてるんですがこれは名札を無くしてしまいよくわかりません(^^;;
正面は純白で花弁の裏側が青い面白い花色をしています。

タチツボスミレ Viola grypoceras
Viola grypoceras

日当たりのよいところでは普通のスミレが多いです。
逆に半日陰や森林の縁などに咲いてることが多いのがこのタチツボスミレ。
葉が丸型で横に這う茎を出して群生を作りやすいタイプです。
まれに白花や桃花があるそうですが家の辺りでは標準的なこの色ばっか。
大きな塊になってるのでよく目立ちます(^^♪

最近は外来種のヴィオラ ソロリア(アメリカスミレサイシン)を見かけることも増えました。
栽培されているものが飛び散って咲いているようです。
すみれの種は開花時期以外にも作られていて秋まで実をつけます。
その実にはエライオソームと言う物質が付いていてアリがこれを好みます。
こうしてアリに運ばれた種子はあっちこっちに生えてきて分布を広げていきます。

園芸目的で外来種を育てる場合はできるだけ外に出さないように工夫することも必要かと。
でないとタンポポのように普通に見られるのが外来種ってことになりかねませんからね。
家も頂き物でソロリアを栽培していますが実を作らせていないのに庭に勝手に生えてきましたw
いつの間にかにと思いましたけどどっかから飛んでくるんでしょうね。
邪険に扱うのもなんなのでそのままにしていますが実際の所栽培種の日本のスミレもあっちこっちに飛んで行ってるんでしょうね。

育てているものが勝手に野生化するのはどこまで許容するか悩むところです(^^;;

追伸
品種名に誤りがあったので修正しました。
by nen_randir | 2012-04-27 20:58 | 季節の花