アズマイチゲ

f0126204_0201487.jpg


Anemone raddeana
キンポウゲ科アズマイチゲ(東一華)

先日のカタクリの項でもちょっと紹介しましたが、単独でアップしてみました。

カタクリ同様夏には地上部が枯れて休眠状態になります。

f0126204_0313787.jpg


キンポウゲ科イチリンソウ属は学名をアネモネといいます。
アネモネにはこんな物語があります。

女神アフロディテに愛された狩猟好きな少年アドニスが手負いの猪に倒されたとき、駆けつけたアフロディテは言いました。
「アドニスよ、私の悲しみの思いがいつまでも残るように、あなたの死が毎年繰り返されるように、その血が一つの花となるでしょう」
アドニスの流した血に女神が神の酒を注ぐと真紅の花が咲きました。
赤いアネモネは血と生命の象徴とされています。

f0126204_0333241.jpg


もちろん日本のイチリンソウは神話のアネモネとは別種ですが、早春の僅かな期間に生きる花を見てるとこんな神話を思い浮かべてしまいます。

f0126204_0334624.jpg


ちなみにこちらは同属のキクザキイチゲ(キクザキイチリンソウ)。
葉の先端が尖るのがキクザキイチゲ。
丸みがあるのがアズマイチゲです。
ぱっと見はわかりづらいですね(^_^;)
by nen_randir | 2007-03-31 01:18 | FA100mmF2.8MACRO