シュウメイギク

シュウメイギク
Anemone hupehensis var. japonica
キンポウゲ科イチリンソウ属シュウメイギク(秋明菊)

園芸品種には古くから楽しませてくれているものがあります。
文献上では花壇綱目(1681年刊)にはすでにシュウメイギクが記載されているそうです。

もともと中国からの帰化植物ですが古くから秋の花として楽しまれていたんですね。

シュウメイギク

花色は白から淡いピンク、赤みの強いものまでいくつか花色があり八重になる品種もあります。

耐陰性がありやや日陰でも花を咲かせるが、日当たりのいいところの方が花つきはよいように思います。
葉は少々みすぼらしくありますがいかにもキンポウゲ科らしい葉をしています。

ってここでお気づきの方も多いと思います。
菊とつくのにキンポウゲ科なの?
花の姿も菊には見えませんね~

秋に菊が咲きだすころに咲くから混同してしまったのかもしれません。

シュウメイギク

こちらは白花。花はキンポウゲそのものの咲き方をします。実際の花は花芯の蕊が集まっているところ。
花弁に見えるのは萼片なんです。ここがキンポウゲの特徴。
果実ができると産毛に覆われて風に流され新天地に向かいます。

近所でもシュウメイギクを目にすることが増えてきました。
秋にたくさんの花を咲かせるので人気が高まってるのかもしれません。

もう花の見ごろは終わっちゃいましたがまた来年。色とりどりのシュウメイギクに出会えることを楽しみに。

シュウメイギク

最後に八重のシュウメイギクを。
一重のものと比べると色の濃さも相まってまるで違う花のようにも感じますね。

多年草で株が充実するととってもたくさんの花を咲かせてくれます。自然のブーケ状態になりますよ。
今は様々な品種が作られていますので秋の色どりにいかがでしょうか?
by nen_randir | 2011-11-14 02:00 | 季節の花

F&Gローズ あおい

Aoi あおい
<F&Gローズ>あおい(2007年 日本 Rose Farm Keiji作出 四季咲き)

シックな色合いの茜色とでもいうんでしょうか。不思議な色のバラです。
小さなカップ咲きで春には房咲きになるようです。
先日頂いたばかりなのでどんな育ち方をするのかまだよくわからないけど雰囲気はフロリバンダに似ています。
耐病性がどのくらいあるのか気になりますがこれからわかるでしょう(^^♪

Aoi あおい

イングリッシュローズのカップ&ソーサーと言う咲き方に似ています。
カップがお皿に乗っているような雰囲気はとっても好き(^^♪

F&Gローズはフローリスト&ガーデナーという意味で、切り花にもガーデンにも向く品種のこと。
切り花向きらしく花持ちはとてもよく咲いてから長く楽しむことができます。

もともと切り花品種は温室栽培が基本なので耐病性はあまり考えないで作出されることが多いけどガーデン向きと言うことで耐病性も考えられてる品種。それがどのくらいあるのかこれから期待したいと思います。


先日クリスマスローズ(ヘレボルス)の種を手に入れました。
以前にも頂いたことがあるのですが、管理が悪くて発芽しなかった苦い思い出があります。
それ以来いろいろ調べての再挑戦。
発芽まで数か月かかることもあるのでその間の管理がしやすいように目につきやすいところに置くことにしました。
冬の低温を経過しないと発芽しないのでしっかり寒さに当てながら乾燥に気をつけて管理していきたいと思います(^^♪
by nen_randir | 2011-11-12 21:41 | FA100mmF2.8MACRO

Princesse de Monaco mailland作出 四季咲き
<ハイブリッドティー>プリンセス・ドゥ・モナコ(1982年 フランス M L mailland作出 四季咲き)

ばら苑には各国の王室ゆかりのバラコーナーがあります。平和のバラ、ピースに囲まれた一角のバラを紹介します。

プリンセス・ドゥ・モナコはモナコ王妃、故グレース・ケリーにささげられたバラ。
白地にピンクの覆輪が美しいバラです。香りは中程度とのことですが肥料などにもよるんですかね。家で咲いてるのは結構香りがあって楽しませてくれます。
耐病性も高く、家の環境でもびくともせずに咲いてるのでお勧めです(^^♪

Jubile du Prince de Monaco ジュビレ・デュ・プリンセス・ドゥ・モナコ
<フロリバンダ>ジュビレ・デュ・プリンセス・ドゥ・モナコ(2000年 フランス mailland作出 四季咲き)

こんどはモナコの大公レニエ3世の即位50周年を記念してささげられたバラ。
白地に赤の覆輪はどっしりとした色合いの見事な花です。モナコの国旗の色を表してるそうです。

Princess Margaret プリンセス マーガレット
<ハイブリッドティー>プリンセス マーガレット(1968年 デンマーク ポールゼン作出 四季咲き)

端正なピンクが美しいバラ。薔薇戦争時代の王妃の名前だそうです。
ただ、調べてみるとフランスのバラだったりイギリスのバラだったり素性がはっきりしませんw
ばら苑の看板にはデンマークのポールゼン作出とありますのでそのまま明記します。

日本の皇室にちなんだバラもいくつかあるのですが写真がいまいちなのでまたの機会に。
by nen_randir | 2011-11-11 21:54 | 生田緑地 ばら苑

Papa Meilland パパメイアン
<ハイブリッドティー>パパメイアン(1963年 フランス A.mailland作出 四季咲き)

生田緑地ばら苑の開苑期間は終了しましたがまだ撮りためたものがありますのでもう少し紹介していきます。


赤いバラを見ようとして真っ先に向かうのがパパメイアンの所。いい状態のこのバラに出会うと来たかいがあったと思う。
深みのある赤に深い香り。黒味のあるバラの代表種です。この香りがモダンダマスクと言うのかな。
ハイブリッドティーの中ではかなり好きなバラです。置き場所があれば育てたいバラなんだけど良さを知ったのが遅すぎた(^^;;

Papa Meilland パパメイアン

剣弁高芯咲きっていまでは様々な花姿に押されて陰りが見えるような気がするけど僕にとってのバラってこういうイメージ。
育ててるのはいろんなタイプがあるけどその中に剣弁高芯咲きも必要かなって思う。

パパメイアンって作出者のアラン・メイアンの祖父、アントワーヌ・メイアンの愛称です。
メイアンと言えばアントワーヌの息子、フランソワ・メイアンが作出したピースで有名。メイアン家は代々受け継いだ育種技術で今も世界のトップブリーダーです。

もちろんこのパパメイアンも愛されるバラでバラ会連合の殿堂入りしているバラです。
バラらしい強い香りを楽しみたければこのバラがおすすめ(^^♪

christian dior クリスチャンディオール
<ハイブリッドティー>クリスチャンディオール(1958年 フランス F Mailland作出 四季咲き)

黒光りするパパメイアンと比べてちょっと明るい赤のバラがクリスチャンディオール。
パパメイアンの作者アランのお父さんの作品です。
これぞハイブリッドティーって言いたくなるような端正な剣弁高芯咲きですね!

それにしてもこの写真の花は見事としか言いようがなかった。
痛みもほとんどなく綺麗に整っていて写真に撮るのが楽しかったです(^^♪
難を言えば香りが弱いところですかね。
その分素晴らしい花を咲かせるのでとても目を引くバラだと思う。

今日紹介したバラはハイブリッドティーと言う系統。
春から秋まで花を咲かせるのでばら苑の主流になっています。

バラは弱くて手間がかかると言う印象をお持ちの方も多いと思います。その印象を植え付けたのがこのハイブリッドティーなんだと思います。
大輪の花を咲かせるために多めの肥料、病気から守るために定期的な消毒。手間がかかりますね(^^;;
これは花姿を優先して耐病性を意識しなかった育種をしていたのではないかと思います。

今のバラはシッカリ耐病性も考えて育種されているので強い品種がとても多くなりました。
ハイブリッドティーの中にも強いものもあります。

これから育てようと思う方はバラ園などで花を見るだけでなく葉や枝も見てどんな育ち方をしてるのか、病気が多いか少ないかなども見てから選ぶものいい方法だと思います。
枝がどこから出てるとか本数とかも参考にするといいですよ(^^♪
by nen_randir | 2011-11-10 18:02 | 生田緑地 ばら苑

害虫にやられたナエマ

Nahema ナエマ

香りのバラとして有名なナエマ。写真はきれいに咲いた時のもの。
系統としては半つるになるんですかね。
でも深く切り戻してもよく咲く優秀な品種です(^^♪

さて、先日書きましたがそのナエマがコガネムシの幼虫に食害されました。

成長が止まっていたので怪しいなと思い木を揺らしてみたらグラグラ(>_<)
根が張ってない証拠です。
新芽が出ない、萎れる、土が乾かない、花が咲かない、冬以外に落葉するなどがコガネムシ被害のサインです。

そこで株を抜いて退治したのでやり方を一応書いておきます。これは鉢植えの場合です。


株を抜くときは残っている根を傷めないように慎重に掘り返してそっと抜きます。
抜いた後は根のすきまにコガネムシの幼虫が隠れてることがあるのでしっかり土を落として確認すること。
数十匹いることもあるので念入りに探し出します。

その後新しい土で根が収まるサイズの鉢に植えつけてぐらつかないように支柱を立てて株を固定します。
根が少なくてぐらつくので風で揺らされたときに新しく張った根が切れないようにするためです。

そのほかに鉢が小さければ鉢ごとバケツなどで水に漬けこむ方法があります。
土がすべて水没するようにしてください。
しばらくすると溺れた幼虫がでてくるはずです。

ただしその場合も根が少なくなっているので小さい鉢に植え替えた方がベストでしょう。
なぜなら土が多すぎると乾くのに時間がかかり常に湿った状態の部分ができてしまうからです。
大抵の植物はジメッとしたところでは健康な根が出ません。
植物の大きさに合わせて鉢の大きさを変えるのはそのためなんです。

植え替え後は根が少ないので葉が多いと吸い上げる水が足りずに萎れてしまいます。
新しい根が張れば新芽が出てきますのでいったん強めの選定をします。
これでしばらく養生して根がしっかり回ったら鉢増しをします。


殺虫剤で追い出すことも可能ですが、土の中には水の通り道があります。
そのため殺虫剤が鉢全体に行きわたらずに幼虫が残ってしまうことがあります。
疑いがあれば必ず土を落として根の細部まで確認することをお勧めします。


被害を未然に防ぐには目の細かいネットで土の表面を覆うことが有効です。コガネムシが卵を産めないようにするのです。
隙間なくネットをかぶせるのは結構大変ですが被害に悩むようでしたらお試しを。
2重くらいにすると効果が高いですよ(^^♪

ってこれはとある先生の受け売りなんですけどねw

またバークチップ(木を大きめのチップ状にしたもの)を土の表面が隠れるくらいに敷き詰めるのも有効です。

根が張り出せば切り戻した株にも新しい葉が出てきます。
そこまで行けばもう安心。
コガネムシを防ぐ薬剤はないのでネットなどで防ぐしかありませんが大切なバラを食い荒らされないように日ごろからのチェックが大事ですね(^^♪
by nen_randir | 2011-11-09 11:30 | バラ栽培

ホトトギス

タイワンホトトギス
Tricyrtis formosana
ユリ科ホトトギス属タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)

庭でホトトギスが咲いています。
親が育ててるもので詳細はわからないそうですがどうやらタイワンホトトギスのようです。
強健で大きくなり育てやすい品種です。

ホトトギスは僕が初めて写真に撮った山野草で思い出が残っています。
正確な品種まではわからないですが信州のキャンプ場に咲いていたものでした。

タイワンホトトギス

写真を撮った時は不思議な花だな~くらいにしか思っていなかったのですがその写真を見せた方が懐かしそうにホトトギスだね~と教えてくれたことが印象に残っています。

その後釣りをしているときに山の急斜面に咲いてるのを見て再び野生のホトトギスに出会いました。
名前を知ってると不思議と愛情のようなものが出てくるようで斜面にしがみついてしばらく眺めていました(笑)

ホトトギス 藤娘
Tricyrtis formosana cv Fujimusume
こちらは園芸品種の藤娘。

数年前、近所の空き地にホトトギスが生えていました。今思うとあれもタイワンホトトギスだったのでしょうけどとっても立派な株でたくさんの花をつけていて秋の楽しみになっていました。
残念ながら空地はなくなってしまいましたけどいつのころからかうちの庭にもホトトギスがありました。

ホトトギス 藤娘

そんなわけで何かと思い出のあるホトトギス。この藤娘を先日入手して自分でも育てることになりました。
たくさん花をつけてくれるようにしっかり育てたいと思います(^^♪

ホトトギスは半日陰でも生育がよく日当たりの悪い我が家でも育てやすいです。
近所の公園でも日の当たらないところで見かけたことがありますが自生種なのだろうか?
機会があったら調べてみます。


タイワンホトトギス

ホトトギス

藤娘


by nen_randir | 2011-11-08 20:49 | FA100mmF2.8MACRO

スカイラーク(バラ)

Skylark スカイラーク
<イングリッシュローズ>Skylark スカイラーク(2007年イギリス デビット・オースチン作出 四季咲き)

夏の暑い時期は小さな花を咲かせていたスカイラーク。
秋の蕾が付いたころに気温が下がって足踏みしていましたけど先日の暖かさで一気に開花しました♪

Skylark スカイラーク

蕊の見えるオープンカップがとってもお気に入り(^^♪
濃いピンクの花弁の奥に蕊が黄色くなっていて夜や寒い時は花弁がとじて蕊を守ります。

花もよく咲いてくれるのでお気に入りですが香りがほとんどないのが残念。
それでも魅力的なバラです。

Skylark スカイラーク

雨の後の朝。
まだ花弁が閉じているところを撮ってみました。

イングリッシュローズは花が終わると萎れないで突然花弁が落ちるのが多い。
潔いというのかなんというかw こういう言うのも選んで育種してるのかな~?

今日はクリスマスローズの種を蒔いた。
以前いただいたことがあるのですが管理が悪く発芽しなかったので今回はシッカリ面倒を見なきゃ。
発芽にかなり時間がかかるようなので気長に水やりを続けます(^^♪

夕方まで体調が悪くてナエマの植え替えができなかったけど明日こそコガネベイビーを退治しなくては!




スカイラーク

Skylark


by nen_randir | 2011-11-07 19:43 | FA100mmF2.8MACRO

Blue Moon ブルームーン
<ハイブリッドティー>ブルームーン(1964年 ドイツ タンタウ作出 四季咲き)

香りのよいバラ、ブルームーンが咲き始めました(^^♪
梅雨に黒点病になってずっと調子を崩していたけど秋になって何とか復活!
よい香りを漂わせ始めました。
気温の関係なのか花弁の外側が大きく開いちゃってるけど花芯はきれいに渦を巻いています。
まだ固い蕾もあるのでもう少し楽しめると思いますヽ(^o^)丿

今、知り合いのブログをデザインさせてもらってます。
テンプレートが僕と同じなのでいじりやすいのですが、昨晩大まかなデザインを変更しました。
今日は直接会ってバナーに使用する写真などを決めてきたいと思います。

元からあるテンプレートを改造するだけだから簡単なことしかしてませんけどね(^^;;

ついでにネコの餌を買ってこよう。それと先日壊れたシャベルも買っとかないと。
柄がプラスチックでできていてそれが劣化して折れちゃったんです(>_<)
安いものを買うとこうなるってことですね(^^;;

あと先日から気になっていたデルバールのナエマ。
秋になっても花が咲かなくておかしいな~と思っていたらどうやらコガネムシベイビーに根をかじられてるようです。
葉が茂ってるので咲かないこと以外不調を感じなかったので気が付いてなかったんです(汗)
昨晩株を揺らしてみたら明らかに根が少なさそうにグラグラしていた。
早いとこ退治と植え替えをしないとね。
今年は二株やられたな~(>_<)
ほかのもやられてないかちゃんとチェックしとかないと。

ばら苑のブルームーンはもっと綺麗です(^^♪
今日で終わりだけど(^^;;

ブルームーン

Blue Moon


by nen_randir | 2011-11-06 11:30 | FA100mmF2.8MACRO

エル(バラ)

Elle エル
<ハイブリッドティー>エル(1999年 フランス mailland作出 四季咲き)

うちのネコと同じ名前で気になったw
このバラの名前はフランスの雑誌名だから由来は違うけど。

桃色の花弁の先が色濃くなる覆輪のバラです。
香りも豊かで背もそんなに高くならないので結構好みのタイプかも。

いよいよばら苑も明日で今秋の開苑期間が終わります。
来春までしばらくのお休みです。
でも体調に問題がなければ冬の様子もご紹介していきたいと思います(^^♪

昨日はミニイベントで弦楽四重奏が聞こえる中作業をしていました。
職員からよかったらもっと聞きやすところで作業してくださいねと言われて遠慮なく聞きながら作業。
作業が終わってからじっくり聞いてきましたけど誰でも知ってる曲を弦楽にアレンジしていて感動しました(^^♪

ばら苑イベント

心地よい時間を過ごせました♪

最終日の明日も演奏イベント(雨天中止)がありますのでお近くの方は是非(^^♪
by nen_randir | 2011-11-05 21:11 | 生田緑地 ばら苑

ブルームーン

Blue Moon ブルームーン
<ハイブリッドティー>ブルームーン(1964年 ドイツ タンタウ作出 四季咲き)

生田緑地ばら苑に行くときに狙っているバラがあります。
青いバラとして人気のあるブルームーンです。
実際は青ではなくモーヴと呼ばれる淡い紫色。だけど青の色素がないバラにとってこの色が最も青に近い色なんです。
まぁその辺は置いといて。

バラって蕾が開くといろんな姿を見せてくれます。品種や系統によってさまざまな咲き方がある。
そんな中でブルームーンはハイブリッドティー独特の剣弁高芯咲き。

そんな咲き方で最も美しいと思える開き具合の一輪に出会えました(^^♪
木漏れ日の当たる絶妙な光をファインダーの中に見て思わずこれはいいものが撮れる!と思ったくらい絶好のタイミングだった。

Blue Moon ブルームーン

もう一枚好きな構図で。
剣弁高芯咲きは中心が渦のようにくるまって咲きます。
その渦を僕は美しいと感じていてついアップで撮りたくなってしまうんです。
今後も出てきますからまた撮ってると思っていてください(笑)

三脚を使ってないのでちょっとだけ絞り込んで渦の中心にピントを合わせて2枚だけ撮った。
興奮している割には合計三枚だけ。
フィルムのころから写真をやってるせいか1枚への集中がものすごくて何枚も撮ると疲れちゃうのです(笑)

でもそのおかげで満足できる写真が久しぶりに撮れたように思います(^^♪
これだけ集中できたのは久しぶりじゃないだろうか?

ばら苑にプリントして持って行ってみようかな(笑)

写真はクリックで拡大します。ぜひ大きな写真んを見てみてください(^^♪

ブルームーン

Blue Moon


by nen_randir | 2011-11-04 21:44 | FA100mmF2.8MACRO