ハイドロカルチャー

f0126204_1921233.jpg

先日紹介したハイドロカルチャーのシンゴニウム。不注意で枯らしてしまいました(>_<)
で、新しく作ろうと新しい苗を買ってきました。折角だからハイドロの作り方を紹介したいと思います。

ハイドロカルチャーは訳すと水耕栽培。
土は使わずに専用の用土を使います。ハイドロコーンとかハイドロボール、セラミスなどいくつか製品があり、どれもセラミックのような多孔質の小石のような状態になっていて、それ自体が水分を含みやすく鉢の中の湿度を保つようになっています。

で、今回買ってきた苗は元々ハイドロ用でハイドロコーンに植えられて売っています。
常に湿った状態のハイドロですから買ってきたものは痛んだ部分があったりします。
そこで鉢から出したら流水で根の辺りを良く洗います。その際このシンゴニウムのように数株が植わってる場合は株分けをして隙間の傷んだ葉などを良く洗い流しておきます。
根は写真のように短めにカットしたら植える準備のできあがりです。
f0126204_19293257.jpg

専用の鉢は底に水抜き用の穴が開いてません。だからたまった水が腐らないようにイオン交換樹脂という用材を底に敷きます。(写真右の底に敷いてある白い小石が交換樹脂です)
f0126204_1933575.jpg

僕はセラミスを常用してるのでここからは用土をセラミスと呼びますね。
あとは普通に植えるのと手順は変わらないです。
セラミスを鉢の半分ほど入れて、苗をその上に乗せ、隙間にセラミスを入れていきます。
f0126204_19325776.jpg

セラミスを入れたら細い棒で根の隙間に用土が入るようによくすきこみます。
これで完成(^^♪

水遣りは植物ごとに違いますが、通常セラミスの表面が乾いてきたら鉢底から1/4~1/5くらいまで水を入れます。
ガラスの容器だとわかりやすいですね。
専用の水位計も売ってますので使用してもいいでしょう。
シンゴニウムは水切れに弱い(それで枯らしてしまった)のでこまめに水遣りしますが常に水に漬かったままだと今度は根が腐ってしまいます。その加減が慣れるまでは難しいです^_^;

前回の失敗から今回からは1回を少なめに、回数を多くしてみます(^^♪
それとこまめな霧吹きも大事ですね!

↓ ↓ ↓ ためになった?ぜひ一票おねがいします(^^♪ ↓ ↓ ↓

by nen_randir | 2008-06-03 19:45 | A50mmF1.2

ショットグラスに・・・

f0126204_15585960.jpg

この多肉植物を植えたらちっちゃくてかわいいかも(^^♪
小吹きしていたハオルチアの子株の方を試しに小さなグラスでハイドロカルチャーにして植え替えてみました。

f0126204_1635061.jpg

haworthia cymbiforism v.mulutifolia
出来上がり(^^♪

リンクさせて戴いてるベランダ砂漠園芸のnabeayaさんが同じようなのを以前作っていたんです。
で、真似してみようかと(笑)
観葉植物や一部の多肉はハイドロで植えてるのですが、ハオルチアは初めてハイドロにします。
どうなるかわからないので実験台になっていただきました^_^;

水抜きの穴のない鉢で育てるハイドロは雨の日に外に出しておけない。水がたまって溢れちゃうからね。だから室内用として考えられた栽培法です。
そのハイドロカルチャーで日差しを好む植物を育てるのはあまり合理的ではないように思う。

さてさて、どうなることやら。。。。

あ、今日の出来事は日記の方に書きます(^^♪
Moreもどうぞ~


↓ ↓ ↓  実験台のハオ君に一票を(^^♪ ↓ ↓ ↓

現在40位前後をうろちょろしてます。おいでくださった方、もうひと手間お願いしますm(_ _)m

More
by nen_randir | 2008-06-01 16:14 | 多肉植物

シンゴニウム

f0126204_20333790.jpg

Syngonium podophyllum
サトイモ科シンゴニウム属シンゴニウム
この鉢、手のひらサイズです(^^♪
このシンゴニウム、成長すると手のひらよりちょっと小さいくらいまで葉が大きくなります。
このサイズを育てるのは初めてなのですが何処まで小さいまま維持できるのかなぁ?
f0126204_2039140.jpg

葉は明るいパステルカラー。
つる性の多年草ですがほうって置けば長く伸び始めるのかな~?
今は根から新しい小さな葉が続々と伸びてきています。
このままミニサイズで繁ってくれると楽しいな(^^♪
by nen_randir | 2008-05-06 20:44 | Optio 750Z

f0126204_22213284.jpg

さてこれは何でしょう???

先日購入した特価品のアジアンタム

だいぶ弱ってるな~と思っていたけど、枯れた葉が根元に残っていてカビを生やさせてしまいました(>_<)
そこで時期的には厳しいのですが、カビの生えた部分と生えてない部分とで株分けして、それぞれ植えなおしてみました。
もちろんカビの見えるところはすべて切り落としましたよ。

f0126204_22244211.jpg


普段は観葉植物用とかの土に植えるのですが、ちょっと実験的にハイドロカルチャーにしてみました。
調べて見るとハイドロでアジアンタムを育ててる方が結構いるようで。
僕もチャレンジです(^^♪

ハイドロとは僕が良く使うのはセラミスと呼ばれる多孔質の焼成石みたいなものを土代わりに使う育て方です。
保水力がありながら隙間を保ち根に必要な酸素も供給してくれます。
詳しくはリンク先に書いてあります。(手抜きでスミマセン)
そのうちしっかりと記事を書きますね。

そんなわけで二つに分けて小さな器に植えなおしたのが上記の写真。
根が活着しやすいかと余分な葉を切り落としてみました。
カビが再発しなければうまく育ってくれると思うのですが。。。。
しかもアジアンタムでははじめてのハイドロだし。。。

f0126204_2241396.jpg


ちなみにこちらは土の鉢に植えたもの。
先月植えてすべての葉を切りましたがここまで復活しました(^^♪
まだ葉が小さいので見ごたえはありませんがこんな寒い時期でもちゃんと成長するんですね~

そういえば、山でもこれを見るんですが調べてみたら日本にも普通に自生している植物だそうで。。。
そのうち野生種を育ててみようかしら(^^♪


お知らせを更新しました
by nen_randir | 2008-02-02 22:47 | Optio 750Z

ベビーティアーズ

f0126204_22202853.jpg

Soleirolia soleirolii
イラクサ科ベビーティアーズ
<ベビーティアーズ>こちらをクリックでGoogleイメージが見れます。

ネタがなくなっちゃったので作ってみました(笑)

以前働いていた会社で同僚と観葉植物を育てていました。
あまりにも集めすぎて上司にジャングルみたいだと揶揄されてましたけど^_^;

その頃、お気に入りのひとつがこれ、ベビーティアーズ。

2~3mmくらいの小さな葉をたくさん茂らすんですよ。
まだ見たことはないのですが世界一ちいさな花を咲かせると聞きます。

前回育てたときは浅いお皿上の鉢にこんもりと茂らせましたが夏場に日に当て過ぎてしまい干からびさせちゃいました(T_T)
日当たりは好むそうですが夏場は長時間当ててはいけないようですですね。
今回は直径6cmくらいの小さな器にハイドロ(水耕栽培)で植えてみました。
2ポット買ってきてちょこっとしか使ってないですから株分けしていくつか作ってみようかと思っています(^^♪

植物一覧へ

新製品!
by nen_randir | 2008-01-24 22:36 | Optio 750Z