山紫陽花

山紫陽花
Hydrangea macrophylla serrata
アジサイ科アジサイ属ヤマアジサイ

園芸品種でよく見かける紫陽花は海岸沿いに分布する額紫陽花。西洋紫陽花と呼ばれるのも額紫陽花が海外で品種改良されたもので元々日本のもの。
それらと違って山地に生えるのが山紫陽花。
谷筋など半日陰で湿気の多いところを好みます。

その地域特有の花が多くありとてもたくさんの品種が各地にあります。

山紫陽花は主に関東以南の太平洋側の山地に多く日本海側に分布するものを蝦夷紫陽花として区別しています。

1枚目の山紫陽花は美方八重。兵庫県産の紫陽花で藤色の装飾花が美しい品種。

山紫陽花

こちらは品種不明。
四国産に似たようなのがあるけど違うかな?
青い装飾花がとても鮮やかでやや早めに咲き出します。

山紫陽花

こちらは園芸品種のベニ額。
古くから親しまれているようですがいつごろからあるのかはよくわかりません。

山紫陽花

開花が進むと装飾花が紅色に変わっていく鮮やかな色をした山紫陽花です。

山紫陽花

紫陽花は花が終わると写真のように装飾花(ガク)がひっくり返ります。
こうなったら今年の花は終わり。
切り戻しの合図です。

初夏には翌年の花芽の元を作り始めるので早めに切り戻してあげると樹形もコントロールしやすく翌年もしっかり咲かせられます。
夏以降に切り戻した枝は翌年の花芽が付かないことがあるので小さく育てたい場合は早めの剪定がいいでしょう。
その時に施肥もしてあげると花芽がさらにつきやすくなります。

家も来年へ向けて手入れを少しずつ始めています(^^♪
by nen_randir | 2012-07-16 19:53 | 季節の花