2011年 10月 04日 ( 1 )

Haworthia cymbiformis v. multifolia
Haworthia cymbiformis v. multifolia

多肉植物のハオルチア。
多彩な品種があり同じ種名でも地域によって色んなタイプがあるので蒐集家も多く、家でも少しだけ育てています。

その中でも一番古株のひとつがこれ。
シンビフォルミス(キンビフォルミス)の変種ムルチフローラ。

Haworthia cymbiformis v. multifolia

大きな群生に育っています(^.^)
ずっと植え替えていないのでそろそろ土を変えてあげないとな~
大きく育てるか株分けして小分けにするかずっと悩んでるうちに大きな株に育っちゃいました。
これからどうしようかな~

Haworthia cymbiformis v.picturata to toransiens MBB6789 komodomo CL.1
Haworthia cymbiformis v.picturata to toransiens MBB6789 komodomo CL.1

こちらはシンビフォルミスのピクツラータ。
二つあったんだけど一つは里子に貰ってもらいました。
でも株元には子株があります。シンビフォルミスは結構子吹きしやすいようですね♪
ちょっと日に当てすぎて緑が薄くなっていますが明るい日陰で育てるととっても綺麗なグリーンになります(^ー^)ノ

なんとなく調べてたらピクツラータの同じ番号のものがシンビフォルミスではなくクーペリになっていた。
手に入れたときはこの名前だったのだけどどっちが正しいんだろう?

Haworthia cymbiformis f. gracilidelineata , Baakens Valley
Haworthia cymbiformis f. gracilidelineata , Baakens Valley

こちらはグラキリデリネアータという名前のシンビフォルミス。
葉が長いですね。育てられた環境なのでしょう。日光が足りなくて徒長してるんだと思います。
仕立て直すために今はガッツリ日に当てて育ててるので葉が焼けていますw

ハオルチアは少し日照を遮ってあげたほうが綺麗に育ちます。
一つ目のムルチフローラが綺麗な色をしていますね。
こちらはやや日陰で育てているからだと思います。
これから日差しも弱くなるので少しは綺麗な色に戻るかな?

ちなみに、学名のcymbiformis、始めのcはラテン語発音だとカ行になります。だから本当はキンビフォルミスと書くのが正しい。でも日本ではシンビフォルミスと発音しているのでこちらをメインに表記しました。
by nen_randir | 2011-10-04 19:00 | 多肉植物